Partridge Wet Fly Hooks

Partridge Wet Fly Hooks
・・・日本のFF釣法創成期の定番フック J1A & G3A

リマリック ウェットフライ フック

DSCF6140
Partridge Wet Fly Hooks J1A
DSCF6139
Partridge Wet Fly Hooks J1A

スプロートウェットフライ フック

DSCF6138
Partridge Wet Fly Hooks G3A
DSCF6137
Partridge Wet Fly Hooks G3A

これだけでないのが愉しい処

DSCF6142
Partridge Wet Fly Hooks

ベンドの曲がりが
角ばったリマリックからスプロートにパーフェクトベンドまで
サイズが♯4~6ならシートラウト用定番サイズ
サイズが♯16前後ならクリアウォーター用小型ウェットフライに最適
・・・小型ウェットフライの凄さをご存じない方は一度お試しください・・・
パーフェクトベンドでショートシャンクなら SF1~・・・
地域性に個人の好みやパターンに合わせ様々な種類のPartridge Wet Fly Hooks
鉤自体のデザインもさることながら毛鉤なりフライにした時、違いが出ます
太軸の良さは物理的な丈夫さと共に魚の魚体保護にも通じます
同じデザインでも刺さり優先の細軸では魚の口を裂きやすい

これ以外にも・・・

DSCF6143
Partridge Fly Hooks

前出済では有りますがテンカラ毛鉤に最適な

dscf5538
TS2ST   &    K12ST

こんな復刻版も有りました
Pennel Sneck Hook?

dscf5139
ペネル スネック ターンダウンアイフック
DSCF5137
ペネル スネック ターンダウンアイフック

アップアイに拘るドライフライの父 ハルフォードと
ターンダウンアイのC,ぺネルがとかスキューズニンフとか・・・
それともバートリート?

以下爺の戯言 ——————–

終売商品に取扱店も少なく手に入りにくい品物となりましたが
パートリッジ社オーナー様から
日本に対し再度テコ入れをしてみたいと連絡が有りました
・・・愉しみにお待ちします
どこぞの英社と同じ轍を踏まないようにお祈り申し上げます

片田舎の長野に居ながら
英国パートリッジ社オーナー様の連絡を受けられる
そんな今の時代に心の底から驚きました(笑)

付記 釣針の研ぎ方
アーカンソー州の小さな板状の合わせ砥石等が昔は必携でした
・・・今はアーカンソー砥石の産出が激減し貴重品です
今は研ぎ方自体が違ってきているようです
参考動画・・・がまかつより

目から鱗が落ちる思いでした
現場では昔乍らのフックシャープナーでしょうが
使い捨てでは勿体ないですし化学研磨の鈎でも
軽く2~3回程針先から軸側に向けて滑らすだけです

果樹剪定で化学研磨の鋸を良く使いますが
これも軽く研ぐだけで新品より切れた断面が綺麗です
・・・綺麗な切断面は表面積が少なく回復が早くなります

Partridge Wet Fly Hooks” への12件のフィードバック

  1. 極東の日本国にとんでもなく理解してくれてる御仁がいてはるやん!! ってやっと気づかはったんですね!! きっと。

    いいね

    1. 満月様 お疲れ様でした!
      ネットの凄さを感じた瞬間でした
      最初は冗談と確信していましたから
      返事をするのに躊躇していました(笑)
      オーナーでもTS2STなんて品番は
      知らないと疑問に思ったようです
      気さくな人で良かったです

      いいね

    1. 私なんてとんでもないことです、鮎たわけ様のブログはもっと沢山の方々が楽しまれていると思います。質問された時はこのような優れたブログが有ると紹介させていただいています。ありがとうございます!

      いいね

  2. パートリッジさんには是非とも頑張ってほしいです。J1Aは特に出してほしい。クラシックなかえしの大きいのとささりやすい小さいの贅沢言えば2種類同じナンバーで出れば特にうれしい。次はJ1ALになるのでしょうか。スポット生産でもいいので、クラシックスタイルのハリは私は大歓迎です。

    いいね

    1. 取扱店の減少が一番ネックになっているのは理解されているようです、復刻版も今まで何度も出されていますが余り紹介されていませんし昔のパートリッジ社フックが高値で取引されていることも連絡いたしました。沢田氏のクラッシックスプロートなりクラッシックリマリックも終売ですからパートリッジ社様がその点を考えて今風に流れずそのままで出していただければ最良のセールスポイントだと思います。

      いいね

      1. 飾るフライ巻いても決まる。道具として使い捨てではなく何度も研ぎなおして使えるハリは、やっぱりパートリッジ。このハリ使ったフライで釣り経験した人なら刺さらない分バーブつぶしたり研いだりチューニングせずにいられなくなり色々なことを学べたはず。ついでに今のティペットは20年前の物に比べれば物凄く強く合わせ切れも少ないはずなのに、細軸の小さなアイのフックで合わせ切れが多く感じている人がいれば、パートリッジの今のハリより太軸でアイの大きい物に変えると極端に合わせ切れが少なくなるはずです。ハリの製造工程のアイのカシメ時の型のバリなのか、細軸の小さなアイのハリは他にも理由があるのですが、私は苦手です。そんなこんなな理由でパートリッジフックには愛着があります。ぜひ使ったことのない人は使ってみてほしいです。

        いいね: 1人

  3. パートリッジのフックについて、読ませていただきました。
    私もG3A10番は大好きです。針先の耐久性が良いので、岩や石に当たったり、擦れたりしても、結構長く使えます。高価なマテリアルや、タイイングに苦労するフライパターンなどには、パートリッジのフックが一番だと思います。また、自然に流し込んでから、軽く止めた時に、微妙にフック自体が泳ぐ感じがして、大袈裟なようですが、フライに生命感が発生する気がします。
    それと、パートリッジのバンブーロッドもすばらしいです。価格もハーディやペゾンの半分以下で、バンブーの入門用として使い始めて、いつの間にかずうっと使い続けてしまうほど、魅力的です。番手にもよると思いますが、至近距離から中距離で、とても扱いやすいです。

    いいね

    1. 私もパートリッジ社の昔のフックは耐久性が高いと思い剣羽根毛鉤はこちらで巻いています。針先の鋭さは今の方が優れてはいますが決してそれだけが認められるものでは無いと思います。研ぎ直しして使える点、鈎全体の耐久性、保持力等そこから生まれる実釣に即した鉤のデザインは連綿と続く英国の伝統が後押ししていると実感しています。趣味ならばこそ、とことん突き詰めるとは言われますがならばこそ原点である英国はWWⅡ以後流行り出した米国と求めているところが違います、それはパートリッジ社のバンブーロッドの良さにも繋がっています。求めているのは懐古趣味ではなく実釣に優れているからこそですね(笑)

      いいね

  4. 皆様のご意見を頂けることは無上の喜びです、ありがとうございます
    優れた化学研磨の鈎製造機械が開発され次は人件費が安い国で作られ
    どこのメーカーでもラベル・パッケージが変わるだけの有様が現状ですが
    高価な素材と手間を巻きとめる毛鉤とフライ用の鈎に使い捨て用の鈎では
    もったいなくて使えませんし鋭さばかりで折れる鈎はそれこそ使えません
    出来れば昔のパートリッジ社等の鈎を使って違いを感じて頂ければと
    私自身も思います、ありがとうございました。

    いいね

  5. 遅レス失礼致します。
    LRHさんには一度使って頂きたいパートリッジの針があります。箱にはsedge hookと書いてあるだけで 品番もありません 横に2000の数字はありますが 2000の品番は過去に見た事がないです。見た目はK12STのシャンクを半分にした様な長さで アップアイです。太さはヘタをすると3Xファイン位細い…。シュリンプやグラブフックに近いカーブなのですが(マスタッドの品番忘れましたが シュリンプフックありましたよね あれに非常に近いフォルムです)サイズは#14と#16。たまたまヤフオクで他のパートリッジの針と一緒に落札しましたが 初めて見るスタイルで箱を開けた時は固まりました。セッジフックって書いてあるけど どうやって使うか… ヒントはLRHさんの巻かれる和式毛鉤に沢山潜んでそうですが 私にはどうにも扱いきれそうにない代物ですのでよろしければお譲りします。古いスキューズスネックと合わせてご活用いただけたらと思います。先日もcoad Aの12番 少量ですが分けて頂く事ができました。無骨で手作業の為 形は不揃い 年代によってシルエットもさまざま ポイントは甘いし バーブはデカい 直ぐに錆びるし石に当てよう物なら簡単にポッキリ…柔軟さのかけらもない質実剛健さ。全てが面白い針だと思います。私の場合 これにフランスのVMCが加わり 更にオタクになりつつあります。昔 ウエットフライの本に一度寄稿させて頂いた時も古い針についての記述を書かせて頂く機会がありました。当時釣具屋の片隅に埃をかぶっていたこれらの針 今では全てが貴重品 おいそれと使えませんが一本一本 魚との出会いに感謝して使わせて頂いております。LRHさんがjetのブログで書かれていた極東の地への来客をもてなすの言葉 深く心に響きました。小さな釣針ですが そこに込められた想いと叡智に恥じない釣りをしていきたいなと思います。
    ダラダラと書き殴りの長文 失礼致しました。

    いいね

    1. はいからはくち様 コメントありがとうございます
      マスタッド針のとなればNo9523のシュリンプフックでしょうか?
      パートリッジ社のNo2000は自分も見た事が有りません。3X ファインとなればドライフライ用でしょうけど面白そうですね。L3Bよりも過激な形でしょうか?
      パートリッジ社の4桁表示は新しい鈎型を模索していた時代と自分は感じています、No1021はその後のTMC102Y?、No1211はTMC100でしょうか?
      今となれば過去のブランド品とまで言われてしまいますがどこもパートリッジ社の後を追ったのは・・・。
      機械製造前の鈎型は何とも言えない表情が、そこにマテリアルを巻き止めると何故か躍動感が一緒に巻き止められたフライに成る気がして堪りません、本来は真っ直ぐなシャンクがゆったりとした曲りが有るだけなんですけど(笑)
      検査員さんの名前を呼んで悪態をつきたいときも多々有りますがそれでも、どうしてか、昔の鉤を引っ張り出してしまいます。
      こんな事を書くのも憚られますし、少し変態染みますが検査員Helenさんの髪の毛入り、わざわざ釣具屋さんの奥様がプレゼントしてくれました。確かに使わず仕舞いで大事にとってありますけど・・・(笑)
      フランスのVMC・・・、唯々、頭が深く深く、下がります。

      もし宜しければ右欄のContact で連絡をいただければ幸いです、よろしくお願いいたします。

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください