毛鉤で釣れない川 Ⅱ

毛鉤で釣れない川 Ⅱ

毛鉤に反応しにくい渓は意外と多いと思います
季節的であったり時間的であったり様々な要因かもしれません
それでも
「小型でピーコックハールとエルクヘヤーの毛鉤が有効」と聞いて
自分ならどの様な毛鉤で対応するかのあくまで実釣用毛鉤のパターン
・・・これを”テンカラ毛鉤”と言っている訳では有りません

ウーリーバッカーとかマラブー云々の様な
アトラクターパターンは最後の切り札としてこんなのも有る程度です
前出済みも多いですがお許しください

先ずは定番 #16~#18 クリンクハマータイプ
ドライフライで様子を伺います

DSCF3868
#16~#18 クリンクハマータイプ

色を変えて

DSCF3869
#16~#18 クリンクハマータイプ

ドライフライに反応が薄いようでしたら水面直下で

DSCF3833

ウィングはスノーラビットシューですがドライ用のインジケーター類なら
効果は変わりません、あくまでも水中姿勢の制御用です

徐々に沈めていきます

DSCF5170

ハックルはピーッコク・ネック・フェザーです アトラクターパターンの小型版

dscf4751
カケス毛鉤 & 翡翠毛鉤

晴天用キラーパターン カケス毛鉤や翡翠毛鉤
青色の効果を感じる時が有ります

水中型インジケータ毛鉤

DSCF4284
水中型インジケータ毛鉤

色変わりです

DSCF4301
水中型インジケータ毛鉤

渓によって蓑毛の色を変えたりします

ファインワイヤーだけで巻いたり

dscf4608
テンカラミッジ毛鉤

少しダビングしたり

DSCF3867
テンカラミッジ毛鉤

ミッジフライに飽きると

dscf4892
蟻 フライ
DSCF5163
蟻 フライ

お判りいただけたかもしれませんが
意外と自然河川で毛鉤に反応が薄い場合は羽蟻を含めた蟻に反応する場合が多いと思います
その場合最後の切り札として

DSCF4328
蟻アトラクターフライ

これは日本でも非常に古い毛鉤です

img_6_m
ハス毛鉤 血丸

京毛鉤タイプ

DSCF5266
京毛鉤
DSCF5422
京毛鉤

長々と失礼しました
釣り下手が少しでも足手まといにならないよう
苦心惨憺の足掻きの様なもんです
お笑いください
概出以外でもまだ様々な毛鉤なりフライが有りますので
もしよろしければご訪問お待ちします

毛鉤で釣れない川 Ⅱ” への7件のフィードバック

  1. どの鉤も美しく隙の無さを写真からも感じられるのですから、本歌はさぞやと想うばかりです。埼玉鉤をドライ、水面直下、沈めてふかせ、、正午あたりに淵でライズし始める産卵期には口を使わないと言われているウグイに遊ばれて来るつもりです、笑い、 ライズしてるって事はきっと餌を食べてるはずだとの思い込みなんですが、、さてさて、、

    いいね

    1. 満月様 いつもありがとうございます
      此方、長野は29度となり一気に雪解け水が大放出(笑)
      悲しいかな、夢見ているだけで人はGWと言う百姓強化週間が始まってしまいます
      代わりに魚をお願いします、それで何とか我慢してみます
      眩影様の美味しそうなウグイ料理の数々・・・素直に悔しいです

      いいね

    2. 雨で仕事を”O-YA- SU- MI”にします(笑)
      ヘンな事を思い出したので書きます

      魚類学者の研究で産卵期には視細胞の紫に反応する器官が目覚めるそうです
      サケマス類はその反応を調べられていて魚卵を青に染めた物に対し反応するとも
      (他魚の魚卵を喰う習性の反応試験)
      ・・・紫に染めて実験して欲しかったのですが・・・
      青紫なのか赤紫なのかそちらの方が毛鉤では悩みます
      (ちなみにフライでは赤紫が多いです)
      ラベンダーからピンクまで濃淡を含むと選択肢も広がります

      ・・・只々、毛鉤地獄に引きずり込みたいだけです( ^ω^)・・・

      いいね

  2. こんにちは。
    最近のご投稿、感激しております。

    先日は山菜採りだったのですね。
    荘厳な佇まいの山ですね。
    北斎図も圧巻でした。

    奥に閉まってたタイイングツール(初心者キットです笑)を
    ガチャガチャと取り出しにかかりました。
    近々釣具屋行きの決定です。

    洗練されたパターンをたくさん紹介してくださってありがとうございます。
    カケス&翡翠良いですね。
    ひとつずつ上から参考にさせて下さい。

    これはどうも田舎に出向く休日が増えそうです(笑)

    p.s
    紫に反応する特殊細胞は初耳でした。
    赤紫ですか、良い色です。
    是非とも取り入れてみます。

    いいね

    1. R.Y様
      ご訪問頂きありがとうございます
      長文失礼しました
      毛鉤に反応が薄いなどと聞くと何故か長くなります(笑)
      魚の姿を見かけたらそれこそ堪りません
      今後ともご笑覧よろしくお願いいたします

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください