山道具(剣鉈・藪払い・熊鈴・竹ビク)

DSCF3842
山道具(剣鉈・藪払い・熊鈴・竹ビク)

勿論、渓流釣り
山菜・キノコ採りにも欠かせない

これで熊と戦うわけではないけれど
行く場所で剣鉈か藪払いをぶらさげ
戸隠は竹細工の名手、西さん(故)
手作りの竹ビクが、揃えば山行きの正装

剣鉈・薮払い何方も両刃

片刃は切れ込む力が強すぎて
山で使うには両刃に限るかと思う
薮払いには
角鉈の先の重みが切れを助ける
剣鉈は万能の山庖丁
捌くにも料理にも道具作りにも
魚以上の大きさなら
却ってもっと小型が使い易い

剣鉈は刃渡り 210㎝ 重さも軽い
ダマスカス仕上げなので中砥で刃紋を生かし
刃の部分だけ仕上げ砥で最終調整
山菜採りで株を傷めず収穫するのに丁度良い

薮払いは刃渡り260㎝ 竹割の倍の厚み
山師の旧家からの出で、欠けはあるし錆も凄く
大太刀(同田貫)程の手頃な厚みで
竹割の様に、背に打痕も無く
最初は日本刀(残欠)の作り替えかと思ったくらい
棟梁の協力も得て研ぎ直し、仕上砥に吸い付く感触
割りに浮き出る刃紋も美しく
何より枝払いの時の音が高い澄んだ鈴の音
楽しくなって、剪定後の片付けも捗る
切れは勿論、刃持ちも凄い

DSCF5735
打ち刃物

 

竹ビク
竹ひごの細さと厚み・削りに技が有り
素材の根曲がり竹自体が違うそうな
実際、泥の崖を5m程、滑落
落ちてる最中、怪我を覚悟
この竹ビクがクッション替わり
どちらも怪我無し

竹ビクはクルミ油で、鉈は砥石で
どちらも手入れが欠かせない

DSCF5712
(故)西さんの竹ビク

釣り上がりながら、所々で
沢水の入る砂場に袋ごと魚を埋めて
帰りに回収(丸のままなら夏場でも傷まない)
もっと昔は一斗缶、背負子に縛る

私の大事な山道具

藪払いにも作法有り
切り口を入れて捩じれば済むものを
袈裟掛けになんでも切り残す
木槍、竹槍 後片付けが大変
そんな輩が情けない

以下爺の戯言 —————————–

薮払いと混同されているのが細身で長い竹割鉈
それとウナギ鉈の様な刃が内側に湾曲した鉈
薮払いというよりは林業用の下枝打ちの登り鎌

先に石突き付きは振り下ろすための薪割り用
その石突きを尖らせて刃まで付ければ凶器
処変わればとは言え
確かに鎌・鍬なら刃角度や柄の違いは風土の違いでも
こと鉈の対象物は余り変わらないと思う

上越に打ち刃物の名工 メクラさん有り
使ってみればやっぱり凄い
切れ・持ち・研ぎ易さもさることながら
何より道具としての品位

(故)西さんの竹ビク
世話になったと予備も入れて同型2個
死ぬまで使えと言われても
ビクが鳴く程に
山菜やら茸にフル出場でも傷まず使える丈夫さ
竹の艶にも年輪が加わり凄みまで

各地で認められた名工の作は
使えば使うほど判るし
結局残る・・・

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください