毛鉤釣りの鈎選択

毛鉤釣りの鈎選択

勝負鈎となれば鮎掛け針一択
角型の矢島から丸型の狐と形式は様々でも
掛かりの速さは餌針の比では無いのは周知
昔は魚がざわつく一時に手返しの速さで使ったもの
反面、鋭すぎて針先の持ちは悪い

昔のように落合橋下から豊野界隈まで
尺鮎ぞろぞろの時代には
釣具屋の棚には大型で太軸揃い
今は小型・細軸ばかりが棚に並ぶ
釣具屋で探しても寂しい限り
・・・あれば貴重品で大人買い(笑)

このブログでも今迄使っていたのは
9号太軸で黒仕立て
・・・この界隈の釣具屋にはもう無い

今は7.5号で大型扱い・・・でも細軸
それでも川鼠胴で遊ぶ
角型の矢島よりは保持力に優れる丸なり狐型
それでも抵抗感無く深く刺さる鋭さは別格・・・

色目で遊べばツイード仕立て

DSCF5529
毛鉤の勝負鈎

胴で遊ぶ蓑毛で遊ぶこれも勝負鈎の鋭さへの信頼が有ってこそ

DSCF5530
毛鉤の勝負鈎

鮎を背掛けで抜ける保持力
硬さだけでない鈎の発条効果

DSCF5531
毛鉤の勝負鈎

シンプルな毛鉤こそ胴に拘り蓑毛に拘る
鈎こそ尚更・・・
毛鉤釣りには今で言うドライフライ釣りはないとするらしいが
鮎掛け針に巻いた毛鉤なら水面下だけでなく水面で魚を捕らえる

以下爺の戯言 ———————————–

使えば判るのがこの鈎のもう一つの利点
だからこその勝負鈎(笑)

縫い針を曲げての時代はともかく
アイ付き鈎が無いから
餌針にチモト(アイ)を付けるのでは無い

鈎選択の自由度が高いからこそのアイ作り

釣雑誌が良く宣う餌針しかなかったからでは無い
信頼する鈎が有るからこそのアイ作り
時代をごちゃまぜにしてkebariを
誤魔化す常套手段の理由付けの一つ

バイスを使わないのも
慣れれば手持ちの方が早いから

kebariに対する評価は押しなべて一律

物が無い山間僻地で使われていたから
質素で貧弱とするのがお町の釣人
尚更、形だけ真似たお町の毛鉤こそ
地方に住むこちらからすれば
貧疎で歪弱・・・
幾多の名人気取りのお町の釣り人
泊まりのお客様だから相手にはしても
辟易するその薄っぺらい本からだけの知識
その知識すら出何処は皆さん同じ本には呆れ果てる

シンプルだからこそ拘るべき毛鉤の蓑毛
色以上に大事な事はその素質

色ですらあやふやな表現
高価なクリーハックルなら
黒、白、ライトクリーム、ジンジャー、ブラウンの
5色が1本に混ざっていなければクリーでは無い
近頃は黒・白・茶の三色でクリーハックル表記
それならダークバードジンジャーはクリー?
高価になる意味も無い
ハニーダンも同じ、ブルーダンは尚更の事
業界人でも無い釣り人がなぜ忖度並みに
ジェネティックハックルメーカーの意向に従う?
バジャーハックルは芯黒だけでなく先黒が有ってこそ
バジャーハックルと大事にされた物
コッキーボンデューなりグリーンウェル
ハックルの名称だけが踊りだす・・・
シャンパンともなれば後付けそのもの

言葉で遊びだしているのに
・・・釣雑誌お得意のごっちゃまぜ常套手段
マタギ集団と対に出る木地屋集団

秋田マタギ集団の足跡は
高価で携帯性に優れる熊の胆が有ってこそ
九州地方まで残る・・・果ては海外にも残る

木地屋集団の
諸国往来自由の源である免許状
その出何処を知れば・・・
そもそもマタギ集団と違う生活史
農村地域に溶け込むマタギ衆と
自活自営の木地屋集団
近世
集団解体で分散又は農村部に残ったマタギと
木工集団として各地に村を興した木地屋集団

お町から見れば過去の民族史でも
地方にすれば今でも「生きてゆく民族史」なり「山に生きる人びと

魚釣りなり魚獲りなら山窩(サンカ)の存在
西日本での存在なのに
西高東低のテンカラでも話題すら出ない不思議

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください