剣羽根毛鉤 独り言

蓑毛で誘って胴で喰わす
蓑毛の張りは流れに合わす
などと言われて毛鉤巻き
その中でも別格は剣羽根毛鉤

DSCF5240
剣羽根毛鉤

胴  絹糸 黒
リブ ファインワイヤーツイスト
蓑毛 剣羽根 黒

1950年代のテンカラ釣りブームの陰の立役者
釣り本に登場初期は山女魚用の毛鉤
ルアー機能の極小サイズと持ち上げられて
その後擦れた岩魚用に転用
毛鉤釣りブーム以前の岩魚なら
ボサボサの大振りな毛鉤で充分釣れるから
もったいなくて岩魚に使うのは躊躇した位の位置付

1960年代以降一気に職漁は皆無となり
仇花にも似た岩魚用剣羽根毛鉤だけが残る
昨今のFfなり毛鉤釣りブームで再登場
覚えているだけで都合4回目位
林道整備のお陰で源流域でも
擦れた岩魚ばかりとなり花が咲く
その後
地方財政の圧縮に伴う林道放置に通行止め
これが進めば源流域は昭和の時代
となれば
岩魚用剣羽根毛鉤は仇花?ラストホープ?

以下、爺の戯言 ————————–

幼少期の安曇野の穂高に始まり
妙高高原町の爺共の魚篭持ち
津南町から越後秋山郷やら野沢温泉から信州秋山郷
岐阜高山での逆さ毛鉤に南信の段巻き
この段巻きで幼少期の思い出が蘇り泥沼行

日光に甲府・群馬・秩父・信州
生魚が貴重な内陸性山間部から
温泉地に付随した各地各様の伝承毛鉤と釣り方

自宅からは青森駅・下関駅まで共に車で1200Km程度
場所的に恵まれても車があってこその釣り巡り
なにより
タイムトラベルにも似た毛鉤との出会い
妙高高原町でも日光でも避暑地の毛鉤はFFの影響
今は全国一様のテンカラ釣り・・・
毛鉤も既製品の様

東北地方の山間部から中部山岳地帯の釣りが
愉しみが多いしやっぱり故郷の釣り

地元の秋山郷毛鉤の今風アレンジも面白い

DSCF5243
秋山郷毛鉤の今風アレンジ

タグ&リブ ファインワイヤーツイスト
ボディ   日本雉テール
ハックル  狐色ファーネス色変わり(茶・黒・白)
ソラックス ピーッコクソードの上にオーバーハックル気味に

今風と書いても爺の毛鉤(笑)

言い訳代わりに
あの頃に今のマテリアルと道具が有ればのタラレバ~毛鉤

基本的に職漁は毛鉤に出る魚の拾い釣
入渓点も決まっていれば退渓点も決まっている
隣に道路なりゼンマイ道も無いのが職漁の場
退渓点はその後の荷運びが伴うため
あの流れ、この石でなからの数の目星をつけて渓に入る
生魚が貴重だからこその釣り方
(川は天然の冷蔵庫の意)
だからこその毛鉤の種類で一カ所で粘らない
なぜなら次回の入渓で数を揃えられないから
一つの淵でもっと釣れるのは承知の上
先が有るから飛ぶように駆け上がる
それをテンカラ釣りは
一つの毛鉤でとか釣り方が大事とかは
基本の根っ子が抜けた話

だめな時なら隠し沢
それでもダメなら
毛鉤を変えて淵で粘るための隠し毛鉤有り
サイズと数を揃えられない時の毛鉤

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください