山繭胴毛鉤 Half Stone Fly

山繭胴毛鉤 Mountain Cocoon-Half Stone Fly
・・・Japanese wild silk moth Cocoon Dubbing fly

DSCF5472
山繭胴毛鉤 Half Stone Fly

山繭胴でHalf Stone Flyの様な半分のパーマーハックル毛鉤
染色した山繭で色を愉しみます
下巻きのシルバーティンセルなりゴールドティンセルが透けるように
薄く巻いてホログラムティンセルやマイラーティンセルを
編み込んでファインワイヤーで撚ったタグとリブを巻き添えます

山繭(天蚕)の着物はとても高価格なのでせめて毛鉤に着せてみます

冬の着物

DSCF5470
山繭胴毛鉤 Half Stone Fly 冬

山繭胴 青紫色&赤紫色
蓑毛  ジャングルコック サドルフェザー

春の着物

DSCF5467
山繭胴毛鉤 Half Stone Fly 春

山繭胴 若草色&萌黄色
蓑毛  グリーン ヘンサドルフェザー

夏の着物

DSCF5466
山繭胴毛鉤 Half Stone Fly 夏

山繭胴 薄翡翠色&群青色
蓑毛  COQ DE LEON ヘンフェザー

秋の着物

DSCF5464
山繭胴毛鉤 Half Stone Fly 秋

山繭胴 黄金色&茜色
蓑毛  サーモンオレンジ

ハーフストーンフライのレシピは半分のパーマーハックルだけの毛鉤バージョン(笑)

以下爺の戯言 —————————–

山繭=Mountain Cocoon
・・・Japanese wild silk moth Cocoon

ゼンマイと同じで天然物だけに個体差が多い
山回りが長いと場所で違うその傾向が見えて来る

奥山・深山の自然豊かな場所に最良の山繭が有るかと思えば違う
自然環境が厳しすぎて数も少ないし同種でも繭自体が固い
・・・奥山・深山= place deep in the mountains
一番良いのは人家の明かりが見える里山の北側の林
大型で厚みもある最良の繭が数多く見つけられる
・・・林=small wood
繭内部の構造も判り易い3層に分かれる
蛹が触れる最内部は細い糸の緻密な絹織物
中間部はそれより太めの糸で編まれて綿の様
外部は糸も太く色合いも濃く繭自体の構造体

糸を取り出すなら羽化前の穴が開かない繭からでも
毛鉤の綿として使うなら羽化後で穴が開いている方が
無事に羽化出来た印として縁起物として尊ぶ
・・・縁起物=lucky charm
羽化直後なら翡翠色でも葉が茂る林の中では見つけられない
もし翡翠色の山繭を望むなら冬の間に林に入る
早春になれば翡翠色が日に照らされて淡くなる
翡翠色から薄黄色も混ざりやがて白色
繭自体が非常に丈夫なので一昨年程度の繭でも残る
ここまでくるとベージュ色の虫の色

枝に残る繭を採取して羽化孔から広げ
中に残る蛹の黒くなった殻を取り出す
この時点で繭の良さを確かめる

糸の取り出しと違い鍋で煮ずに
そのまま繊維を手で崩す
煮て精製した絹糸と違い虫の臭いも残る

最内部の糸は緻密な織物過ぎて糸も細く紙の様
無理に崩しても絹糸程度の細さで使えない
使うのは糸も太くフカフカとした中間部
解すと掌に余る繊維の量・・・掌が暖かく成程
それより太い外殻の糸はグラデーションとして混ぜる

性質は細目のシールズファー
家蚕の絹糸と違い均一の太さでも無く太く硬いが
その透明感と輝きは
絹糸とは比較にならない程素晴らしい

伝承された毛鉤材料・・・ancient folklore
養殖された天蚕と比べれば糸自体に粗さも有るが
その粗さが煌めきを生む

付記
染色方法はこちらに
https://discourse.10colorstenkara.com/t/is-there-a-difference-between-kebari-and-flies/527/14

山繭は濡れると締まる特徴が有ります
これは皮革の様です
(今なら形状記憶合金の様)
繭の特異な特徴に驚かされますが
何の為の繭なのか考えれば
自然の妙味に感心します
それは素材の丈夫さ以上に毛鉤の丈夫さに結び付きます
煮てしまうとその特性が失われます
糸を取るのでは無く胴の素材として使うのですから
煮てしまう事はお勧めしません
刺抜きを二つ持ってじっくりと解して下さい
繭一つで小一時間程かかりますが
それだけで釣り人生に充分使える量になります

山の物は手間が掛かりますが
その分以上に味わい深いものが有ります

テグスの作り方
http://web.tuat.ac.jp/~kaiko/03/dissect/SilkenGut.html

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください