犀川本流 ドライフライ・シーズン

犀川本流のドライフライ・シーズンが後わずかに迫りました
従来であれば渓流の禁漁を目前にして
この不安定な天気
尚更、重なる台風でじりじりとするところ
気持ちを落ち着かせる唯一が毛鉤巻き
バイスに向かうと
あの渓、あの魚、あの風景を思い出しながら

はやる気持ちを落ち着かせる

dscf4499
犀川本流 ドライフライ

一番手前は TMC500U #16
コードBは#14

パートリッジ社 コードB 有る処には有りました
それもボックスの底、#14と#12が2袋づつ
結局、青い鳥は自分の家に・・・
同じドレッシングでアップアイ・フックを巻き比べ
今更、CS32でも無いけれど
ワイドゲイプ・ショートシャンクには無い雰囲気が新鮮
同じ#16でもCS32とTMC500Uの#16では
同じドレッシングでもサイズが一回り半程違う
スタンダード・ハックル・ドライフライは
勿論、ショートシャンクは似合わない
スピアーが目立ちすぎ
パートリッジ社の鈎の良さは毛鉤にすると良く判る
人、様々な好みでは有るけど
1mmにも届かない、ほんの僅かな違い

CS32の#15と#16
巻く前に鈎を比べてもサイズ感がさほど変わらない
毛鉤に巻くと絶妙なサイズ感の違いが出る

コカゲロウは勿論ですが
タン色の中型カゲロウがハッチしだすと
秋も終盤

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください