アマゴ用毛鉤

アマゴ用毛鉤
山繭胴 逆さ毛鉤 郡上竿専用アマゴスペシャル

名品と呼ばれた過去の餌針
アマゴの職漁師が信頼するその鈎に毛鉤を巻いてみたい
・・・実釣用は勿論のこと、実戦用ともなればそれ以上の丈夫さにも拘る

普通毛鉤に剣羽根毛鉤に本流用逆さ毛鉤
・・・長良川本流から渓流域を対象にどうするか愉しい企て

鈎はオーナー針 吉村アマゴ8号を手始めに重兵衛針 新アマゴ8号
鬼印のます鈎に同じく鬼印の山女魚鈎、鮎掛け針・・・候補は様々
金針も捨てがたいし
岩魚用で使っている太軸の鮎掛け針も・・・どうしましょう

DSCF5816
オーナー針 吉村アマゴ8号

贅沢な悩みを抱える幸せに感謝しています

伝説の名品 吉村アマゴ針なら逆さ毛鉤が似合いそう

DSCF5820
オーナー針 吉村アマゴ8号

山繭胴にするためにシルバーティンセルを下巻き
タグ&リブ用にシルバーワイヤーをツイスト
・・・鮎掛け針の細軸より細く感じる線径に特異な形状

DSCF5821
逆さ毛鉤 蓑毛

逆さ毛鉤 蓑毛には芯黒先黒のスッペックルドバジャー

DSCF5822
山繭胴 逆さ毛鉤

山繭胴 逆さ毛鉤 郡上竿専用アマゴスペシャル(笑)

DSCF5824
山繭胴 逆さ毛鉤 アマゴスペシャル

以下爺の戯言 ——————————-

巻いて形にする事で際立つ
この線径の細さと掛かり優先の形状から生み出される発条効果
使い手以上に使う竿まで指示されている様な専用品
(穂先は道糸に素直に従い穂持ち以降、溜めの利く胴調子の剛竿)
硬さばかりが際立つ今様グラファイトロッドには無理があり過ぎる
あくまでも想像の範疇では有るにせよ
使い手と鈎と竿のバランスが釣り合っていないと使いこなせない気がする
試作品の一本目ですから画像を睨んで試行錯誤を愉しみます

アマゴ用毛鉤” への3件のフィードバック

  1. 郡上竿専用アマゴスペシャルですか・・・いいですね。
    毛バリ用の針には太軸の針が多い中で、スレたアマゴが触っただけで掛かりそうな毛バリです。
    掛かったアマゴは、そのまま「郡上抜き」で抜き上げて腰のタモで受けるのでしょうね。

    いいね

    1. これは鮎たわけ様の専用品で巻いてみました
      試作品ですからもう少しお待ちください
      この針は使う竿を選びます(笑)
      勿論、お好みに合わせて作りますので
      何なりとお申し付けください
      愉しみにお待ちします

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください