テンカラ毛鉤  ゼンマイ胴 Gold Bead Head Nymph

頭に散弾やエサ釣り用の錘を付けた変わり種の毛鉤
今なら、ゴールド・ヘッドで代用

DSCF3911
テンカラ毛鉤ゼンマイ胴 Gold Bead Head Nymph

ゴールドヘッドを入れて、下巻後ゴールドワイヤーをタグに3巻

DSCF3907
パートリッジ社 TS3A #12 Gold Bead Head Nymph
DSCF3908
テールに絹糸(赤) Gold Bead Head Nymph

テールは無くても、雉の羽根でも

DSCF3909
ゼンマイ・ダビングでテーパーに胴を作る Gold Bead Head Nymph
DSCF3910
テンカラ毛鉤ゼンマイ胴 Gold Bead Head Nymph

水馴染みの良さと茫洋感が決めて

初期のゴールド・ビーズ・ヘッドと同じパターン
毛鉤のヘッドに錘を仕込む考えも一緒

山繭ダイドボディなら色とボリュームに、バリエイションが増える
ティンセルを下巻し、重ねるダビング材の色変わりを防ぐ事が秘訣
ゼンマイ胴も同じ事それが無ければ使う意味も無い

用法
8月中旬以降、産卵を意識し上りだす大型が深みに集まります
食い波(入り波)に合わせ、時にはライン全部水の中
深みの中、白泡の下を探ります
インジケーター無しで手感か第六感で当りを訊くのが楽しみ

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください