蜂頭毛鉤との邂逅 Hatigasira-kebari

蜂頭毛鉤との邂逅  Hatigasira-kebari

初出が1834年の「漁猟手引」に見られ以後不明
簡略化されたハヤ毛鉤にも名が残らない程

それが1929年には市販されていた毛鉤としてカタログに写真付き
(市販された毛鉤釣りの毛鉤の始まり)

資料が無く不明であった蜂頭毛鉤の写真に出会えた
それも話の発端が海外テンカラサイトからともなると
もはや邂逅に近い
永原屋茂八商店の写真付きカタログ(昭和4年)をお持ちの方が居るとは
先玉に朱、胴は孔雀のハール、蓑毛は黒・茶・白に金玉つき

原文での色合い
「孔雀油毛花入、孔雀黒毛花入、孔雀白毛花入等、朱玉附き、金玉附」
鈎型及び歩合
「戻りナシ 角型・丸型で六厘~九厘、
戻り附き 角型・秋田袖型 四歩半・五歩・六歩・七歩」

色合いからは
胴は孔雀のハールで油毛は茶色、黒、白(薄いジンジャー?)
他文献では蓑毛の色は地域特性で売り分けられたらしい

花入の言葉の理解がむず痒い・・・
写真から見ればflyで言うタグに見える
漢字から見れば一輪挿しの様な頸長形状?
・・・(毛鉤とflyの後先の逆は巻き順の違い)

最大の疑問の名前について(蠅頭を”ようとう”と思えば)
蚊頭・蠅頭・蜂頭はサイズ的な表現であったらしい
天然テグスの太さを割り引いて見てもサイズはフライで#12~#8
これも今に残る昔の毛鉤のサイズ感と同じ
朱色の先玉は鮎毛鉤で使われるビーズと同じ
後は花入の色だけ
レッドタグにも名前の通りに赤も有れば
オレンジに黄にピンクにチャートリュースも有る

DSCF5606
蜂頭毛鉤

横から
・・・先玉はガラス・ビーズの透明感が加わっているかもしれない

DSCF5607
蜂頭毛鉤

鈎は#8 秋田袖型

白黒バージョンにして蓑毛のボリュウームを見る

DSCF5607 (2)
蜂頭毛鉤

この程度以上だと釣り方まで変わってしまう・・・

この汎用性とホットスポットの考え方も凄い
そこにGBヘッドとなればこれ以上のドレッシングは野暮
その当時に市販されて岩魚・山女魚用なら
今以上に釣果は衝撃的ですら有ったかもしれない
応じて孔雀胴の印象も強くなるとも思う

これでますます毛鉤はflyとの融合を感じる
一般的に孔雀が使われ出した始まりかもしれない蜂頭毛鉤
絹糸や綿糸で作られていた物に
何時から孔雀のハールが付け足されたのか・・・
孔雀は日本に自生していないのになぜ・・・
孔雀胴が一般的に毛鉤として認識されたのかの答

鮎毛鉤らしく見える先玉の朱を外せばGB付きレッドタグ
そして次に残るもう一つの疑問
なぜ伝承毛鉤にフェザーなりテールのファイバーを
巻き付けた物が見受けられないか
・・・鮎毛鉤はそのファイバーの一本を巻き付ける
毛鉤中毒に寛解は無い・・・

丈夫な事を優先した毛鉤だから絹糸・綿糸であったとしても
それが杣人の生活を表す毛鉤かと思うと寂しい・・・
(実際には必要性を感じないのも実釣で判っていても)
今なら遊び心で飾る毛鉤が面白い・・・
などと思っていたら先達はその上を行く

付記(鮎毛鉤としての初出)————————————

天保五年(1834年)・「漁猟手引」に蚊針5種の図と各地での使用針名を紹介

香魚をつるかばり(あゆを釣る蚊針)
黄毛は秋田辺と上州辺(群馬県)、
黒毛と赤毛(ショウジョウとも言う)は加州(石川県)辺、
孔雀と蜂頭(はちがしら)は上州辺で用ゆとの記述あり

仕掛けと釣り方の注釈
全て蚊針というは一本の糸に一尺づつ間をおき、五つも付けて釣る。
これを水上へ流せば鮎は虫と思いて食いつくとある

魚猟手引草
魚猟手引草

他の毛鉤が鮎毛鉤サイズなら蜂頭だけ岩魚・山女魚用に見える

不鮮明な図だと尚更に気になる形・・・

同じく右側の素針の形
何処かで見ていたはずと思えば道具箱に残る
狐型特有の曲げの柔らかさの無いハリヨシ制作「軽井沢狐型」

Akiyama-go Kebari Variation

秋山郷 Akiyama-Township(mountain village)

DSCF5271
Akiyama-go Kebari

Tourist information

Mountain stream

Aerial photography

From the roadside

秋山郷 マタギ衆
・・・Hunting group matagi akiyamago

Interaction with Akita (matagi) hunting group

Hunting in winter season and burning field agriculture in summer period

Akiyamago traditional kebari

Akiyama-go Kebari Variation

Akiyamago-kebari すっぴん仕上げ

DSCF5248
Akiyamago-kebari すっぴん仕上げ

Akiyamago-kebari  Secret point

DSCF5246_LI
Akiyamago-kebari  Secret point

Почему существует тип? ——————

ответ

Рыбалка в другой реке
Рыбалка на одной и той же реке
И рыбалка в том же месте каждый день
Это потому, что рыба каждый день, как работа
Предпочтения каждого рыболова не совпадают
・・・Потому что рыболовы, чем рыба надоест

Если рыболовец не замечает, что рыба и кебари любят рыбу,
рыба медленно кладет кебари в рот
————————————————————
 

If the angler does not notice the fish and kebari is liked by the fish,
the fish slowly puts kebari in his mouth

Of origin

166360673_624.v1517677301
Matagi-Equipment and costumes

マタギについて

Japan’s literacy rate was 99% in the 1860’s
It is wrong that “There is no book written because the job fisherman is illiterate.”
There was no necessity for life so it was not necessary to write down
The countryside is poorly living to the extent that he has no time to write a book
Even if it does not remain in the book, it remains in the countryside with oral tradition
Many of the books written about kebari fishing and tenkara fishing in Japan is not written by the parties
It is not written by those who inherited oral tradition so it is ambiguous in every book

about- Japan’s literacy rate was 99% in the 1860’s
Those who would like to know more about this academic paper (Japanese)

Traditional Japanese kebari body tying method

Traditional Japanese kebari body tying method
Snowy night is kebari-tying

Traditional  kebari body tying method

 

スライドショーには JavaScript が必要です。

I highly recommend it

dscf4673
kebari-body tying method  1
dscf4674
kebari-body tying method  2
dscf4675
kebari-body tying method 3
dscf4677
kebari-body tying method 4
dscf4678
kebari-body tying method 5
dscf4683
kebari-body tying method 6
dscf4685
kebari-body tying method 7
dscf4686
kebari-body tying method 8
dscf4687
kebari-body tying method 9
dscf4688
kebari-body tying method 10

This kebari is a derivative type of Akiyamago-kebari (秋山郷毛鉤)

 

Eating Husk of insect of aquatic insects
The mouth of the fish is the same sensory organ as the hand

Fish find the object with eyes
Judge whether the fish is in the mouth and feed or not
The fish spits out at that time when it feels uncomfortable with the object

・・・・・Do you laugh at legends?

Sakasa-kebari tying method

Sakasa-kebari tying method

dscf4691
Sakasa-kebari tying method 1
dscf4693
Sakasa-kebari tying method 2
dscf4697
Sakasa-kebari tying method 3
dscf4703
Sakasa-kebari tying method 4
dscf4706
Sakasa-kebari tying method
逆さ毛鉤蓑毛の長さ調整
Sakasa-kebari tying method  etc

If the hackle is too long

スライドショーには JavaScript が必要です。

The birthplace of sakasa-kebari 奥飛騨 蒲田川(okuhida-gamata・gawa)

オーナー針 公式サイトより 奥飛騨 蒲田川 & 安曇野 犀川

Please look at how to swing his arms & kebari
sakasa-kebari 天野 勝利氏(amano katutosi) Eastern Sierra USA Ⅰ

sakasa-kebari 天野 勝利氏(amano katutosi) Eastern Sierra USA Ⅱ

オーナー針 公式サイトより

Kenbane-kebari-tying method

kenbane-kebari-tying method

kenbane=pheasant-alula

dscf4978
pheasant-alula

Kenbane-Preprocessing

名称未設定-3
Kenbane-Preprocessing
剣羽根処理
Kenbane-Preprocessing

20090208021225

 

dscf4637
Kenbane-tying method

etc We are playing with a lot of kind from the old days

dscf4869
Kenbane-tying method etc
dscf4853
Kenbane-tying method etc

I announced this on my website for the first time in Japan 2009/2

kebari information of in Japan was poor thing

I am averse to the information of injustice and misunderstanding
because I am experiencing FF fishing method introduction period in Japan
(1970 ~ 1980)

I have also experienced commercial intentional and unlawful information manipulation

I think that it is not necessary to repeat the same experience like this

There is no identity unknown in the traditional kebari of the area

Western Japan tenkara does not even think of all Japanese tenkara

Famous people tenkara fishing is not all in Japan’s tenkara

I do not think commercial-based information is accurate

Too much information has been devolved for the purpose of selling fishing tackle

I know the words of “Speech is silver, silence is golden”
But the current situation is too cruel in japan

Enjoy your own tenkara and kebari

毛鉤釣り仕掛け巻 自慢の一品 

毛鉤釣り仕掛け巻 自慢の一品

誰しもが自慢のできる品物をお持ちと思いますが
嬉しくて仕方がないので自慢します

DSCF5602
毛鉤釣り 仕掛け巻

角はチタニウムに手彫りの一品
この細工の細やかさと線の優雅さ

DSCF5603
毛鉤釣り 仕掛け巻

毛鉤に花(アネモネ?)
チタニウム特有の発色が美しい

DSCF5604
毛鉤釣り 仕掛け巻

鯉に睡蓮と武者鬼の和柄
各1㎝×3㎝のとても小さなキャンバスに広がる思い
余りの見事さに春が尚更待ち遠しい・・・
和柄であっても
フランスの画家クロード・モネを感じさせる趣
毛鉤がkebariになって各国の趣まで感じさせる
愉しみが深まる・・・

手持ちの竹材を使って取り敢えず形にしてみる
この試作品を使い込んで
芸術品の角に合うベース作りが今後の課題

以下爺の戯言 ————————————————————

テンカラで各国の方と話が出来るようになるとは思えなかった
日本でもテンカラ竿が普及する前は物珍しさで笑われていた

テンカラは日本独自の文化では無い
毛鉤も日本独自では無い
テンカラがtenkaraになるのは各国の文化的背景と釣人個人の愉しみ
毛鉤がkebariになるのも同じ
それこそがお互いの愉しみが深まり合ってゆく

今はウェブサイトのお陰で同時に皆と愉しみ合える
各国の違いを伝え合う事も愉しい・・・