毛鉤 蓑毛  Kebari Hackle

盆の3日は殺生禁止
(C&Rも似たようなもの)
どの川も夏休みで人が溢れる
地元はお客様の対応で忙しい
盆過ぎ用の毛鉤たち
とりあえず普通毛鉤、自分では蓑毛毛鉤
ソフトハックルで無く
長めのコックハックル仕様
(フライで言えばファンシー又はバリアント)
クリー・ハニーダン・バジャー・ダン・コーチマンブラウン・コックドレオン 様々

DSCF3938
ホフマン・ヒーバート・メッツ・スペンサー各サドル・ハックル Kebari Hackle

お勧めの蓑毛
緑の枠で囲んだハックルの部分

勿論、サドルのハックルも良いのですが
この辺りのハックルがサドルの中でも
一番、透けと艶が強いと思います
コックネックで言えば、スペードハックルの様
それでいて、強すぎないファイバーの適度な張り

DSCF3950
先芯黒・黄肌芯黒・胡麻・茶芯黒 様々 Kebari Hackle

光の加減で変わります

DSCF3945
Kebari Hackle

煌めいたり、霞んだり

DSCF3946
Kebari Hackle

表の色は様々でも
透けが入れば入る程
煌めくだけ

DSCF3958
蓑毛毛鉤 山繭胴 先芯黒
DSCF3959
蓑毛毛鉤 土竜胴 ダイド ダーククラレット コーチマンブラウン

バジャー系とコーチマンブラウン、ハニーダン系、胡麻系
魚を引き付ける力があるような
それとも、釣り人

以下爺の戯言 —————————–

この蓑毛毛鉤は蓑毛に拘った先達の蓄積
1900年頃に発表されたペイジェント・ブラウンでは無い
毛鉤もフライも意思を同じくした結果

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください