乾式毛鉤

乾式毛鉤
・・・和式毛鉤にもドライフライは有る

瀬の流れに足掻らい水面を跳ねる盛岡毛鉤だけでなく
軽い鮎掛け針7号に古くは胴に木綿糸一重
蓑毛は水面に乗る様に巻き付ける
狙い処は水面の瀬筋に潜む山女魚なりアマゴ用

鮎掛け針7号 蝋引き絹糸 銀鈴波蓑毛

DSCF6392
銀鈴波蓑毛 乾式毛鉤

写真にすると判り辛いのが悲しい

DSCF6394
銀鈴波蓑毛 乾式毛鉤

透き通ったダングリズリーの様な蓑毛と思っていただければ

DSCF6393
銀鈴波蓑毛 乾式毛鉤

大振りな逆さ毛鉤と違い誘いも無い
流れの水面に乗せて瀬筋を線と捉えて自然に流す

日本の各地各様で様々な釣法

釣圧が高まれば普段使いの11号を6~7号にサイズを落とす
錘で沈めるし毛鉤と掛け針(空針)仕掛けも有るし
乾式毛鉤も昔から有る在来の釣り方
和式毛鉤は水面下だけでは無い愉しみ

明治末期から大正時代
九頭竜川支流、石徹白川本流を漁場にした伝統毛鉤

DSCF6396
石徹白川本流 職漁師毛鉤

同じくキツネ型鮎掛け針7号に
胴は黒の木綿糸一重で軽く巻き上げる
蛇口側に白笹種の裏側を向けて巻いた毛鉤
(蓑毛を胴から腰にかけて逆巻きした蓑毛)

以下爺の戯言 ————————-

毛鉤蓑毛の色
名称 様々・・・矮鶏・軍鶏・地鶏

赤笹、白笹、猩々、五色、桂、浅黄、銀鈴波、金鈴波、黒、
碁石、桜碁石、三色碁石、淡毛猩々、加比丹猩々、浅葱 等々
(赤笹種でも黒色ベース・キジ色ベース・淡赤ベースも有るし変異も多い)
浅葱ともなれば青味が残るダークブルーダン
・・・新しい羽色として純白色種も有る
英国と同じく、茶色をブラウンとせず赤なり猩々とする言い習わし
矮鶏・軍鶏・地鶏を守る愛鳥家からすればその愛する鳥の
首根っこをひっ捕まえて首毛を毟り取る毛鉤釣り師は仇かもしれない
それも大事に育てた老齢の白髪入ともなれば尚更・・・
単色の白・黒・茶で終わらず(そもそも単色は少数)
透けとか斑とか芯黒先黒とか胡麻とか絣とか
渓に合わせ対象魚に合わせ、自身の好みに合わせ
英式ドライフライハックルとも考えが近いし
毛鉤の蓑毛色の選択は今より広かったと感じる
勿論、O.E.Gに比べて云々とかの優劣では無く
それだけ昔から和式毛鉤の蓑毛には拘りが有ったのは事実
・・・
採卵用白色レグホンが鶏の代名詞になったのは最近の事

Whether Japanese people who introduced “tenkara” abroad are recognized in Japan just like overseas is a difficult problem

Whether or not those people have knowledge about “Kebari” is more difficult

広告

毛鉤の迷宮

毛鉤の迷宮は愉しい

フライでは良く言われることですが
和式毛鉤でも様々な試行錯誤が行われ
それが個人の當針になりその地域の独自な毛鉤へ
・・・田舎通信の凄さは実感しています
そこに今なら
新しい材料も有れば古くからの素材も有る
それらを組み合わせ、自分の釣りと景色に合わせる

蓑毛に拘り、胴に拘る
Partridge Hook TS2ST #12 Tenkara-Kebari

DSCF6379
毛鉤の迷宮
DSCF6380
毛鉤の迷宮

これも試行錯誤の愉しみ

DSCF6387
毛鉤の迷宮

山繭胴フライパターン

DSCF5472
山繭胴 ハーフストーン 他

巻いた毛鉤の多くは海外の友人に贈り物として届けました
米国は勿論、西欧から東欧、北欧・・・
これも実物の毛鉤を見ていない方にサイズ感と素材を見て頂くため
フライに嵌り込んだ時期に調べてみても本では判らない
結局、現地で使われている個人の方にフライを見せて頂くのが一番
景色も違えば水色も違うし何より対象魚が違う
けれど実釣で使われたフライは写真では判らない
隠された知識と経験の産物を実物で教えて頂きました
感謝の気持と手前勝手な恩返し
毛鉤もフライも迷宮入りは愉しい(笑)

色の数は欲望の数・・・毛鉤曼荼羅

DSCF5460
・・・今はもっとイヤらしく色を山繭で隠します

以下 満月様との勝手なコラボです ———————

山繭と精製された繭糸の違い
上段が山繭で下段が同じ染料で染めた繭糸

DSCF6384
山繭と精製された繭糸の違い

均一な繊維と径の家蚕と不均一な径と太さの野生の山繭
太さも違いますが輝きは、やはり違いが出ます

同様に、ウェットフライで使われるシールズファーと獣毛の違い
上段はシールズファー、下段はその他獣毛と化繊の混合

DSCF6382
シールズファーとその他獣毛と化繊の違い

勿論、素材は適材適所
それを使いこなす楽しみが有ります
それでも和式毛鉤なら「身土不二」まで愉しめます
山繭・ゼンマイだけでなく蓑毛の多くは地元の狩猟鳥を利用しています

これで釣れるのかと言われましても、
そんな難しい事は魚に聞くしかありません

付記
この暖かさでフジ林檎の色付きが悪くジタバタしておりました
そこに「ミツカン水の文化センター事務局」様より贈り物!

DSCF6388
ミツカン水の文化
DSCF6389
ミツカン水の文化センター

丁寧なご挨拶文も添えられて創刊号から60号まで
・・・しっかりとした重さも伴って受け承りました
「ミツカン水の文化センター事務局」様 感謝申し上げます

水の上流域に住んで居るものとして九頭竜神信仰を含め
林野庁の里山創生事業「黒姫メディカルトレーナー」等
里山整備に参加させていただいておりました

幼少の頃の安曇野では川に向けて小便をするなと・・・
どうしても川近くなら背を向けて
「川の神様、ごめん、ごめん、ごめん」と
三度、唱えろと言われておりました(笑)

古老より常々言われていた言葉
「上州の衆には足向けて寝られねえんだ。」
浅間山噴火に続く天明の飢饉の折
火砕流に土石流にて数多くの信州人が流されました
下流の上州の方々によって手厚く埋葬されたと聞いております
口減らしでは無く、我が子すら・・・それでも
天明の飢饉には大秋山郷はじめ各山村は消滅
平地でも天候不順による飢饉により餓死者が続出した時代です
そんな時代背景の話は過去の話で済むものでは有りません
此処でもその当時の教訓で「米は3年分、倉に備えよ」とされ
それが自然と習慣化されて未だ自家米の新米を食べた事が有りません
・・・さすがに今なら三年分はですが、それでも二年分位は・・・
今、行っている百姓も出来れば循環型と思い
「アファス」有機栽培行程管理者等の資格なり講習会等
有機栽培を行っていますが形だけで無く、と思います
例え耕作地用除草剤でもカボチャのツルは三年経っても
撒いたところには伸びません
同じく認められた有機肥料でも過分な物は苦みが出ます
かと言って・・・これも試行錯誤の連続です(笑)

追記
ミツカン水の文化センター事務局発行
「水の文化」で一番人気 59号 PDF資料

mizu59

ナメコの収穫

先日は竿納めも無事済みましたので
本日は山にナメコ採り !

初冬を実感します

20181116_124900
ナメコ採り

こんな処を登ります

20181116_120444
ナメコ採り

昔の樵道です
この奥に炭焼き小屋が嘗て在り、崩れかけた釜が残ります
春先に行くと釜の入り口に熊の毛が着いていたりします

20181116_121531
ナメコ採り

狙いのナメコが有りました

20181116_112800
ナメコ採り

あちらこちらに・・・葉が落ちて、明るい陽射しの中で光ります

20181116_122519
ナメコ採り

こちらはクリタケです

20181116_122224
クリタケ

クリタケは写真だけ撮ってナメコを探します
ジャングルジムの様に木々の間を抜けていきます

20181116_122514
ナメコ採り

ナメコは豊富です

20181116_115453
ナメコ採り

夢中で探し回っていると魚籠鳴りが出だしましたので帰ります
「足るを知る」なんて高尚な話でなく
これ以上採ったら後の洗いが大変です
山の物は食べられるまで手が掛かります

途中、まだ傘が開いていないナメコが有りました

20181116_113158
ナメコ採り

登りがてらに買った、まだ温かい缶コーヒーを一口飲んで帰ります
ほんの一時間程度ですが雪が降る前の年中行事です

源流域が眼下に見えます

20181116_125341
ナメコ採り

岩魚も住んでいますが私も住んでいます(笑)

 

Saigawa Autumn Dun Ⅱ

Saigawa Autumn Dun Ⅱ・・・Double Soft-Hackle

ウェットフライに使った絹の
ほんの少しの違いです

DSCF6367
Saigawa Autumn Dun Ⅱ

左側 ー 家蚕  中央 ー 化繊  右側 ー 山繭

絹穴糸に家蚕と山繭を撚り込んで
全く同じに巻いてあります
(家蚕の糸は精製されています)
家蚕は繊維の細さで上品に纏まり
・・・ミッジサイズに最適(鮎バケ?)
山繭は繊維の太さも有って無骨な仕上がりです
・・・通常の毛鉤&フライ
どちらも濡れると摘まめばつぶれそうです

ダビング材の化繊は単体では綺麗ですが
比べてみると違いが出ます

素材は適材適所とは申しますが・・・

以下爺の戯言 ——————

手内職仕事の輸出用フライ作りを見てからともなれば
半世紀を優に超す、毛鉤&フライとのお付き合いですが
作った毛鉤もフライも
虫に始まり虫で終わりそうです

その当時に見様見真似で作ったフライも
一緒に納品しましたから
今、お付き合い頂いている米国の方々の爺様方が
もしかすればお使い頂いたかもしれません(笑)

Saigawa Autumn Dun

Saigawa Autumn Dun

20181114_101906
犀川本流 11月14日

Saigawa Autumn Dun バフ色にサイズは♯14

Halford’s Autumn Dun ならぬ犀川本流カゲロウ

DSCF6360

ルアーの方達3名が釣り下った後

ハクセキレイが水面を飛び回りだすのを暫く待つ

ライズする虹鱒や茶色鱒が見られるのはその後

年によって羽化の増減は有るけれど、この時期の愉しみ

同じ種類のカゲロウでも単一のバフ色だけでなく

所々、薄い黄色や薄いオレンジを纏うものも居る

本年、最後の釣行になるかもしれないので

竹竿を持ち出して・・・

DSCF6364
ハーディー社 ワイ 11F

St.ジョージ 33/4にシルクラインDT7

ハーディー社ワイ11F ならシングルハンドとしても使えます

ドライフライ&ウェットフライ

DSCF6362
Saigawa Autumn Dun

ウェットフライのSF11♯10のポイントが少し開き気味

充分にそれだけ楽しめました

山繭ボディが犀川の流れに洗われて尚更、輝いています(笑)

以下爺の戯言 ——————————————–

今迄、比べたことが有りませんでしたが

案外とハックルドライフライは丈夫です

相手が30㎝前後の茶色鱒だったからかもしれません

パートリッジ社のコードBはだいぶ前に廃番ですが

本流で大型を相手にした時の信頼感は素晴らしいです

軸の太さはTMC3761程度で捻り入りのアップアイフック

英式ハックルドライフライ

英式ハックルドライフライ

単純なパターンともされるし
過去の遺物とも言われるパターン
・・・でも勿体なさ過ぎ

毛鉤の蓑毛と同じくハックルに拘るフライ
ハックルに色は有るのですが
巻き上げると、その透明感で輝くだけです

DSCF6358
英式ハックルドライフライ

重い鈎を浮かべる為に米式よりオーバーハックル

DSCF6353
英式ハックルドライフライ

水面に浮かべると

DSCF6354
英式ハックルドライフライ

角度を変えて・・・影の形が魚から見た姿かもしれない

DSCF6356
英式ハックルドライフライ

今風、フッ素系とかのフロータント剤では無くても
テールの先とハックルでバランス良く浮かぶし
アップアイによりティペットの影とフライを分離できる
動物系と言われる赤ミューシュリンなり
ダックオイル等で浮力処理すればその油分で
ハックルとテールの透明感も更に増します
勿論、水面の流れにこのまま浮かぶ訳では有りませんが
過去のパターンにはそれなりの訳が有ります
ハックルの煌めきと景色に馴染む存在感を楽しみます
オーバーハックルが水面でダンにも・・・
シンプルだからこそフォルスキャストで乾きも早いし
掛けた魚のヌメリも残りません
英国ライトウェイトスポーツカーと同じく
素材と軽さが命です

以下爺の戯言 ————————

魚からの角度によっても変わりますが
ドライフライにとってティペットの動く影は致命的
アップアイはフライとティペットの影を少しでも離せます
その為、太いティペットを使えます
犀川本流の虹鱒やブラウンに対しても余裕が持てます(笑)

今迄集めた羽根を今のジェネティックハックルと見比べています
その当時には張りの強さを感じたメッツですら透明感が有り
とてもしなやかで裏面にも艶が溢れます・・・
表面の発色の良さは裏面の不透明な白に支えられている
今の物は別物になったと感じています、残念です。

追記 ————————
箪笥3棹のハックルコレクター様へ見学に行ってきました
結論から申し上げますと1987年迄は裏も艶々のピカピカでした。
・・・それ以降は透明感の違いを感じて買っていないそうです
勿論、厳選されたハックルばかりですから違いは有るかもしれません。
金属質とまではいきませんがメッツのジェネティックハックルでも
ブルーの色が鮮やかに出るミディアムブルーダンも有りましたし
コッキーやら斑入りのグリーンウェルに・・・目の保養になりました
古いパートリッジ社のフックも㎏単位ですから
今後の事が他人事ながら心配になります(笑)

山繭胴テンカラ毛鉤

山繭胴毛鉤の楽しみ・・・伝承の一つ

DSCF6349
山繭胴毛鉤

手縫い絹穴糸9号・16号各色に

DSCF5485
手縫い絹穴糸9号各色

山繭の繊維を撚り付けます

DSCF6345
山繭胴毛鉤

自家製ツイストワイヤーでタグとリブ

DSCF6346
山繭胴毛鉤

使い易いように巻紙からボビンに巻き替えています

DSCF6348
山繭胴毛鉤

撚り込んだ絹糸の色が濡れると出ます

DSCF6347
山繭胴テンカラ毛鉤

写真ですと、ただの白い毛鉤に見えますが
先回のハックル編と同じく真価は隠されています
絹穴糸は当然ですが
山住ならゼンマイも山繭も身近な存在です
身近なその素材の持ち味を生かす方法が伝承かと・・・

DSCF6351
山繭胴毛鉤の楽しみ

濡れると透けるその素材を生かし
金糸銀糸を下巻きにしたり
ローパスバチックで染めてみたり
野生の繭だからこそ持つ繊維の太さは
水中での茫洋感とその煌めきを生みます
濡れると締まる繭素材ならではの性質は
繊維の長さも伴って丈夫さにも繋がります
生れ出た空繭を使う縁起物でも有るし
何より豊かな山からの贈り物

以下爺の戯言 ——————————
パートリッジ社 TS2ST
島崎氏監修フローティングニンフフック

DSCF6350
パートリッジ社 TS2ST & K12ST

今の品番なら K14A short shank
又はロングシャンクのK12ST

テンカラ毛鉤用にデザインされた物では有りませんが
テンカラ毛鉤の定番、キツネ型又はマルセイゴ鈎型

鱒鈎に似た形でも有りますが
それ以上に、軸の太さとデザインのバランスが堪りません
K12STにはGRSタイプ(グレイシャドー)も有りました
・・・滑りの良い銀鼠色のコーティング
当時は25本入り700円、100本入り2600円
今の価格とは比べ物になりません(笑)

フラットティンセル小技編

フラットティンセル小技編
・・・タイイングシーズン開始に向けて

近所の釣具屋さんには最早、素材自体が有りません
苦肉の策とは言いながらこれで良いのではと
・・・額装用では無くあくまでも実釣用です
フラットティンセル代わりに厚手アルミダクトテープ
耐熱・耐光性に耐水性と性能は溢れます
・・・そこに接着性も!艶有りも有ります!
何より、厚手素材なのでエンボス加工も手軽です

DSCF6326
フラットティンセル 代わりのアルミダクトテープ

ステン・テープも有りますが硬すぎて加工性に難有かもしれません
手芸屋さんにホームセンターに百均・・・

DSCF6327
フラットティンセル 代わりのアルミダクトテープ シルバー

はたまたゴールド
マッキーで着色後、色止めにヘッドセメント

DSCF6331
フラットティンセル 代わりのアルミダクトテープ ゴールド

使用編ですが・・・銅色

DSCF6333
フラットティンセル 代わりのアルミダクトテープ

リブに合わせて、切る幅は自由自在

付記 ————————————
自家製ツイスト・ワイヤーティンセルと組み合わせると

見る角度によってギラギラします

DSCF6332
ストリーマー

嫌らしさ満開の仕上がりです

ドライフライ・ハックルⅡ

ドライフライ・ハックルⅡ

英式ドライフライは
オールドイングリッシュゲームコックが要とは書いたものの
ジェネティックハックルすら置いていない釣具店の現状では
無い物ねだりが癖にもなりそうなのと稚拙な文章ばかりでは
ご理解頂けないかもしれないので
写真に撮ったと言っても伝えきれないもどかしさは有ります

DSCF6314
英式ドライフライ Ⅱ

ジェネティックハックルの各種・・・ネックとサドル
表の色表記は何れも「バジャー」
注目していただきたいのが表裏で並べた各裏面の色の違い
マットな白の羽根と地色が抜けて透き通る羽根

巻いたフライで見て頂ければ
テールは裏面が白い物
ハックルの方は裏面が透き通る物
(裏面が白い物も白さが少ない羽根を選んだ羽根)
オーバーハックル気味に巻いてもハックル其の物が目立たない

上から

DSCF6316
英式ドライフライ

横から

DSCF6322
英式ドライフライ

魚から見た時にハックルは足なのか飛翔用の羽根なのか
それとも命の煌めきなのか・・・
フェザーウィングでも無いしハックルがOEGでもないけれど
フライのハックルは命の煌めきを顕わしていると思いたい