鮎毛鉤 福富鈎

鮎毛鉤 福富鈎

此方の福富鈎についてはWebにも情報が多い
高知県庁の水産技師 福富正枝
郷里の土佐鮎毛鉤の研究の後、加賀鮎毛鉤を学び
自身の研究成果として「福富鈎」を発表する

DSCF5871
鮎毛鉤 福富鈎

福富鈎の創設が昭和5年(1930年)ともなれば早や88年前
独自で考案されて銘鈎となった作が並ぶ
どれもこれもが黄金時代のドブ釣り用鮎毛鉤の銘品

鮎毛鉤 福富鈎” への2件のフィードバック

  1. 「鮎毛バリ」・・・
    禁断のディープな世界に足を踏み入れてしまいましたね。
    多種多様ある釣りの中でも、これほど掘り下げされた世界は類をみません。
    私は恐ろしいので傍観者に徹します(笑)

    いいね

    1. 言われて気が付いてしまいました
      釣場の駐車場のその上の土手から
      垣間見るつもりだったのが・・・
      「埼玉針」で釣られてしまいました(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください