ドライフライハックル

昔のドライフライハックル
I will keep using it for the rest of my life

コックネックより今ならサドルハックル
出来れば昔の白とか赤のホフマンが好みでは有る
確かに今のハックルの素晴らしさも判るし使いもするが
サドルでさえ昔はフェザー長も短いけれど
毛先の繊細さと透明感は今と比べると少し違う

DSCF6125
昔のホフマンハックル

フェザー長は今と比べれば短いけれどこれで充分
・・・長すぎても勿体ないだけ

DSCF6126
昔のホフマン コックネック

コックネックですら輸入量が激減した今では・・・

今のコックネックならフェザー長も昔のサドル並み
でもドライフライのハックルはブラシでは様にならない
ハックルはテールに向けてなだらかにカーブする
・・・アイからテイルに向け傘の様な形
毛鉤もフライも本来はスッキリと薄く巻くのが本来の姿
ブラシ並みに巻き付けるドライフライは何時からだろう
巻いたハックルの厚みで浮力を稼ぐ為だけでも無い
・・・誰かが提唱した結果かもしれない

ハックルの色名称も何時の間にか本来とは違う
判り易い例として「バジャーハックル」
リストが黒ならバジャーハックル?
・・・本来はリストが黒で毛先も黒い(芯黒先黒)

DSCF6120
バジャーハックル

写真では判り辛いかもしれない

DSCF6121
バジャーハックル

判り易い様に今風のバジャーハックルを間に入れて

DSCF6122
バジャーハックル

どちらもメーカーの名称はバジャーハックル
・・・地色の違いでは無い

DSCF6123
バジャーハックル

判り辛く、取るに足らない話では有るけれど
毛鉤なりフライに巻くと違いが出る
こんな小さなことに拘るのが愉しみだし
素材の僅かな違いが形にした時に大きな違いになる
今となれば一般化したクーリーにスペックルドバジャー
・・・昔なら紹介する写真すら無い希少品

DSCF6119
クーリー&スペックルドバジャー

昔は誰もがそんなハックルが有ると知識として知っていた程度

DSCF6118
クーリー&スペックルドバジャー

島崎氏監修のフローティングニンフ用パートリッジ社TS2ST
毛鉤でもフライでも使い易い鉤の形
消耗品では無い毛鉤とフライには一番かもしれない

以下爺の戯言 ———————

ハックルの名前で今の時代についていけない件
クーリーが手に入らなくて代用として使ったのが
バード・ダーク・ジンジャー
クーリーとバード・ダーク・ジンジャーの中間型も有るけれど
今は明るめのクーリーとして紹介されるらしい
黒・茶・白が入ればクーリーとする今ならそうかもしれないけれど
クーリーは三色だけでないから希少とした昔とは違うらしい
希少だったクーリーより今は稀なナチュラルブラック
ダイドの流行りで別段の支障も無いかもしれないけれど
ナチュラルブラックは裏がダークダン
凄いと言われるナチュラルブラックなら表も地色は黒いダークダン
シャンパンもダン系なら普通の毛色
憧れのブルーアンダルシアとまではいかなくても
一般的に言われている絣の様な模様では無く
本来のシャンパンなら細かい胡麻斑模様では・・・?

一番の問題は
今の錚々たるジェネティックハックルは芸術品かもしれないが
もはやハックルの一番大事な処から逸脱した別物
・・・裏側を見れば素性が知れる
それでもヒーバート系はまだまだ選べる余地が残っている

ドライフライハックル” への9件のフィードバック

  1. 私も今のハックルには疑問があります。ネックもサドルも20年前の物に比べて倍ぐらいに長くなり沢山巻けるのはいいのですが、ドライフライで一番大事な浮力が最近の物は犠牲になっているのではないかと思います。細軸のハリで巻いたフライでも、ドライシェイクなどの浮力材のからみが良くないのかドライフライでのたたきあがり時に結構な回数アマドゥーで吸水させて再シェイクしているような気がしています。フライの着水時のインパクトも少ないようにしているつもりなのですが昔はこうだったかなとさえ思ってしまいます。私も古いハックル引っ張り出してきて来年のフライをこつこつ巻こうと思います。毛バリアンドフライさんのようにガラの違いなど色々発見があるかもしれません。これはこれで楽しみです。

    いいね

    1. 質も表の色も素晴らしいのですが裏側を見れば透明感の無い艶消しの白が目立ってきた様に感じています。以前はもっとガラス質で輝いていたとも思います。水面でも変な存在感を感じますし、浮力剤は素晴らしい品が増えても沈みが早い様です。油染みで見苦しいハックルですが魚を釣る能力は段違いですので古いハックルを見直して頂ければ、もしかすると昔の人が言っていた「透け」の有る羽根が見つかるかもしれません。「透け」とは裏側から見て地色が抜けて透明感の有る羽根です。

      いいね

      1. 品種改良によって、マイナスになった部分もあるかもしれないですね。私たち以外にも感じている人たちがいてもおかしくない。今のハックルと古き良き時代のハックルをじっくり見比べてみようと思います。

        いいね

  2. 私は、昔のコックネックのハックルケープの膨らみを触るのが好きです。
    なんとも言えない弾力が男心をくすぐります(笑)
    久々に押し入れの中から引っ張り出したくなりました。

    いいね

    1. 私も引っ張り出して比べて見たのですが、鮎たわけさんのおっしゃるふくらみが羽毛布団とせんべい布団ぐらいに違うものが私のストックにあります。光を当てた時の輝きも白系のハックルは昔の短い物の方が綺麗に良く輝く。さわった感じは、昔の物はやわらか。現在の物はパリッとしている感じ。実際に巻いてみると、昔の物はパットばらけず少しねっとり感がある。今の物はパリッとばらける。ついでにインディアンネックの白は輝きが異常に今見ると素晴らしい。まだ浮かべてテストしていませんが私の持っているものだとこんな感じでした。

      いいね

    1. 確かに!
      もしかすると食事が違うかもしれませんね
      革のブーツが好きで農作業でも使っていますが牛の革自体が今の物は弱いと聞いております。アメリカ産の放牧で自然の草を食べていた牛ほど丈夫で長持ちするそうです。トウモロコシ主体の穀類が餌で牛舎の場合、表面は傷も無く綺麗ですが牛革の丈夫さは無い様です。

      いいね

      1. 人間でも大きなガタイの人はやはり沢山食べます。高校の時の同級生で相撲をやっていた子はうどんやラーメンをはしで口の前まで持っていくと、かまずにのどで食っていました。カレーなども、掃除機で吸い込むがごとくあっという間に食べてしまっていました。まるで誰かと競争しているように食べていたのですが、体系を維持するのに必要なのだそうです。鳥の世界にもあるかも知れません。私の最近購入したハックルになった鳥は、食事競争に負けた鳥なのかもしれません。牛革が食べるもので変わるのも納得できます。その子は人間とは思えないほど大きかったですから。

        いいね: 1人

  3. 鮎たわけ様、おじゃまる様コメントありがとうございます
    皆様、素晴らしい品物をお持ちの様ですね
    昔の物が一概に今より良いとは言えないところですが
    毛鉤なりフライにした時
    明らかに魚の反応が違うと自分では感じています
    メッツはその当時でも張りが強い方でしたがそれでも今よりは
    シナヤカかもしれませんし毛先の透明感は別物です
    巻き辛い印象のインディアンコックも蓑毛には最適です
    おじゃまる様が仰られるように輝きが違います
    自分が持っている物は売れ残りの特価品ばかりですが
    (色変わりとか斑入りのバリアント風で人気が無く売れ残る)
    表の色より裏面の色を選びましたから今になれば掘り出し物です(笑)

    いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください