スペントフライ

———————
修正入れます
10月18日から水が落ち着きだしました
まだ雪代並みの青白さでは有りますが
やっと水底が見えるようになりました
——————— 20日 記

頼みの犀川本流(殖産漁協地区)
相変わらずの増水中
取り付く島もない
いつもなら膝下の水位が胸下
それでもカゲロウはハッチ中
荒川鮭釣り用フライを試してみるくらい
ダブルフックバージョンでも
ドレッシングのせいか意外と沈まない
それだけ強い流れと思う
いつものプールが流れの中
後もう少し澄んでくれれば

dscf4555
スペントフライ

飛べない、浮かない毛鉤
(なんとなく釣が出来ない今の自分と同じ)

dscf4556
スペントフライ

エッグサックにフロータントを浸み込ませて
辛うじて水面にへばりつくように薄いハックル
ハックルも要らないけれど
バジャーの地に細かい胡麻入りを使ってみたいだけかも

dscf4559
スペントフライ

ウェットとドライの中間
wally wing はクイルウィングに比べて丈夫
ラインスピードが速い今風のグラファイトには辛い

勿論、CDCバージョンも用意して

dscf4562
CDCスペントフライ

ぽっかり浮か無いように
スロートハックルにパートリッジ
赤ミューシュリンを附けてダビングしたエッグサックと
ソラックスカバーのフォーム材でバランスするように
CDCは薄く巻き止める

dscf4563
CDCスペントフライ

余りいじり過ぎると何事も上手く行かないので
気分転換に山の畑に転身

nec_0039
霜降りシメジ

山もいいね!
多少の前後は有っても有る処には有る

nec_0040
本シメジ

沢山の大黒様にも出会えた
葉隠れもビクいっぱい
釈迦シメジの大株は勿論、鍋
チャナメ・シロナメはキノコ汁
クロカワは焼いて
珍しくシモコシも採れたし
ヤマブシタケはどう料理しようか

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください