普通毛鉤 山繭胴 ヤマメ毛鉤

ヤマメ用テンカラ毛鉤の定番

DSCF3883
シリー SF11 #12
DSCF3884
下巻にゴールドティンセル シャンク全部に巻く
DSCF3885
山繭 ペールグリーン(ナチュラル早期採取分)
DSCF3886
山繭 ナチュラル
DSCF3887
雉 ウィングカバーフェザー  胴の真ん中に巻く
DSCF3888
前半分も同じ山繭を巻く
DSCF3889
ヘッドを朱色で巻く

山繭は水の中では透けるため
下巻のゴールドティンセルが生きる
着物用の金糸・銀糸で巻いたもの
ヘッドの朱色も魚へのアピール

DSCF3891
普通毛鉤 山繭胴 ヤマメ毛鉤  正面

私見では有りますが、カゲロウの成虫をイメージ
用法も水面で浮かべ踊らす

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください