スリーハックルドライフライ

スリーハックルドライフライ
・・・Three Hackle Dry Fry

テンカラ ボマー毛鉤

DSCF5497
Three Hackle Dry Fry

秋山郷毛鉤のドライフライバージョン

DSCF5499
Three Hackle Dry Fry

黒 バージョン

DSCF5500
Three Hackle Dry Fry

何故
スリーハックルドライフライかと説明すると

DSCF5501
Three Hackle Dry Fry

全てがコックネックハックルだけ
ボディはサドル側の長いハックルをダブリング
・・・全てのバーブを片側に寄せる
密に巻いてハサミで整形してボディを作った後に
ボディ・ハックルを荒く巻く
フロントハックルは少し長めで通常の巻き上げ
ウーリバッガーのドライフライ版に見えても
源流は秋山郷毛鉤

拘って集めたコックネックを使い放題(笑)

大きな深場の瀞を攻めあぐねたそんな時に
大岩の横か底が見えない淵の真ん中に浮かべて待つ
吸い込まれるように毛鉤が消えれば
ほぼ尺上以上の大岩魚・・・

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください