2016 荒川鮭釣り 初日

11月21日から22日
今回は泊まりがけ
5人同行の大所帯
夜12時集合、現着4時半
星空の下、ウェーダーに着替え
整理券番号は4番
事務所での説明は
4年周期の釣れない年
釣獲表も正の字が少ない
只、天気に恵まれたのが救い
初日の21日は7番上にバラバラと入る
新パターンとラインで様子見
竿はハーディー
グラファイト・デラックス・スペイ 15f
ラインは
リオ・ロングスペイ・チェンジャブル 9~10
そこにオービスのシンクライン T-11位を2m
タングステン線そのままの様な
一瞬でティップだけ沈みこむ
腰程度の水深ではラインが底を擦り
ボリュームのあるフライは流れに乗る
荒川の表情は
ホッチャレも少なく
瀬に出る背鰭どころか
もじりも気配も無い
対岸も下流も竿を曲げる事無く
入れ替わっていく姿を見るだけ
そんな時に来たのが50cmの雄
今年初の鮭ではあるけれど、目を疑う様な小さな鮭
それでも、新パターンをしっかりと口にしてくれた

dscf4587
ヘアーウィングサーモンフライ

蛍光チャートリュースのボディ
ウィングはイエローとチャートリュースのバックテイル
バットは蛍光ピンク
RENOUS SPECIAL の明るいバージョン
シングル・フックとダブル・フック
ボリュームが少ないせいか
シングルでは底を却って擦りやすい

同じ場所を定番オレンジやら赤を流した後の
チャートリュースだから尚更嬉しい

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください