逆さ毛鉤・順毛鉤・普通毛鉤

テンカラ毛鉤の形態として
逆さ毛鉤・順毛鉤・普通毛鉤の3形態
勿論、材料と針によって中間型も有る
剣羽根毛鉤は形態が普通毛鉤でも
ここまで堅い羽根だと違和感というか、別格というか・・・
エルクヘヤーカディスの様に羽根を束ねたものは
順毛鉤の亜種としても
遠刈田毛鉤も含まれるかと思うと・・・
取り敢えず
蓑毛の向きで広く分けたとして3種類
飯山の奥、秋山手前で見かけた
カケスのフェザーをスペント型よりファンウィング型に近く広げた
まるで蝶のような毛鉤もあるし・・・
以後、実物を巻いて写真で上げていこうと思う

普通毛鉤           逆さ毛鉤         順毛鉤

kebari 3tai
普通毛鉤・逆さ毛鉤・順毛鉤
sakana2
普通毛鉤・逆さ毛鉤・順毛鉤

そこにヤマメ用毛鉤とイワナ用毛鉤の違い
伝承毛鉤も独断では
西日本はヤマメ用毛鉤、東日本はイワナ用毛鉤が
主に伝えられてきたと感じている
そこに外国人避暑地のその当時のフライの影響
古式と言える、その地方、その川用の個人作成の毛鉤
縫い針を曲げての時代までとなると広すぎるので
市販の餌針がある時代からとしても
釣法、竿、仕掛けの違いから様々な毛鉤

テンカラもグラファイトロッド全盛となりフライロッドと同じく
画一的な、投射性重視の毛鉤ばかり
釣果重視ならそれも仕方がないけれど
バンブーロッドにシルクラインで楽しむフライフィッシングの様な
もう少し、幅広い楽しみ方も面白い
昔しテンカラでは無いにせよ
マッチ箱に毛鉤を入れて川辺の手頃な枝なり、竹なりを竿にして
そんな原点のようなシンプルなテンカラも楽しい
意外に、太めの柳の枝も良く撓って面白い・・・

 

余り紹介されない順毛鉤

DSCF5443
順毛鉤

小さなバックテール・ストリーマーにも似る

フライの解釈はこれに近い

dscf4407
順毛鉤 フライの解釈

はたまた

DSCF5009
順毛鉤 フライの解釈

これも

DSCF5126
順毛鉤 フライの解釈

もしくは

dscf4570
順毛鉤 フライの解釈

普遍的なら

DSCF4991
順毛鉤 フライの解釈

DSCF3848

 

逆さ毛鉤・順毛鉤・普通毛鉤” への1件のフィードバック

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください