Kebari fishing & akiyamago-kebari

Kebari fishing & akiyamago-kebari

My fishing spot is the same place as them
I got them taught me “Kebari Fishing” directly
It is “Kebari fishing” and it is not “tenkara fishing”
Please do not think it with the same
“Sakasa-Kebari” was used only in Masudagawa(益田川), Gifu Prefecture
The earliest type was introduced about 60 years ago and was widely known
Until then, “Sakasa-Kebari” was a special way of fishing

The way “Kebari fishing” taught is the same as Valsesiana of Italy

Of course, depending on the fishing place “Kebari – fishing” there is a regional difference
My fishing is how to fish the middle mountains of Japan
I am now using “tenkara-rod” but in the past I did it with a 3.6~ 4.6 m  bait rod

476085a2b2fd8c43d7d35d308f9590582606929a_1_666x500
“tenkara-rod” and ” bait rod”

How to Casting the rod is a way close to “Gujo Fishing”

Introduction of “Gujo Fishing” and “Gujo Fishing Rod”

https://blogs.yahoo.co.jp/fk3yi8anpontan/folder/1289807.html
Until now, “Gujo Fishing” has not been introduced, but the rod used has long been protected by fishermen
Current “tenkara – fishing” has introduced fishing methods in the Kansai area of Japan but it is slightly different from Japanese kebari fishing culture

Introduction of my fishing spots

秋山郷毛鉤

DSCF5271
”Old Akiyamago-kebari”

”Akiyamago-kebari” Introduction

Real “akiyamago-kebari” please pay attention to hackle

DSCF5482
attention to hackle

 

I think that it is also interesting to compare the original “Kebari Fishing” with the current “Tenkara Fishing”
You may see the difference between history made and true history

166360673_624.v1517677301
マタギ衆

Person who handed down the culture of the mountains

”マタギ”  ”matagi”

Hunting collective people “matagi” was specially allowed to hunt
It was not a nomad, but there was a settlement place and they also moved to various places
They were welcomed friendly in mountain villages in various places
They also act as evangelist of the mountain of culture
They do not use Ainu word , use a unique “mountain word = 山言葉”
That’s because they protect themselves from dangerous mountains

Will you inherit that true “kebari fishing culture”?
Until now all have been done in oral tradition
It’s not fishing, it’s the same as hunting
It lives with the mountains and lives by the grace of the mountains
It is invisible to urban dwellers and they can not understand

Kebari fishing & akiyamago-kebari” への4件のフィードバック

  1. 失礼します、、Kebari Fishing が Kekari Fishingになっているような、、

    私などが知らずに混同している事柄を1つづつ紐解いてくださってる記事に感謝しかありません。いつもありがとうございます\(^o^)/

    いいね

    1. 満月様
      いつもお世話になっております、早速修正入れましたのでご容赦ください
      ご承知かもしれませんが「郡上釣り」と「郡上竿」を紹介しても完全にスルーされました
      どうも和竿は「○○○○」に限るらしいです、まさか英文HPを作る訳にも行かず・・・
      悔し紛れに無茶苦茶な英語で書いてみました(笑)フェイスブック連動記事です
      こちらこそよろしくお願いします、海外に紹介する時の唯一の理解者としてお願いします!

      いいね

      1. 恐れ入ります、、、生業を支える道具にその強度と使い勝手の良さを追求していった物と、それを装飾し所有、愛でる対象にしていった進化の枝があるのでしょうか、、提供できる技術も需要が激減してしまえば何処かに活路を見出さなければ衰退してしまいますものね、、京竿の技が東へ移りヘラで残った、、、?(詳しくは分からずに適当な事でごめんなさい。) 釣り師のプロフェショナルユーズに耐えてそれに応ずる事が出来た竿師の技がお互いに凝縮していた特異な地域が郡上だったのでしょうか、、大変興味深いお話です。いつもありがとうございます。

        いいね

  2. 郡上竿のご紹介ありがとうございます。
    満月さんの仰る通り、そもそも藝術品は見せるためのものですが、道具は機能的に使うためだけの物で、この世に存在する土俵が違います。
    使い込まれた道具に「用の美」を見出した柳宗悦の価値観は、慧眼であり異端でしょう。
    価値観は個人の自由ですし・・・(笑)
    たぶん全国各地にも大なり小なり、郡上のような独自の釣り文化があったと思います。
    私達が議論しているのは、それに先人達が注目して記録として残していたかどうかの違いだけでしょう。
    ですが、藝術品と違い、道具は現物だけでなく使い方が残っていないと価値が半減しますね。
    言葉で遺すことの大切さを再認識させていただいております。
    ありがとうございます。

    いいね: 1人

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください