剣羽根孔雀胴毛鉤 イワナ毛鉤

ピーコックソード&オレンジシルク胴に使った
剣羽根のバッド側の残りで別バージョン

DSCF3856
剣羽根孔雀胴毛鉤

ちなみに15年程前、同じピーコックソードで巻いた剣羽根孔雀胴毛鉤

DSCF3857
剣羽根孔雀胴毛鉤

同じく、剣羽根孔雀胴毛鉤
孔雀胴の銅色、釣欲で溢れかえっていた時

DSCF3859
剣羽根孔雀胴毛鉤

同じ釣針と材料でこうも違うものかと今更ながら感じる
さすがに釣針の劣化は有るものの
毛鉤自体があの頃は武器
何匹掛けたか忘れたけれど
ヘッドのバーニッシュを塗れば綺麗
パートリッジの鈎は剣羽根と同じで耐久性が高い
胴を短めに仕上げてあるのも訳が有る
サマーサモンフライと同じ意味合い

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください