Stillwater tenkara

静水の毛鉤釣り
ジンクリアな高原の湖沼や大瀞

ソフトハックルの選択

DSCF5296
Stillwater tenkara

日本雉のサドルハックルとカワネズミ胴
鈎はTMC111 #14
伝統的なロッホフライの鈎形状

DSCF5306
Stillwater tenkara

日本雉・山鳥テールのボディ素材にハックル
折角の毛鉤なら日本産の狩猟鳥
11月ともなれば狩猟シーズン開幕

狩猟者の皆様
毛鉤作りの者はその羽根を虎視眈々と狙っております
そんな存在もお忘れなく・・・
急激な繁殖力で各地に損害を与えている
川鵜は大好物です

貴重な狩猟鳥の利用方法 ——————————–

天然物ですから鉤に合うサイズに調整

DSCF5295
狩猟鳥の利用方法

使う鈎に対して
オーバーサイズがほとんど
そんな時には
リバースハックリング&フォルスハックリング

一旦、鈎の中程にハックルを巻き止め(サイズに合わせて)

DSCF5299
狩猟鳥の利用方法

ハックリング

DSCF5300
狩猟鳥の利用方法

黒地に白と茶のまだら模様 日本雉のバックフェザー
アイ側に折り返してスレッドで抑えます

DSCF5301
狩猟鳥の利用方法

ボディを仕上げて

DSCF5303
狩猟鳥の利用方法

スレッドでヘッドを仕上げます
お猪口型が好きなのでヘッドで調整

DSCF5304
狩猟鳥の利用方法

素材は全て日本雉
独特なまだら模様のハックルも場所によります

以下爺の戯言 ————————————-

伝統的な英式ドライフライで
フロントハックルがパートリッジのパターン
このリバースハックリングで巻いています
極小ヘッド仕上げならウィップ4巻きで充分

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください