シルクライン メンテナンス

冬眠前の基本メンテナンス

DSCF4091
シルクライン メンテナンス

1.布で汚れを落としながらチェック(特にキンク箇所)
2.指でアマニ油をラインに擦り付ける
3.アマニ油が乾いたら指で磨き上げる
4.蜜蝋ワックスで表面を滑らかに整える

DSCF4093
シルクライン メンテナンス

メンテ前
赤ミューシュリン(撥水剤)を薄く塗り込みながら使っていても
所々、白っぽくなり表面もカサカサ
白い所はキンク跡又はコーティングが薄い場所

DSCF4100
シルクライン メンテナンス

メンテ後
艶も戻り、シルクラインに腰が戻る

アマニ油は基礎工事
(しっかりと含ませる)

蜜蝋は表面仕上げ
(艶が出る様に磨き上げる)

赤ミューシュリンは撥水剤
(使用前に薄く仕上げる)

100年は無理でも生きている限りは使える

DSCF4097
シルクライン メンテナンス

ミューシュリンで最終仕上げ後(別のライン)

DSCF4094
シルクライン メンテナンス

ミューシュリンで最終仕上げ後(別のライン)

DSCF4095
シルクライン メンテナンス

赤ミューシュリンはシルクライン用の撥水剤
効果はプラスチックライン用の緑ミューシュリンと同じ

独自のコーティングでメンテは赤ミューシュリンのみとする
シルクラインも有るそうですが・・・

古いリールに付いてきたシルクラインでも
この方法で再生完了、今だ現役
一日使っていても沈んで困る事は無い

バブアージャケットも同じ事
オイルメンテが無ければ
長繊維のエジプト綿でも脆いもの
オイルで布を守り機能する
たかだか4~5年で寿命が尽きるゴア
シールテープの接着剤でも10年
機能を求める消耗品より
大事にできる道具を使う

たまたま出合った2ワラのスペイジャケット(デッドストック)
表面のオイルも抜け、裏地のコーティングは全て粉
それでもオイルでリプルーフすれば蘇る
ただの綿生地ならデッドストックでも
布自体の寿命が尽きてボロボロのはず
オイルが抜け切らなかった御陰で
82年~87年製造のバブアーが着れる

此方もどうぞ

スペイ・ジャケット

古いから凄いでなく
これ以上の機能は要らない

此方もどうぞ

バブアーオイルジャケット

シルクライン メンテナンス” への1件のフィードバック

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください