モンカゲロウ・フライ  Ephemera strigata

ウォーリーウィング & モンカゲロウ・フライ

有名処に行かなくても
大型堰堤等の上に広がる底が砂地で
泥がその上に長年堆積している止水域ならば
ワサビの花が終わる頃から意外に長くハッチは続く
ウィグルニンフやらエキステンドボディのドライ
定番のニンフパターンには見向きもされず
偶にエキステンドボディドライフライをつつく程度
釣れるのは渓流パターンのドライフライかカッパーニンフ
きっとモンカゲは相手にしていないんだと・・・
何度か通ううちに
犀川本流用ソフトハックルにパーマーハックルタイプのウェットフライ
モンカゲニンフに似てもいないがコンスタントに釣れる

dscf4688
モンカゲロウ・フライ
dscf4501
モンカゲロウ・フライ

釣れるとなれば我儘が出て来るのは性
信頼のウォーリーウィング・ドライフライ
数釣りよりこのフライで釣ったの方が満足度が高い

DSCF5160
モンカゲロウフライ

大型ウォーリーウィングは存在感抜群

DSCF5161
モンカゲロウフライ

鈎    TMC200R #12
テール  マングース・ガードヘヤ
リブ   ポーキュパインガードヘヤ
ボディ  スノーラビットシューアンダーファーダイド
ハックル 芯黒で先黒のスペックルドバジャー
・・・・・・・金胡麻・銀胡麻の類い

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください