紫の毛鉤

紫の毛鉤

トラウト用ならスナイプ&パープルやらインペリアル
遡上魚用では一般的に利用される紫色

DSCF5058
紫の毛鉤

鮭釣りでも犀川本流でも効果が有る
紫に銅の組み合わせは自分の定番

高貴とされる特別色=高価な色のため
合成染料の開発に役立った色

紫色でも赤紫色から青紫色
濃淡で言えばピンク系からラベンダー色
前出の鮎毛鉤にも多用される色
一般的には深場用?
色を識別出来ないとされる魚類なら光の反射
ミツバチの花に対する識別能力に似るかもしれない
人間の認識する紫色でなくても魚に紫は見えている気がする
昔流行ったブルーフライチャレンジを真似て今年はパープルチャレンジ

現実は天気を見ながら畑の耕運に野菜の種蒔き
畑の相棒は今年も同じ

1013796_1379318702288095_1295164116_n
畑の相棒

4月目前なのに雪続きの天気がいけない
紫色は世俗的には欲求不満の色・・・

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください