スペント・パターン dry fly wings

ヘンやコックのハックルティップを使ったスペントパターン
新鮮に感じた頃が懐かしい
華奢で色使いが上品で
ホースヘヤーでボディをラッピングなんて・・・
毛鉤と言えばお手製テンカラ毛鉤の時代だから、尚更

ウィング素材も数々有りますが
只今はこの素材・・・
バルクで用意したマラードフェザーのウェットでは使えない小判サイズの使い道

dscf4429
スペントパターン ドライフライ

丈夫で繊細

dscf4432
スペントパターン ドライフライ

ヘンハックルにフロータント
コックハックルでも特にジェル状は見るも無残
この素材であれば持続性が高いジェルでも崩れない
弾かれるのは違う原因
グレーマラードよりティールならもっとしなやか
ブラウンマラードフェザーならそれこそ天然のエアロスルーウィング

 

dscf4433 dscf4439 dscf4435 dscf4434

一匹毎に洗って、乾かして、パウダーなりジェルなり、全て薬品漬け
若しくは一匹毎に毛鉤まで変えるなんて
ここら辺はそこまで神経質でなくても
充分満足できるだけ魚は沢山

それでも、敢えて#12に#14サイズのドレッシング
パートリッジ社 CS32の様なロングシャンクなら
バランスが崩れず放り投げても
針先を下に正立してくれる
起き上がりこぼしなり、達磨さんと一緒
忙しない竿よりは竹竿
グラファイトならハーディー・グラファイトDXなりDXクラッシク
グラスならパーフェクションまでかな

追記・・・以下ジジイの戯言、読み飛ばして下さい

グラス竿、それもハーディーのグラスパーフェクションの調子を
振りずらいとか
ラインが伸びないとか
反応が良くないとか
百歩譲って、初期白ペグのJET以前なら癖もあるから理解の範疇
それ以後ならぺんぺんかロングリーダーを使いながら利点を生かせない方
わざとティペット部分をチリチリとカールさせ
ドリフトの時間が稼げますと説明するような方と同類
笑止千万
こちらからすれば、グラスとグラファイの中間
しっかりと今風に進化していると使う度に思う
6半の3番でもウェーブも無くすんなり伸びる
7半 4番 それこそ渓流ならオールマイティ
ラインの動く影でそれこそ魚が逃げる
水面を突き刺すような竿なら
尚更、魚は逃げる

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください