巻きについて考える

毛鉤の巻きについて考える
(毛鉤もフライも一番大事な事です)

今迄、この大事な巻きの説明について余り目にした事が無いのに気が付いた
鮎毛鉤パターンでも使われるこの巻きの名称が何故テンカラ毛鉤にないのだろう

蓑毛の巻きから
「伏せ蓑」・・・ソフトハックルを短めに寝かせて巻く
「寝巻」 ・・・雌雉に多く見られるソフトハックルタイプ
「傘巻」 ・・・軍鶏・鶏の頸毛を傘の様に開いて巻く
「クル巻き」・・盛岡毛鉤での蓑毛の二段巻き名称

古式毛鉤の普通毛鉤に見られる胴体中に蓑毛を巻くタイプ
各地で伝承とされだした逆さ毛鉤の逆巻き
古式毛鉤に良く見られる乱巻き(パーマーハックル様)も有る

minogeプロポーション
蓑毛の種類

胴の巻きから
「詰め巻き」・・孔雀胴に多く言われる隙間なく仕上げる
「荒巻」  ・・下地が見える様に間隔を開けて仕上げる
「段巻き」 ・・絹糸胴他に多く胴の色を変えて仕上げる

その他、ネジ巻き・フエ巻き・十文字巻き等・・・こちらは鮎毛鉤をご参考に

面白いのが
古式毛鉤は大概、羽の表を鈎素側に向けるのが定番
・・・これが毛鉤の大元にも繋がる
今のテンカラ毛鉤は米式ドライフライの様に裏側を鈎素側に向ける
・・・勿論、鶏の頸毛の話
この考え方は案外、現代テンカラよりもっと新しいタイプ

自分の好みはフライでも毛鉤でも今や第一次世代らしい
現代テンカラを第二世代として今は第三次世代
ならば鱒以外を対象魚としているのはもはや第四世代かもしれない

ついでに書き添えると
鈎の鈎素を留める部分を鈎元(チモト)と呼びそこにチチワを付けてアイにする
環と呼ぶのも環付き鈎の硬い語感で馴染めずにいた
チチワでもしっくり来ないので探していたところ古い文献に蛇口の記述を見つけた
・・・勿論、穂先の “リリアン” VS “蛇口” の話では無い

FF釣法のハックルでも英国巻きに米国巻き・・・英式・米式
いつの間にやら米国巻き一辺倒になったのは何時からだろう?
それがテンカラ毛鉤にまで波及するとは思いもしなかった

1980年代の釣雑誌に堂々、剣羽根を米式で巻く紹介も有ったから
それよりは ○○ かもしれない

この一番大事な毛鉤の巻きについての説明が無い
・・・不思議な話では有る

大事な蓑毛の件
第一世代前の古式毛鉤の頃から蓑毛の色の記述で見られる
”本黒の黄味・白味”とか”芯黒先黒の黄とか白”
本=基・・・それを生ずる初めの部分
本黒はモトグロと呼ぶ
今のジェネティックハックルならファーネスやバジャーハックル
芯黒先黒なら本来の正統バジャーを表す
又、巻き数も初期には厚巻き、盛期には薄巻きの記述は多い
岩魚用は白味に斑付き、山女魚は芯黒黄味
川によって油毛(茶色)黒を使い分ける
第一世代以前から蓑毛に対する蘊蓄は数多い

序に
餌針の鈎素を結ぶのに内掛け・外掛けが有る
渓流釣りが華やかな頃は内掛けに拘る方が多かった
もっと拘る方はミミの平打ちを嫌い削り取る方まで居たほど
光るとかそのミミで流れ方が変わるとまで言われていた
古式毛鉤は勿論、初期型も含め毛鉤はその当時、内掛けが多い
そんな拘りが釣人の気持ちとして嬉しい

我田引水型記事ばかりが目に付くようになってから
釣雑誌を見た事も無いのでそれ以後に説明されているかもしれない

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください