ハーディー・JET 8f半 6番

ハーディー・グラスファイバーロッドのJET
8f半 6番 基本中の基本
JET SET Jon E.Tarantino

DSCF5083
ハーディー・JET

フライの渓流釣りは8半の6番 一択の時代

DSCF5084
ハーディー・JET

初期型の白ペグに狭いスネークガイド
popな竿袋のお城ラベル

DSCF5086
ハーディー・JET

60年代からの透明感のあるメノウガイドにトップガイドも丸形
コスメは同時代の竹竿と同じ
以後は簡略化される

DSCF5085
ハーディー・JET

これが始まり・・・
今でもこれが精神注入棒

以下、爺の戯言 ——————————————————-

金属フェルールからの脱却と素材革新の産物
竹竿を再現したものでは無い
今となれば限界点も案外低いし竹竿以上に癖も強い
グラスだから許容範囲も広いなんて事も無い
ただ、手にも腕にも魚にも優しい独特な感触と
ツボにはまった時の鋭さは流石

プラスティックラインの6番ではその頃でも荷が重い
某Shakespeare社のDTライン、太さがバラバラでも商品として流通
リーダーも太さがマチマチで一部は平ら
真のライン品質ではサイエンティフィック・アングラー
品質がまともな日本製のリーダーが世界を席巻した時代
ついでながらノッテッドリーダー自作の方が良かった時代

幅の狭いスネークガイドを見て古い形ですね~。と言った某キャスティングの講師
知らないから仕方が無いけれど今の形でスネークガイドを出したのは20年代のハーディー社
曲がりの深いグラスに合わせ敢えての狭い幅(フットによるブランク破損防止)
手持ちの40、50年代JJH・LRHは今の形のスネークガイドで
ブラックフィニッシュがオリジナル
巻きの向きは英式が本来、米国の古い竹竿も英式が多い

広告

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください