モグラの尻尾 毛鉤

モグラの尻尾 毛鉤

米国のテンカラフォーラム仲間からの問い合わせ
「過去のブログ記事で面白い記述が有るがこれは?」

その記事元は農文協様出版の
「宮本常一とあるいた昭和の日本」
・・・
民俗学者の宮本常一氏が主宰した近畿日本ツーリスト株式会社
日本観光文化研究所が昭和42年から昭和63年まで発刊
戦前、戦後の日本の農山漁村の文化を現地で取材し纏めた本

宮本常一氏の旅学 「自分の目で内側からみることが大切」

真剣に物をみていけばいくほど、わからないことが増えてくるのですが、
わかったと思い込むのではなくて、わからないことを確かめて、
明らかにしていく、それが大切なことです・・・紹介文より抜粋

テンカラ毛鉤についてもその謎解きが愉しい
地域に根付いた土着の毛鉤は実際に使われていた毛鉤
だからこそ
蜂頭毛鉤をはじめとする時間の経過で埋もれた毛鉤達にも会える
(当推量で捏造された毛鉤達ではない)

本題のモグラの尻尾毛鉤
静岡県の大井川上流の山村地域に有る田代という集落で使われていた
生のまま鈎に刺して乾燥させ山女魚(アマゴ)釣りに使った毛鉤

田代集落・・・大井川最上流部に有る集落
田代ダム周辺は近年、リニア鉄道で再注目を浴びているが過去より問題の多い場所
大井川水系は中部電力管理であるが田代ダムのみ東京電力唯一の水力発電ダム
水返せ運動等に見られる様に取水で下流の流れを止めて「川枯れ」を起こす
・・・当地域は「アマゴ」をヤマメと呼ぶ

モグラの尻尾とは

DSCF5910
モグラの尻尾

2㎝程度 質感はスクイレルテールよりはラビットファーに近い

DSCF5911
モグラの尻尾 近接

生のまま刺して乾燥させるとある・・・濡れれば外れる?
心配無用、尻尾には中に骨が有る・・・きっちりと締まって外れない!
考えてみれば尻尾は関節の連続・・・膠の塊

DSCF5914
モグラの尻尾 毛鉤

本物は餌針に鈎素付きでしょうが蛇口を付けてみました

毛足・形状共そのまま鈎に刺せば使えるサイズ
一つの閃きと使って見る大胆さ(笑)

以下爺の戯言 —————————————————

先ずはご訪問されている皆様と仲間に感謝申し上げます

折よく出版された「宮本常一とあるいた昭和の日本」全25巻
・・・民俗学者の宮本常一氏没後30周年を迎え再出版された記念版の存在

日本の仲間や海外テンカラフォーラム仲間の真摯な探求心に触れるたびに
自身の知識の少なさと好奇心の低下を感じています
確かに自分で使う毛鉤なんて年間でも5~6本程度
それもボロボロになるまで変えもしない
釣行先も変わらなければ立ち位置も変わらず
もしかすれば掛ける魚も変わらない・・・爺になりました(笑)

漠然としたテンカラ毛鉤に対する疑問が皆様の紹介により解けています
自分が毛鉤を教わった爺様達は皆様、石のシャッポを被られておりますので
確認のしようが有りませんが教わった事は誰かに伝えなければ伝承ではありません
本来は仲間内で認め合った者がその責を負うのでしょう
形では無くその内側の「何故」が判ればそれが伝承だと思います
毛鉤材料も「何故」それを使うかが判ってこその伝承毛鉤です

宮本氏の言葉「自分の目で内側からみることが大切」は勿論ですが
本来は
「真剣に物をみていけばいくほど、わからないことが増えてくるのですが、
わかったと思い込むのではなくて、わからないことを確かめて、
明らかにしていく、それが大切なことです」・・・紹介文より抜粋

幻とか秘儀とかで終わらせず皆様のお力添えを頂けることで
テンカラ毛鉤の謎が解けていきます
それを紹介出来る事は感謝しか私にはありません

「ありがとうございます。」

R.Y 様
コピー贋作の件ですが
日本の毛鉤の場合、100年程前の毛鉤は完全に忘却の彼方です
実例としても、60年程前に紹介された逆さ毛鉤は

dscf4717
逆さ毛鉤の紹介者

その当時でも岐阜県益田川地域で使われていただけですが
何時の間にやら全国各地で古くから使われていたとする、毛鉤になりました
それだけでなく、そこに個人名まで付けて海外に紹介する厚顔さです
少しでもオリジナルなら良いのですが正体は初期型富士流逆さ毛鉤の色違い
機を見るに敏たる才覚の持ち主はどの世界にも・・・(笑)

DSCF3862
初期型富士流逆さ毛鉤 真似

剣羽根毛鉤も同じく巻き方すら知らずただ巻いて有るだけ(逆巻きすら有りました)
拙ブログで詳しく巻き方を紹介しましたら、そのまま後追い掲載されました
丈夫に巻けるでは無く、綺麗に巻けるとかの頓珍漢の説明になりましたし
剣羽根一枚で4つの剣羽根毛鉤が巻けるとした説明は当初、笑われました
その後、剣羽根の巻き過ぎは魚の出が悪くなると誰かに指導されたらしく
大人しくはなりました・・・ただ、程度の悪さには呆れました(笑)

山繭胴毛鉤も同じく後追い掲載されましたが
それは湯センで処理して解しやすくすると説明が付きました
確かに絹糸としてなら、お湯で茹でますが山繭胴として使うなら
本来はそのまま解してゆきます
・・・虫の匂いまでダビングすると教わっていましたから
一番大事な濡れると締まる繭としての持って生まれた性質に
言及された方は今だにいらっしゃらない様に感じています

ゼンマイ胴も同じで下巻きが云々の説明も
チャドウィック№477と性質は似ているとする説明も
当初は理解されず只々、笑われていたものですが此の頃は理解された様です

日光毛鉤なり日光テンカラ?
その昔は日光にテンカラの呼称が有ったのか不思議ですが
其の自称する継承者が逆さ毛鉤・・・不思議な話です
どうせなら日光毛鉤の銘品、ゴロッチョ毛鉤・金胡麻・銀胡麻を・・・

・・・書き出すとキリが無いので止めますが
釣雑誌が持て囃す有名人でもその程度です

フライの場合なら
拙ブログで紹介済みですが1600年代の英国の原書は電子化されて無料で閲覧できます
今なら、200年前でも300年前でも各国の個人ブログに詳しく説明されております
(手前味噌的な日本のブログよりは出典も明らかにされております)
たかだか5~60年程度の個人の釣り人生で積み重ねられる経験なんて僅かな物です
パラシュートタイプ・CDC・ビーズフライ・キールタイプ・ウィグル・・・
オストリッチフライ等、数百年前から先人達が紹介済みです
時間の経過で忘れられただけですから個人のちょっとした閃きなど比較にもなりません
・・・これは自分にとっても諌めです

今迄、出典元がはっきり出来ずに説明できなかった物が今なら出来ます
これも皆様のご指導とご教授のお陰です

シンプルな毛鉤は特に感じますが形だけ真似てみても本意とずれます
だからこそ「伝承毛鉤」は貴重な存在です
手前味噌で巻いたバケ針も本当の「埼玉バケ針」とは違います
一番大事な所が違いますがそこはF師匠様の領分ですから説明できません

伝承毛鉤を紹介されている方々は多いですがその出典元は同一の本からが多いです
その本に書かれている事が全てでそれ以外は存在すらしないとされているのが現実です
それで金を得る玄人なら素人で田舎の水呑百姓に指摘されない程度は・・・(笑)

dscf4711
伝承毛鉤のネタ本

地元の秋山郷毛鉤すら使う蓑毛は芯黒(ファーネス)と紹介されていますが
それ以前の爺様達からは芯黒先黒が一番で、芯黒先黒の白毛の斑付きが最良と
聞いておりました
これは他地域の古来からの岩魚毛鉤と同じで驚いた記憶が有ります

それと同時に
この近辺の中部山岳地帯で使われていた古くからの毛鉤の共通点
私個人が見知っている範囲はたかが知れてはいますが
・・・それでも辺境地は他県と接する地域が多いのです(笑)
原点とも言える岩魚毛鉤の存在・・・一時「〇の毛鉤」・・・
その原点を言及した方がいらっしゃらないのが却って不思議ですね

これも1960年代初頭の安曇追分で作られていた輸出用フライが
Kebari and Fly 自身の原風景ですから爺の戯言と笑って下さい

DSCF5494
1960年代初頭の安曇追分で作られていた輸出用フライ

付記として「秘儀 白孔雀胴毛鉤」・・・(笑)

DSCF5102
秘儀 白孔雀胴毛鉤

一定の条件下で釣れます・・・
本来ならばその正体が判っていても手に入れる事が難しい素材で作られた毛鉤が
本当の「幻の毛鉤」かもしれません
鮎毛鉤に使われていた「朱鷺の羽根」は今や幻ですし、蝮の内側の皮を使った毛鉤も・・・
決して逃げ口上とか誤魔化すための「幻」では無いと私は感じています

日本の水産関係の古書も電子化が進んでいます
一例として国立研究開発法人 水産研究・教育機構の図書資料デジタルアーカイブが有ります
日本最古とされる釣り専門書「何羨録」(かせんろく)をはじめ漁具等の写真資料も豊富です

国立研究開発法人 水産研究・教育機構

モグラの尻尾 毛鉤” への12件のフィードバック

  1. モグラの尻尾鉤自体が興味深く、国立民博に展示されていても納得してしまうかもしれませんね、、笑笑、それを実際に持っていて、フックにつけてしまうKebari and Fly さんもこれまた民博の教授に思えてきました、大笑い。 モグラテールの骨ごと使うのですよね? 何ゆえこれを使い始めたんでしょうか? 先人の創意工夫は天啓なんでしょうか?? 笑。

    いいね

    1. ご訪問ありがとうございます
      昨晩、問い合わせがあり調べてみました
      今迄聞いた事も有りませんでした(笑)
      きっと骨ごと使う事で抜け防止になるかと思います、凄いですね。

      いいね

  2. フライの材料でもモグラ(モール)のボディファーだと使って毛バリは巻いているのですが、テールは初めて聞きました。しかも骨ごととはビックリです。小型のミンクテールみたいでなかなか良さそうに見えます。
    テンカラの世界でも無知な大馬鹿プロが雑誌などに出ているんですね。とうの昔50年100年前に巻かれていたパターンをあたかも自分が考案したように雑誌に書いている無知な有名なプロはフライの世界にもいます。これには無知な読者がチヤホヤしている現状もあるのでしょうか。キャスティングにしてもオーバーヘッドがロッドサイドキャストになっていたり、ハリの研ぎ方本にのせればメーカーの記事で完全間違いと否定されていたりとなかなかバカっぷりが面白いです。何はともあれ人のブログの内容をパクリ記事書いてるじたい常識外れで、某雑誌のプロのように釣り日記レベルの投稿してればいいんです。その程度の知識しかない人がプロとは恥ずかしい。私は3年前まで愛知県 小牧市に住んでいましたが、雑誌の広告を入れている愛知県のショップさんの中では、最近のプロの記事では商品が売れないという愚痴もでていたほどです。実際に本を読んでもショップに買い物に行きたくなるような記事はなにもないうえに知識の向上になる文面を見ることもほとんどなくなりました。プロの人達にはプロらしい行動が必要なのでしょう。
    毛バリアンドフライさんのブログまだ全部は見ていないのですが、楽しく読ませてもらっています。

    いいね

  3. 尾崎様 コメントありがとうございます
    もしかすると今は釣雑誌より個人のブログの方が情報量は多いかもしれません
    好きだからこそ真摯な気持ちで皆様が紹介されていると思っています
    個人の情報は少ないかも知れませんが釣法の垣根も無く交流していると結びつく物が有ります
    長年、疑問に思ったことがそこでスッキリする、そんな出会いがたくさん有ります
    自分自身のブログでも加筆修正しながらですが、それがまた楽しいのです(笑)
    日本の釣り文化ともなると民俗学にも近づきます、皆様に教えて頂きながら
    自分自身が楽しんでおりますので今後もよろしくお願いいたします。

    いいね

    1. プロの方には厳しいコメントだったとは思いますが、テンカラは日本の文化であり、歴史は学べる資料は沢山あるはずです。フライではイギリスやアメリカがメインのために私たち趣味人が調べようとしても本も少なければ手に入っても英語が読めないとう、大きな壁があります。キャスティング一つとっても1950~1990位のバンブーロッド全盛期からグラス、カーボンに移り変わるまでのキャスティングのスタイルと現在のスタイルでは全然違います。毛バリアンドフライさんの使っている古い年代のバンブーダブルハンドなどは現在のプロたちではまともにキャスティング出来ないこともご存じのことでしょう。国内のプロはもとより発祥の地のプロでさえ数えるほどしかいないと思います。伝承という言葉は誰かに受け継ぐ、受け継がせるという深い意味を兼ねていると私自身は考えています。バンブーロッドの巨匠と呼ばれている方たちもレナードから事情により分家された方々がテーパーやアクションを受け継いだ方(これも伝承)でないと海外でも認められていません。今回のプロの方も毛バリ発祥の地まで行き伝承された方との交流から得られたものを文章や写真を交え雑誌に載せるべきではないかと思います。取材のための交通費や宿泊代もプロなのに出ないでは雑誌社の編集長にも問題ありでしょうか。

      いいね

      1. 時代に取り残された田舎の爺です・・・(笑)

        頂いたコメントを何度も何度も読み返しています
        ご意見には大変共感いたしますしその通りとも思います

        時間の流れで忘れられそうなそんな事柄を先ずは書き散らし
        思い込みであったり勘違いであったりも有ると思いますから
        皆様の知識と経験を頂きながら魚に相手をしてもらっています
        今後ともよろしくお願いいたします 轟

        いいね

  4. こんにちは。

    もぐら?笑
    そしてなんと骨まであるとは、、、
    とてもとても驚いています。

    紹介文だけでも大変素晴らしい学者さんです。
    エスノグラフィ的介入で、最も重要な態度と思います。ほんとうに素晴らしいです。
    この方の御本は、古本屋めぐりかなぁ、農大訪問かなぁ、いずれにせよ、直ぐ手にとってみたいです。

    ご教授頂きありがとうございます!
    いつも多くの刺激をもらっていて、感謝してもしきれません。

    p.s.
    芯黒先黒に白斑点、、、?
    これは如何なる物ですか。苦し紛れのグリズリー代用。

    いいね

    1. R.Y様
      こんばんわ
      没後30周年を迎え再出版されています
      ・・・全25巻ですから流石に私には(笑)
      芯黒先黒=正統バジャーハックルです
      そこに斑入りはスペックルドバジャーが
      近いと思います、昔から岩魚毛鉤の定番です
      魚にも怪しまれず、毛鉤も見えると・・・
      昔は毛鉤サイズに合う羽根がなかなか有りませんので
      大き目の羽根でも先黒なら良いと聞いておりました。

      いいね

      1. この復刊全集は各図書館はじめ蔵書棚を頼り処と致します。
        そういえば文化人類学や民俗学は、形式的プラグマティズム一辺倒の昨今、このようなスタンスが徐々に廃れつつあるような気さえ、、、(脱線しました)

        スペックルドバジャーが近いのですか!
        ありがとうございます。そして(昔から入手困難なカラーでもありますし)確かに絶妙は色味です。よーく下調べしてから是非手にいれたいです。

        いいね

  5. モグラのしっぽの毛鉤、拝見しました。野生のモグラそのものを見かける機会もなく、しっぽがどのようなものかも知らなかったので、感激しました。
    これからも、Kebari And Fly 毛鉤探究の記事、楽しみです。

    いいね

    1. ご訪問、コメントを頂きありがとうございます。今迄は一人相撲ばかりでしたが皆様とウェブの中では有りますがお知り合いになれ、ご指導並びにご教授頂きながら毛鉤の話だけで10年ブログを続けております(笑)
      今後ともご笑覧いただけますようお願い申し上げます。ありがとうございました。

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください