Wonder wing dry fly

wonder wing dry fly
ワンダーウィングドライフライ

チマチマしたミッジドライフライを巻き飽きると
目が慣れている内に#16程度の
定番トラディショナルドライフライを巻き貯める
#20番以下を巻いた後だと#18なり#16は
細かい細工がし易い
Wally wing dry fly の悲しさが
#18以下だと素材が透けるため
スティルウォーター以外、とても見にくい
流れの中、よれに入ってココで出る
一番大事な所で毛鉤が見えない
見えなくても魚は釣れるけど

ドライフライの一番大事な場面
綺麗に浮いたドライフライを
静かに咥える魚の白い口が見たい

若い時なら見えたのに・・・

そこで
Wonder wing dry fly
机の上では、並べても変わらない
水面に乗るとマットな色調で見易い

dscf4552
Wonder wing dry fly

ヘンのハックルを2枚
化学繊維と違いマットな色調は小さいサイズでも見える

dscf4551
Wonder wing dry fly

パラシュートタイプに飽きた時には一番

鈎 TMC9300 #16

巻いている時間も惜しんで釣に行く時には
とても巻いていられない毛鉤

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください