ヘヤーウィング・ウェットフライ Ⅱ

Hair Wing Wet Flies Ⅱ

周りが雪で白くなってくるとタイイングデスクは
色取り取りのウェットフライが並びだす(笑)

川の流れも落ち着きゆっくりとした流れ
合わせるウィングのヘヤーも柔らかくなり
ラクーンヘヤーウィングウェットフライ

DSCF5503
ヘヤーウィング・ウェットフライ Ⅱ

スチールヘッドフライパターン・ラクーンウィング
柔らかいウィングを陰で支えるポーラーベア
ボディハックルとカーラータイプで巻いたフロントハックルで抑えて
後は色の組み合わせで遊びだす・・・

DSCF5504
ヘヤーウィング・ウェットフライ Ⅱ

テールを付けたり

DSCF5505
ヘヤーウィング・ウェットフライ Ⅱ

スチールヘッドパターンそのまま

DSCF5506
ヘヤーウィング・ウェットフライ Ⅱ

色を変えてみたり

DSCF5507
ヘヤーウィング・ウェットフライ Ⅱ

黒くしたり

DSCF5508
ヘヤーウィング・ウェットフライ Ⅱ

キャンディー風のボディシェイプに

DSCF5509
ヘヤーウィング・ウェットフライ Ⅱ

勿論、ポーラーベアウィングのパーマシェン・ベルも欠かせない

DSCF5510
ヘヤーウィング・ウェットフライ Ⅱ

久々にポーラーベアを引っ張り出して
デスクライトの灯りで輝く光り様に
暫し目を奪われる・・・
化学繊維に負けない輝きとその存在感
ご禁制品となって流通も僅か
巻き辛いし個々の性質も様々な天然素材そのもの

対極の様なラクーンヘヤー
巻き易いしボリューム感は充分

長さを合わせてヘッドでカットが定番のヘヤーウィングでも
ラクーンヘヤーなりフォックステールなら
切らずに巻き止めてから折り返して
櫛で梳いて馴染ませれば
・・・ボリューム感が2倍 (笑)

魚を釣るよりも夢を釣る悲しさ
12月6~7日の予定だった荒川鮭釣りも
菊芋の収穫作業に追われフライボックスだけ釣行
これも今年の天候不順のお陰・・・

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください