Bonjour cher am

Bonjour cher JeanSantos

Il est mon bonheur de voir votre talent
Délicat de belles peintures et merveilleux “tenkoku”
Belle combinaison
Je peux comprendre que tes amis le veulent
Les gens sont tous fascinés par le talent merveilleux

Amicalement

轟俊郎

kebari-Todoroki-san
Merci beaucoup
P1180365
Ravi de vous rencontrer.
広告

蚊頭針・蚊針 KagasiraHari&Kabari

蚊頭針・蚊針 KagasiraHari&Kabari

毛鉤の元々の名称である蚊頭針・蚊針について教えて頂いたお陰で

長年の疑問であった孔雀胴の元がハス毛鉤で有る事が判った
同じく疑問の剣羽根についても初出はハス毛鉤に使われていた

「蠅頭・菜種針・蚊頭・蜂頭・蚊針・蚊鉤」等と呼ばれる毛針の歴史

文献での毛針の記録は1678年京都のハス毛鉤として始まり
・・・蠅頭「はえがしら」京都の伊右衛門が販売
「俗徒然」1695年・「御伽百物語」1706年に毛鉤釣りの記載有り
1756年諏訪湖周辺で鶏の毛を巻く「巻き針」が使われ始め
1820年頃に京都・みすや針の永原屋茂八商店販売の「菜種針」が
好評を得たために蚊頭針・蚊針はその後、鮎毛鉤へと発展を遂げる
・・・京都三条河原町東・みすや針・永原屋茂八
江戸初期の釣り技法書 1834年「魚猟手引草」城東漁夫 著によると
蚊頭針・蚊針はその時に飛んでいる虫に合わせて作るとなれば
毛鉤の元々はハッチザマッチにまで突き当たる
蓑毛も鶏の毛を用い巻き付けるとなれば原型は出来上がる
・・・(鮎毛鉤の蓑毛は6本についてはその方面の専門家の意見を待ちます)
ご返答ありがとうございます
(川虫の足を模したと伺いました確かに6本)
毛鉤を用いる本来の釣り方は竿・糸・毛針一本の仕掛けで
虫が川の表面や表層を流れて来た様に釣る流し釣りと
水面にある毛針を上流に少しずつ引き上げる誘い釣りと説明される

・・・「眩影のフィッシングラボ」眩影様より

今のテンカラ釣りが拠り所とする山間僻地に古来から伝わるとする毛鉤釣り
喧伝者が敢えて独自進化と説明したがるテンカラの毛鉤と釣り方も同じ

鮎毛鉤もテンカラ毛鉤もハエ毛鉤の「蠅頭」がその源流と文献は示す
・・・1635年以前にポルトガルから輸入された釣針の「FlyーFly」も有る
・・・「○○頭」も瀬頭で使う使い方を含め虫の群れ飛ぶ様まで表している
・・・「○○頭」は蚊⇒蠅⇒虻⇒蜂⇒蝶となればサイズを表す名称
・・・鮎毛鉤の現在まで続くパターンは江戸時代後期から明治時代に完成

疑問の孔雀胴と剣羽根毛鉤のルーツ探しも確定ではないけれど
1624年にスペインからの来航禁止・1635年ポルトガルからの来航禁止
それによる鎖国政策完成から1854年鎖国政策終了までの江戸時代に
200年程の長い年月を掛けて熟成された毛鉤なのかと思うと感慨深い

以上
「毛鉤」目線から見た毛鉤釣りの歴史

ハス毛鉤は元々その時に飛び交う虫を表したもの
釣り方も竿・糸・一本毛鉤を用いて上流の水面を流す
羽根附針を実釣で使ってみて判るのが
浮かぶ毛鉤では無いけれど沈む毛鉤では無い
今のテンカラ釣り喧伝者が宣う
「古来の毛鉤釣りにドライフライは無い」とする根拠自体が不思議
尚更
竹竿なり餌竿時代の毛鉤釣り方法ならこの羽根附毛鉤は沈まない

DSCF5640
羽根附毛鉤

以下爺の戯言 ———————————————————————————–

先ずはこの図を見て頂いて

nihonnsuisannhosaisiimage71
山女魚釣り仕掛

日本水産捕採誌(農商務省水産局編 明治43年3月発刊)西暦 1910年
東京銀座1丁目にあった針店「みすや針」店主 中村利吉氏が釣漁業の編集を行う
海外展覧会にて日本の釣文化を発信された先駆者と共に
家業の針と釣針、鮎毛鉤の製造販売に釣具販売、FF釣法からルアーフィッシングの先覚者
鱒類他鮭まで対象魚として釣針・釣具の研究をする

nihonnsuisannhosaisiimage41 (1)
日本水産捕採誌

スプリット・ケーン・ロッドに対する知見

FF釣法 リール

nihonnsuisannhosaisiimage51
日本水産捕採誌

紹介されたフライ・パターン 1

nihonnsuisannhosaisiimage1
日本水産捕採誌

紹介されたフライ・パターン 2

nihonnsuisannhosaisiimage21
日本水産捕採誌

日本水産捕採誌が企画されたのが1886年は海外の文化を広く吸収した時代
(洋風建築の社交クラブ”鹿鳴館”イギリス人コンドルの設計,1883年 落成)
時代背景としてはガソリン自動車が実用化され特許となった時代

日本水産捕採誌(中村利吉氏編)より

第一節 鉤

擬餌鉤は餌料を用いず餌に似たる物を造り以て魚を欺きて釣獲するの具なり。故に之を用ゆるを俗に「ダマシ釣」とも云う。淡水魚中には羽蟲を好み水上に跳り出て蟲を食う者あり。是等の魚を釣るに用ゆる擬蟲は種々の鳥の羽毛を以て作りたるものにして其大さ蚊の如くなるを蚊頭鉤又単に蚊鉤と云い稍や大にして蜂の如くなるを蜂頭と云う。其品種頗る多く殆ど五十種に及ぶ皆其名称を異にす。斯く品種の多き所以は或は期節に依り或は地方の慣用を異にすればなり。皆白馬の尾毛を附けて緡となし漆を以て其の結処を固め丸くなす。而して之に金箔を抹したるを金玉と云い朱を塗りたるを朱玉と曰う。土佐蜂と称うるものには馬尾毛二縷を合せたるを附く。鉤の大さは蚊頭は三厘より七厘まで、蜂頭は二三分に至る形は丸あり角あり。角形なるを菱と称ぶ。一ならず凡て是等の擬餌鉤は重に京都にて製作し各地に分輸するものなり。播磨にても多く製出すれども其品稍や劣る。唯加賀国金沢市にて製出するもの品位佳良にして京都製に多く譲らず。但だ其形状少しく趣を異にする所あり。又擬蟲の躯幹を巻くに白馬の尾毛を以てし、其頭を蕨の軟芽に有する繊毛にて作りたるものあり之を「タタキ鉤」と云う。是れ武蔵国北多摩郡拝島村にて製作する所なり。又第三回内国勧業博覧会に羽後国より擬餌鉤を出品せる者あり。此の他に之を盛に製出するの地未だ之あらざるが如し。

或る説に蚊鉤は魚類の常に嗜好する真の羽蟲に擬造するに非ざれば効用少し、故に蚊鉤を製作するには其羽蟲の真に迫るものを製するに勉むと云へり。然れども此の説たる非なり。何んとなれば如何に精力を尽すとも真物と同しきものは容易に製出し得べきにあらず。若し真に擬して真を失うたるものは魚其真ならざるを看破して鉤に罹らず。故に強て真物に擬せんとするは是れ労して効なきなり。況や蚊鉤は其羽蟲を見て忽然之を食むか如きの魚を釣るに利ありて羽蟲の真偽を選むが如き余裕ある魚を釣るに利あらざるものに於てをや。夫れ斯の如くなるを以て蚊鉤は其形何の蟲とも名状し難き異様のものを以て却て宜しとす。現に釣漁の盛んにして製造者も熟練せる地の擬蟲鉤を見るに真の蟲の如くに作りたるものはあらざるなり。

欧米諸国似ても亦種々の疑似鉤を用う。皆美麗なる羽毛を以て蟲形に擬したるものなり。然れども亦未だ真に迫るが如き製作のものあらず。而して之を実際に用ゆるに其彩色燦然たる美麗のものよりも強て外観を衒わざるもの却て利あるが如し。而して是等擬餌鉤の中本邦にては用ゆることなき大形なるものあり。鮭・鱒等を釣るに用うるものなり。此の種の魚は本邦にては釣獲すること至て稀なるが故に本邦にして初めて是等の鉤を一見する者は恐らくは奇異の観をなすならん。欧米人は之を「ポケツト」に納れ漁場に携うるが故に其形を扁平に作りたるもの多し。

先駆者・先覚者・研究者・釣人 全ての面での先達

 

Bonjour cher Jean Santos

Bonjour cher JeanSantos

Je suis surpris par ton travail splendide
Harmonie splendide d’une ligne droite et une courbe et la balance
Je suis jaloux de ton talent

篆刻(tenkoku)
実際に篆刻をする姿を見たのは
中国 広州空港?での乗り継ぎ中に売店で見たのが初めて
10分も掛からずにあっという間に仕上げるその素早い仕事
それは以前から興味を持ち見様見真似で作った経験が有るからこそ
その手業に驚嘆するしかない
プロと物好きの違いをまざまざと目にすると却って気持ちが良い
上海に戻って現地スタッフと篆刻用の道具を買いに行く
珍しくもない日本人でもその様な店に来るのは珍しいらしく
親切に声をかけて頂きお茶を飲みながらお話を聞く
書道の専門店でも今や人気の無い篆刻道具は僅かしか並んでいない
倉庫からあれやらこれやら出していただき説明を受ける
中国でも若い世代には篆刻の良さが伝わりにくいらしい
・・・確かにいずこも同じ状態
そこに流暢に日本語をしゃべるお客さんまで加わり
あれが良いけど高いとかこれならお得とか
日本で買うより半額以下の定価を皆で更に下げる
静かで広い店の片隅は中国語と日本語で大賑わい、楽しい一時
趣味は良いなと食事を終えてホテルに帰り荷物を片付けながら思う

テンカラ釣りも同じ
趣味で各国の人と話し合えるし話題も尽きない

表題の Kebari and Fly から話題が違っても喜びは同じ

素晴らしい才能を見て欲しい

図案を送って間もなく届いた写真
印材がないので手持ちの象牙で作った白文の試作品

e2a3f2a3d05832f61813e353d17e84441a611784_1_666x500
篆刻 Jean Santos

線と曲線の素晴らしさ
難しい白字をこれだけバランス良く仕上げる才能の発露

印材を手に入れて白文と朱文の”篆刻”作成
もはや、その才能を羨む事しか私には出来ない
日本人でも読める様にした原稿が却って悔やむぐらいに素晴らしい

P1180307
篆刻 JeanSantos

仕上がり

P1180314
篆刻 JeanSantos

cher JeanSantos

P1180312
篆刻 JeanSantos

私は貴方に感謝と賛辞を贈りたい
Merci de me montrer une peinture merveilleuse

note・・・Entretien de la pâte de vermillon(練り朱肉 ・ 印泥)

Prenez soin de goûter la couleur rouge pour toujours

Legend of Tenkara-kebari

Legend of Tenkara-kebari

Tenkara-kebari

The legend explained about “kebari” so far
・・・It is said that it is a thing that evolved independently in a place inconvenient for    traffic

It is a very insufficient explanation

“Matagi” existed from ancient times as a traditional person of mountain culture

It is a rare existence at that time

They traveled around Japan throughout the country as a hunting group
and Immigration and marriage in various places of the mountain village

They worked as a tradition of mountain culture

The important thing in this respect
Mountain-Culture was handed down directly from the countryside in Japan to the countryside

It is a culture that never tells people in the city

The reason is recognizing that it is urban people to destroy mountains and fields
· · · That consciousness is still continuing

This is a factor of insufficient explanation of “tenkara-kebari” and
It is the reason why it is not transmitted correctly even now

The countryside also absorbed the culture of the city

“蚊頭針=kagasira-hari” also devised and developed against the target fish by its own interpretation

Individual wisdom and experience from the countryside to countryside
and
It was accumulated simultaneously with the tradition of mountain culture

Japan’s literacy rate in the 1860’s is 99%
There is no time to write a book in rural areas of the countryside, life is busy thing
Because everything had to be created with our own hands

They conveyed the tradition of group by oral tradition and that was enough

Because they could not coexist with nature unless they lived in a group

In every country the urban and rural culture structures are complex

The technology and culture that coexists with nature is the same in every country
that the countryside is better

Other explanation is here

https://discourse.10colorstenkara.com/t/hasu-kebari/681/8

https://discourse.10colorstenkara.com/t/the-old-kebari-pattern-ant/687/3

https://discourse.10colorstenkara.com/t/the-old-kebari-pattern-kagasira-hari/689

https://discourse.10colorstenkara.com/t/the-old-kebari-pattern-spent-fly/690

https://discourse.10colorstenkara.com/t/the-old-kebari-pattern-nymph-fly/688

https://discourse.10colorstenkara.com/t/an-old-kebari-about-100-years-ago/680

https://discourse.10colorstenkara.com/t/the-smallest-wonderful-world/682

https://discourse.10colorstenkara.com/t/hati-gasira-kebari/675/10

This material has not been published in Japan until now
Please enjoy various kebari

img_1_m
Pattern collection about 100 years ago

I think that you can understand if you can see it
There was a novel design and idea in the pattern about 100 years ago
than the current tenkara-kebari

A simple “Tenkara-kebari” may be new rather than it

There is no power to influence an individual’s blog
Me and my friend tell the “existence” as it is

The World War II ended and began in the lack of supplies and confusion 1940s
It was called “tenkara-fishing” in Japan and it was published from the 1950s
(It is also an era that attracted attention from urban areas to rich countryside)

The name of the “Tenkara” is how to spread the kebari-fishing in Japan

“tenkara” is a way how to get fish
but there not to convey the “Japanese kebari” culture

Of course
It is personal preference to enjoy tenkara with any kebari

Why do not you enjoy more kebari culture?

Does that make sense?

・・・I get carried away thinking of “kebari”

kabari

natane-hari haegasira hatigasira tyouhari hanetukihari

羽根附毛鉤 hanetuki-kebari

羽根附毛鉤 hanetuki-kebari

DSCF5629
羽根附毛鉤 hanetuki-kebari

鈎    TMC 9300 #16
ボディ  ピーッコクハール
ウィング 鴨 ウィングフェザー
ハックル コックネック 黒
ホーン  ウィングフェザー

DSCF5628
羽根附毛鉤 hanetuki-kebari

鈎    TMC 9300 #16
ボディ  コンドルクイル
ウィング ジャングルコックサドルフェザー
ハックル コックネック ジンジャー
ホーン  ウィングフェザー

DSCF5625
羽根附毛鉤 hanetuki-kebari

羽根附毛鉤 = フェザーウィング・カディス
羽根をスペントにすれば蝶毛鉤
見た目がFlyでも伝統毛鉤にも有るパターン

DSCF5627
羽根附毛鉤 hanetuki-kebari

これをtenkara-kebariと説明したらどうなるのだろう
今風てんから釣りが何故か師と担ぎだす川漁師では無い山漁の職漁師
山漁の職漁師自体が発生する前から存在するパターンでも有るし
実釣で職漁師自身も使った毛鉤釣りの毛鉤パターン

丸羽根附毛鉤 maru-hane-tuki-kebari

DSCF5634
丸羽根附毛鉤 maru-hane-tuki-kebari

毛鉤自体が浮く訳でも無い
水面直下でウェットフライの様に操作した方が良いかもしれない

DSCF5632
丸羽根附毛鉤 maru-hane-tuki-kebari

丸羽根附毛鉤 maru-hane-tuki-kebari

鈎    TS 2 ST #12
ボディ  山鳥テール
ウィング 雌雉 ウィングフェザー
ハックル コックネック

DSCF5635
羽根附毛鉤 hane-tuki-kebari

付記 —————————————————————-

Bonjour cher Jean Santos

Je vais convertir “Jean Santos” en kanji

Jean Santos
Je vais convertir “Jean Santos” en kanji

C’est un joli nom

“hanko” sera la transcription alors s’il vous plaît faites attention.

Outil de gravure「篆刻」

DSCF5637
Outil de gravure「篆刻」

Bien sûr, il n’y a pas besoin que je m’inquiète pour toi

Je sais bien.

Je l’ai remis à ma femme le jour de l’amoureux
・・・Ma femme a eu le plaisir d’aller dîner

 

Vieux style et temps modernes

Jean Santos 2
Je vais convertir “Jean Santos” en kanji

Blanc et rouge

Jean Santos 3
Je vais convertir “Jean Santos” en kanji

Voulez-vous du “hanko” rouge ou du “hanko” blanc ?

C’est un plat de la recommandation d’aujourd’hui

Jean Santos 3
Je vais convertir “Jean Santos” en kanji

C’est un matériau de plat recommandé

Jean Santos 3
C’est un matériau de plat recommandé

Je suis reconnaissant que j’ai passé un bon moment.
Merci beaucoup cher Jean Santos

菜種針・蚊頭・蠅頭・蜂頭・蝶針・羽根附針

菜種針・蚊頭・蠅頭・蜂頭・蝶針・羽根附針
“natane-hari・kagasira・ hae-gasira・ hatigasira・ tyo-hari・ hanetuki-hari”

Various traditional kebari

Origin of “tenkara-kebari”
The target fish is “ayu・ hasu・ ugui・ yamame・ iwana”
Kebari of each place is selected and it remains now
It is also a new attempt to change the size and use it for tenkara-kebari
The encounter and fusion of “kebari” and “FLY” were attempted many times in the past
It is also visible in the traditional tenkara-kebari of each place
There will certainly be a spontaneous kebari and there will also be a self-evolving kebari

“Kebari” made with common recognition and purpose to fish

“Tenkara-Kebari” is a harvesting tool
Those that specialize in easy way functional use as hand tools

Nevertheless, do not forget that beautiful kebari was in its origin

菜種鈎・蚊頭・蠅頭・蜂頭・蝶針についてと各種ハス毛鉤を纏めました

What I have shown is to piece together the fragments of history
Take out the secret flow hidden in the history of tenkara-kebari
These have become the basis and transformed into the traditional kebari
of various places

The color of kebari is black, white, brown but
There are also various blacks in that black. Both white and brown are the to same
The combination is also various, but the kebari is traditionally selected among them

Please do not forget that it is the kebari that all the local tenkara master-people created

Perhaps genuine tenkara master is not in fishing magazine

They may just imitate shapes for propaganda

I can see its identity from the kebari  they are using

Origin of ”kebari” is originally a tool for playing with fish in nature

大型羽根附針  Ⅱ

大型羽根附針  Ⅱ
ニュージーランド・フライパターンに似ている毛鉤

DSCF5622
大型羽根附針  Ⅱ

NEW ZEALAND LAKE FLIES ———–

LORD’S KILLER
MRS.SIMPSON
LESLIE’S LURE etc —————-

スカルピン・パターン

指定マテリアルにグリーンフェザントも見える
グリーンフェザント=日本雉

日本ならばヨシノボリ?(それともカジカ?)
同列でパンフレットに並ぶとなれば大型羽根附針は
確かにゲタハス用毛鉤と思う
ハス=オイカワでは無く引きの強いゲタハス用
当時の竹竿と道具立てなら
竿尻を魚に向けてのやり取りで釣趣ともなれば想像以上

先回の大型羽根附毛鉤で写し損ねた下側も並べてみます
シルバーフェザンのティッペットがアンダーウィング
(精細なイラストのお陰です)
これは腹部の色を表しているかもしれない
(白いだけで無く鈍く光ります)

DSCF5624
大型羽根附針

蚊針 ka-bari(ハス毛鉤)の数々をご覧ください
日本伝統ウェットフライの銘鈎勢揃い
釣具博物館以上の資料が並びます

長良川と郡上釣りの世界

巻き散らしました毛鉤は私自身の独自解釈です
この件につきまして申し添えます

血丸の件でご紹介いたします

DSCF4328
血丸 フライでの解釈

ご説明いたしました色とサイズ指定のキラー・パターンです

 

 

 

 

大型羽根附針

大型羽根附針
・・・今迄と同じパターンですが蝶とは付きません

正確には「特製大極上等大型羽根附針
・・・これでもかの凄まじい文字列に心が躍ります

使用する針型も中型・大型・大大型・特大型

見本のイラストには
ニュージーランド・パターンに見える毛鉤まで並びます
詳しくは下記をご覧ください

長良川と郡上釣りの世界から
永原屋商店(1929年)商品パンフレット

DSCF5616
大型羽根附針

横から

DSCF5617
大型羽根附針

大型のフックにテグスのリューズ(竜頭)附き
図からも大型と思いましたし
ヒゲナガと思い込んでいましたので
最初は餌針の長軸 #4位で作り始めました
サイズ的にも下のイメージでした

DSCF3667
ヒゲナガ パターン

羽根の大きさや質等の素性から組み合わせていくと
徐々に上記のサイズ感と離れていきました

図のイメージに合うフックはサモンフックになりました
花入がまるでタグに見えていきました
鮎毛鉤でも花入を聞いた事が有りませんので
当初からむず痒い思いをしておりましたが
サモンフックに巻くとタグそのものです
鈎の頭に何も無しでガットアイ
孔雀胴を図の様に紡錘形に仕上げ蓑毛を巻くとサモンフライです
アンダーウィングとホーンを付けて羽根を付けると
ヒゲナガでは無くフェザーウィング・サモンフライ其の物

想像していたのは

DSCF5619
ヒゲナガ フライ

大型なら

DSCF5620
タランチュラ フライ

マドラーミノー

DSCF5618
マドラーミノー

質感というか対象魚そのものが違う感じがします

DSCF5621
フェザーウィング サモンフライ

イメージ的には此方の方が何故かしっくりします
まさか1929年に日本式鮭毛鉤なのでしょうか 不思議な毛鉤です

その頃は鮭に限らず遡上魚は各河川で存在出来ました
2尺山女魚は普通の話で巨大魚についても謎ですら有りませんでした
この長野市でも鮭を採りましたし上流の上山田温泉でも同じです
今になれば記録自体が有耶無耶になってきています
爺様達の自慢話か半分以上冗談と思っていましたが
地方史を見ているとそれを裏付ける資料に出会えます
鮭と限らずに考えればこの毛鉤の出番は有ったかもしれません
何よりこのパターンは
今のクレイフィッシュ・パターン(ザリガニ)そのものとご指摘頂きました

DSCF5616
大型羽根附針

対象魚はハスかもしれないとご教授頂きました
ネットの有難味を充分に感じます
日本には珍しい魚食魚について地域的に触れ合う事がないと
知識として知ってはいても頭の中で繋がらないものだと
つくづく実感しました・・・ご覧頂いた皆様に感謝申し上げます

ありがとうございました
今後ともよろしくお願いいたします

 

丸羽根附蝶針

丸羽根附蝶針 & 羽根附蝶針
様々な組み合わせとヘッドに金玉又は朱玉にヒゲ附

DSCF5615
丸羽根附蝶針

カディスフライの毛鉤解釈

DSCF5613
丸羽根附蝶針

鮎毛鉤の製造メーカーの特徴 先玉と金玉

DSCF5605
先玉 金玉

流石に漆に金箔附けで無くガラス・ビーズで代用しました
ご要望を頂き赤玉で作ってみましたがいかがでしょう

赤のガラスビーズを見ていてると角度によって光ります
それはまるで夕刻に飛び交うヒゲナガの目の様に赤く光ります
まさかそこまで表現しようとしたのかと思うと・・・
羽根附蝶針の説明文「ヒゲ附き」の文字が物語ります

長良川と郡上釣りの世界

こちらをご覧ください・・・ただ驚くばかりです

 

DSCF5614
丸羽根附蝶針

長羽根附蝶針

長羽根附蝶針

 Long winged Butterfly hook

important point
Explanation called butterfly hook・・・butterfly=caddisflies

Insects that anglers call butterflies are caddisflies (such as higenaga)

It is an expression as a fisherman

DSCF5611
長羽根附蝶針

色合い
胴 孔雀 黒毛 花入 ・孔雀 油毛 花入・・・ヒゲ附
羽根 黒毛・白毛・茶毛・浅黄毛
朱玉 又は 金玉附

針型 及び 歩合
戻り無し 角型・丸型 五厘・六厘
戻り附  角型・秋田袖型 四歩半・五歩・六歩

DSCF5609
長羽根附蝶針

白黒写真からその色合いを其の儘写し取る
I made it from black-and-white photos and detailed explanations
The real thing seems to have more power

1929年の永原屋商店 パンフレットより
長良川と郡上釣りの世界をご覧ください
とても素晴らしいサイトで深ーい処まで嵌り込みます
・・・温かいお言葉ありがとうございます!!

A lot of such patterns were rediscovered

There are such patterns in various places in tenkar-kebari

I think that such an old pattern has changed further by individuals

羽根の色選択にヒゲ附きとなれば渓流域最重要水生昆虫の
セッジ&カディスパターン 種類にサイズ豊富も頷ける
釣れたからパターンが増えていく典型かもしれない
何より「ヒゲ附」
鮎毛鉤なら追い毛、ウェットフライならホーン
そこに「ホリゾンタルウィング・タイプ」
何故に此処まで拘るのかと思う程の・・・嬉しさ全開パターン

鈎はパートリッジ定番 G3A #10

フライの解釈なら(前出済みでは有りますが)higenaga

DSCF3669
長羽根附蝶針 フライの解釈

毛鉤釣の最初期型にカディス&セッジパターン

以下爺の戯言 —————————————

考察通りに蜉蝣主体では無い日本の渓流域に合わせた毛鉤の形
英国のフライから日本に合わせた毛鉤作りの中村利吉氏の姿も見える
(メイフライパターンからセッジ&カディスパターンへの模索)
テンカラ釣り云々とされ出した1960年代の
遥か以前に此処まで完成している事が素晴らしい
カタログ(昭和4年)西暦1929年
大正時代が終わり昭和時代として落ち着いたころ
前年に初の普通選挙制が施行され赤狩りが盛んな時代
世界大恐慌の影響が地方まで染み渡ってきた時代
・・・手前話なら生糸問屋を営んでいた実家の事業を終わらせた時
日本が生糸で隆盛を誇りそれが田舎でも享受できた豊かな時代
そんな豊かな時代だからこそ様々な毛鉤が生まれたと思える
1940年代の戦争中は豊かさも地方が都会より逆転した時代
そこから考えれば1950年代は元気は有っても物資が少なく
有合わせの物で作られたのがテンカラ毛鉤なのかもしれない

Traditional tenkara fishing can be divided into two
Well-known methods are fun, but that method hidden may also be fun