妙高 関川

甲信越も梅雨明け宣言
現実は雷雨と増水
その増水も収まった7月29日
久しぶりのホームグラウンド、妙高関川
悲しい事に、本年初
それも、連れの都合で午後入渓
信濃町Noのカブが、先行者の存在を告げる

それでも岩と流れは変わらず、足裏の感覚と目に馴染んだままの姿

DSCF4284
水中型インジケータ毛鉤(横)プロトタイプ

シンプルな形に気持ちが向いた時はテンカラが有り難い

DSCF4287
水中型インジケータ毛鉤(上)プロトタイプ

毛鉤も極力、シンプルパターン
浮かせて良し、沈めて良し
色のコントラストが、流れの中でも見える

この時期、おいそれとは水面に出て来ない
底やよれの下に居つくイワナ狙い
捨て針代わりに表層を流し
反応を見ながら、本命筋の中層に流す
毛鉤を確認しながら、ピンポイントで流れに乗せる

ラインの長さが一定のテンカラなればこその
ボディに仕込む、最低限度のインジケータ

けして、オドリバエとか羽蟻のパターンでは無く
今、現在の関川の流れと水色の中で
中層の流れでも、毛鉤が現認できるサイズと色のコントラスト
FLイエローが好みではあるけど、ピンク・オレンジ・黄色
人によって好みと、見える色が違う

プロトタイプの結果に満足すると
釣欲以上に違う欲が出てきて

DSCF4301
水中型インジケータ毛鉤(横)
DSCF4302
水中型インジケータ毛鉤(上)

鈎 パートリッジ TS2ST #12
タグ・リブ    カッパーワイヤー
ボディ      クラレットファー
インジケータ   FLイエロー(カウボディのアンダーファー)
ハックル     ダイド黒 コックネック

いつもながら、勿体無いとパラシュートフライで使う
ポスト素材のアンダファーを溜めて今回、リユース
スノーシューならアンダファーの方が使い道が沢山

夏 関川
夏 関川
広告

ティーニーニンフ Teeny Nymph

春先からの不安定な天気と暑さ
本来なら北アルプスの峰はまだ白い模様が残る時期
水量の変化が春先より落ち着かず
増水と渇水を繰り返し、茶色に染まる流れ
そんな中でも増水が収まり出し
笹濁りになればティーニーニンフ

DSCF4278
TEENY CUSTOM FLY HOOKS No.4
DSCF4279
TEENY CUSTOM FLY HOOKS No.6

 

DSCF4281
TEENY CUSTOM FLY HOOKS No.4
DSCF4280
TEENY CUSTOM FLY HOOKS No.6

本来なら大振りなティーニーニンフ・フックがオリジナル
フェザントテールだけのシンプルな毛鉤
アトランティック・サーモンからニジマスまで
ブリーチダイドのフェザントテールの
白やらオレンジ、黄色が印象に強く残るパターン

普通サイズのウエット・フックに
ナチュラルで巻くと
フェザントテールニンフの洋風と違い
懐かしい和式毛鉤の匂いがするフライ
テールを附けたくなる気持ちを抑えて
オリジナルパターンの小振りサイズ
増水を避けて瀬脇の深みに潜むイワナの拾い釣
自然とスタイルも餌釣と一緒

DSCF4283
ティニーニンフ Teeny Nymph

フェザントテールもナチュラルより蛍光灯に焼かれて
色が抜けグレーとダンに変色した売れ残りの方が
反応が良く、わざわざ探した記憶が残る
ブリーチだと羽根の先の紫色も抜ける

大物狙いの犀川や荒川用なら
鯉の吸い込み用鈎に見えて仕方が無い
ティーニーニンフ・フックも良いかもしれない