犀川本流 ドライフライの愉しみ

ダブルハンドは暫らく休憩と言いながら
結局持ち出すハーディー・ワイ・11f

本来ならばシングルの出番

DSCF5074
高番手竹竿

ゴールドメダル  10f半
クラウンホートン 10f
サーモンDX   9f半

DSCF5076
ハーディー・アルミ・チューブ

ウェットフライではなくドライフライで愉しむ

以下爺の戯言 ————————————
ゴールドメダル 10f半
40~45程度の虹鱒達に遊んでもらって釣り下り
平瀬の流れで60越えの虹鱒
一気に下流に加速され竿がへしゃげる
左手でバットを抑えて付いて行くのが精一杯
立てたら折れるの言葉が頭の中でぐるぐる回る
竿の曲がりを見ながらダメなら魚より竿が大事と思った途端
フッと冷静
グラス特有のヘタレ感も無い、キリキリするグラファイトとも違う
柔軟であっても芯の強さが残る独特な安心感
芯の強さがどれ程の物かは折って見ないと判らないけれど
竹竿とその長さに魅入られた瞬間・・・

広告

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください