フライングアントフライ

ウォーリーウィング
フライングアントフライ

梅雨開け宣言後・・・雨続き
毎年の流れならそろそろ
渇水前の一番面白い時期
丸々太って元気全開の岩魚揃い

地元の強みも盆休み前までなのに
上手くいかない天気ばかりが続く
クリンクハマータイプに
ラビットシューウィングのアントフライ
ソフトハックルフライもタイイング済み

水面を流れるフライをめがけ
底から浮かび上がる姿を思い浮かべて毛鉤巻き
実釣用は用意済みとなれば
ウォーリーウィングフライングアントパターン

DSCF5162
ウォーリーウィングフライングアントパターン

ウォーリーウィングを発表した方は天才と思う

DSCF5163
ウォーリーウィングフライングアントパターン

我流 ウォーリーウィングの整形法

DSCF5164
ウォーリーウィングフライングアントパターン

コガモ(ティールダック)のブレストフェザーを
ラインに着けるより薄く指に付けた
赤ミューシュリンで逆さに仕向けて巻き止める
ウェットフライで使わないマークのハッキリしていない
あやふやな羽根の使い道
しなやかで最適かもしれない
赤ミューシュリンが浸み込んで
透明感もでるし浮力剤にもなる

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください