昔のテンカラ毛鉤 Ⅱ

昔のテンカラ毛鉤 Ⅱ
昭和8年(1933年)「川釣の研究」魚住清適(三省堂)より

データを確認しながら残りの毛鉤を巻いてみました
サイズ感は10号以上の羽根附きと段巻き毛鉤の三種

上段 三種
使うなら正しく「岩魚」用の典型的毛鉤

昭和8年「川釣の研究」 毛鉤図 3
鱒釣用疑餌

上段 左
ゼンマイ胴に羽根附き
撚り着けず巻き付けて、黒糸でリブ様に補強巻き
・・・今の胴の作り方とは違う
(同型で孔雀を胴にした毛鉤も多い)
蓑毛は油毛を寝巻き
鮎毛鉤パターンならケン・・・フライならテールを赤で厚め

DSCF5804
鱒釣用疑餌

和式毛鉤と洋式毛鉤の大きな違いは巻き順
・・・後先が呼び名と共に逆順となる

DSCF5805
鱒釣用疑餌

上段 中央
段巻き蓑毛 油毛と黒
それに合わせて胴も黒と茶の二色
太めのヒゲに金玉附き
厚く巻かれ羽根自体で浮力が有りそう
・・・クル巻きと呼ばれる盛岡毛鉤とは別物

DSCF5811
鱒釣用疑餌

上段 右
岩魚用に珍重された白毛の斑入りを大振りに巻く
・・・グリズリー又はバード模様とは一味違う
胴は孔雀に黄色の絹糸
鮎毛鉤パターンならケン・・・フライならテールを赤で厚め
暗めの茶羽根附き

DSCF5806
鱒釣用疑餌

80年以上の昔のテンカラ毛鉤・・・

DSCF5812
鱒釣用疑餌

以下爺の戯言 ——————————

江戸初期のポルトガル・オランダからの釣針なり美しい羽根の輸入
はたまた、ワーテルローで使われていた西洋甲冑に至るまで
世界に広く知見を広げた過去は史実として残る
鎖国政策と言いながら西洋文明を編まなく取り入れる
・・・果ては中国経由の抜道を使いもたらされた品物も有る
明治時代の国内の展覧会・博覧会だけでなく
海外の展覧会にも毛鉤は出品されている
それは西洋毛鉤を研究した先達が居ればこそ
和訳「釣魚大全」も有るし英国王室釣魚指南役ペネリ氏に
認められた銀座みす屋の中村利吉氏も居る

昔のテンカラ毛鉤 Ⅱ” への2件のフィードバック

  1. 少しは農作業の方も落ち着きましたでしょうか?
    卓越した技術で再現された80年前のテンカラ毛バリを見させていただき、Kebari and Flyさんの技術と共に、私はその時代の毛バリの自由度とディテールに感動しました。
    現在のテンカラ師が想像する伝統テンカラの概念が崩壊してしまうかもしれません(笑)
    これについては、間違いなく賛否両論のネタになるのでしょう。
    面白いことですね。

    いいね

    1. はい、今迄説明してきましたが納得される方は10年間居ませんでした(笑)
      鮎たわけ様のお陰でこの文献に写真が有ると
      説明が出来ましたがそれでも・・・云々
      テンカラを定義した張本人の本と気付いて
      以後、無視されております(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください