妙高 関川

甲信越も梅雨明け宣言
現実は雷雨と増水
その増水も収まった7月29日
久しぶりのホームグラウンド、妙高関川
悲しい事に、本年初
それも、連れの都合で午後入渓
信濃町Noのカブが、先行者の存在を告げる

それでも岩と流れは変わらず、足裏の感覚と目に馴染んだままの姿

DSCF4284
水中型インジケータ毛鉤(横)プロトタイプ

シンプルな形に気持ちが向いた時はテンカラが有り難い

DSCF4287
水中型インジケータ毛鉤(上)プロトタイプ

毛鉤も極力、シンプルパターン
浮かせて良し、沈めて良し
色のコントラストが、流れの中でも見える

この時期、おいそれとは水面に出て来ない
底やよれの下に居つくイワナ狙い
捨て針代わりに表層を流し
反応を見ながら、本命筋の中層に流す
毛鉤を確認しながら、ピンポイントで流れに乗せる

ラインの長さが一定のテンカラなればこその
ボディに仕込む、最低限度のインジケータ

けして、オドリバエとか羽蟻のパターンでは無く
今、現在の関川の流れと水色の中で
中層の流れでも、毛鉤が現認できるサイズと色のコントラスト
FLイエローが好みではあるけど、ピンク・オレンジ・黄色
人によって好みと、見える色が違う

プロトタイプの結果に満足すると
釣欲以上に違う欲が出てきて

DSCF4301
水中型インジケータ毛鉤(横)
DSCF4302
水中型インジケータ毛鉤(上)

鈎 パートリッジ TS2ST #12
タグ・リブ    カッパーワイヤー
ボディ      クラレットファー
インジケータ   FLイエロー(カウボディのアンダーファー)
ハックル     ダイド黒 コックネック

いつもながら、勿体無いとパラシュートフライで使う
ポスト素材のアンダファーを溜めて今回、リユース
スノーシューならアンダファーの方が使い道が沢山

夏 関川
夏 関川

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください