steelhead fly patterns

犀川殖産本流用フライパターンとして
steelhead fly patterns

太陽が出ても大雨続きで増水に濁りが続き
釣りが出来る流れに戻るのを待ちわびていた中
平瀬には
20~25㎝程度のブラウンも出て来るようになったし
ようやく天候も落ち着きを取り戻し
秋用のウェットフライパターンの時期

これが又、色取り取りで楽しい
派手なスプリングパターンについつい目を奪われて
机の上も秋なのにスプリングパターンの色

DSCF5289
犀川殖産本流用フライパターン

まだ流れの水は太いので
シンクラインで底を取る

シルクラインでダブルハンドも面白いけれど
減水はまだ先の話・・・

これ以後のスティール・フライの艶やかさも良いけれど
昔のパターン集 Flies for steelhead が基本

Winter`s hope

DSCF5292
Winter`s hope

フック  TMC700 #6
ボディ  シルバーティンセル
スロート ターコイズブルーにパープル
ウィング イエローにホットオレンジ

ドレッシングを変えてみたり
フックを変えてみたり

出来ればこのパターンで釣りたい

以下爺の戯言 ———————————————————–

ヘヤーウィングウェットフライで多用している
ラクーンなりフォックスファーにカシミヤゴート
そのまま巻き止めるよりは細さを生かして
ヘッドでそのままカットするよりも
折り返して巻き止めると
ボリュームも倍に出るし抜け防止にも
巻き止めてからコームで梳いて一体化

巻き上がりはアップウィングでも
素材の柔らかさで流れの中ではダウンウィング
もっとウィングを上げたければ
ヘヤーウィングの根元に一回スレッドを回せば
ウィング自体が起き上がるスレッドワークの不思議

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください