SANDAN-KEBARI 三段毛鉤

三段毛鉤

50年以上前の幼少期
安曇追分に居た頃
近所の爺様に連れられて
白い砂が印象的な川で毛鉤釣
川の淵を流しながら使っていた毛鉤
前出の烏毛鉤と共に印象的な毛鉤の原風景

今辿ってみても乳川かもしれないが
その頃の風景は無い

もっとシャギーで派手だったような
記憶が定かではないが思い出しながら巻いてみる

長いシャンクの鈎

dscf4732
三段毛鉤

テールだったのかタグだったのか?

dscf4733
三段毛鉤

明るめの赤だったかもしれない

テール側のハックルとセンターハックル

dscf4734
三段毛鉤

印象的なソラックス部分のピーッコック・ハール

dscf4735
三段毛鉤

リブはティンセルかもしれませんが今回はゴールドワイヤーでリブ

dscf4736
三段毛鉤

三段毛鉤 上から

dscf4737
三段毛鉤

輸出用の毛鉤作りが手内職の頃ですから
手間が掛かるこんな毛鉤も巻いていたのだと思う
却って長野に戻ってからは手で巻いていたのが悲しい

 

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください