HARDY

DSCF4191
HARDY

HARDYの竿袋ラベル、様々
ロッドインハンドの絹袋からハウス・オブ・ハーディまで
ラベルが同じでも袋の色が違う
40年代、50年代、60年代、70年代、80年代
70年代にはまだコータック扱いのパーフェクトが店頭に有った頃
勿論、手が出せる金額では無く、
80年代に入ってから
2万円を切る処分品価格でやっと手に入れたのも思い出
変わった物とすれば初期JET(白ペグ)が入っているラベル
横長の黄色字のHARDYに赤の一本線でお城の刺繍

グラファイト・マーベルの竿袋なんて口で咥えて崖登り
マウンテンストリームなんてものじゃない
大所川上流部、滝のような落差の中
所々のスポットにドライフライを打ち込む
ぶれもなく狙った場所に毛鉤をポンと
置ける扱い易い竿でお気に入り
ロングドリフト無、勿論ロングリーダー必要無
ただ、パックロッド代わりには役不足
安曇野の湧水の川では相手が大きすぎて
ついつい左手がロッドのミドルをかばう

定番、8.6フィートの6番から始め
その後、3・4番あたりをウロウロ
今はどこでも、9フィート以上の6番に戻る

1900 – 1916 A
1916 – 1920 B
1920 – 1922 C
1922 – 1924 D
1925 – 1930 E この間通し番号は不使用
1931 E20923 – E22813
1932 E22814 – E25141
1933 E25242 – E28698
1934 E28699 – E32102
1935 E32103 – E36204
1936 E36205 – E40002
1937 E40003 – E45445
1938 E45446 – E49492
1939 E49493 – E52331
1940 E52332 – E53644
1941 E53645 – E55130
1942 E55131 – E56090
1943 E56091 – E56399
1944 E56400 – E56855
1945 E56856 – E57900
1946 E57901 – E60708
1947 E60709 – E63386
1948 E63387 – E67200
1949 E67201 – E70990
1950 E70991 – E75100
1951 E75101 – E81000
1952 E81001 – E86200
1953 E86201 – E91000
1954 E91001 – E96102
1955 E96203 – E98999
H101 – H4600
1956 H4601 – H10121
1957 H10122 – H14127
1958 H14128 – H27533
1959 E20679 – H27533
1960 H27534 – H35183
1961 H35184 – H48465
1962 H48466 – H52737
1963 H52738 – H59557
1964 H59558 – H66420
1965 H66421 – 最終番号不明

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください