フラットティンセル小技編

フラットティンセル小技編
・・・タイイングシーズン開始に向けて

近所の釣具屋さんには最早、素材自体が有りません
苦肉の策とは言いながらこれで良いのではと
・・・額装用では無くあくまでも実釣用です
フラットティンセル代わりに厚手アルミダクトテープ
耐熱・耐光性に耐水性と性能は溢れます
・・・そこに接着性も!艶有りも有ります!
何より、厚手素材なのでエンボス加工も手軽です

DSCF6326
フラットティンセル 代わりのアルミダクトテープ

ステン・テープも有りますが硬すぎて加工性に難有かもしれません
手芸屋さんにホームセンターに百均・・・

DSCF6327
フラットティンセル 代わりのアルミダクトテープ シルバー

はたまたゴールド
マッキーで着色後、色止めにヘッドセメント

DSCF6331
フラットティンセル 代わりのアルミダクトテープ ゴールド

使用編ですが・・・銅色

DSCF6333
フラットティンセル 代わりのアルミダクトテープ

リブに合わせて、切る幅は自由自在

付記 ————————————
自家製ツイスト・ワイヤーティンセルと組み合わせると

見る角度によってギラギラします

DSCF6332
ストリーマー

嫌らしさ満開の仕上がりです

フラットティンセル小技編” への2件のフィードバック

  1. このフライの悪魔のような嫌らしさが、渓魚に口を使わせるのでしょうね。
    ダクトテープですか。
    身の回りには素材が溢れているのかもしれません。
    私も手芸屋さんに行くと楽しくなります。
    そう考えるとホームセンターや100均も素材の宝庫かもしれません(笑)

    いいね

    1. おはようございます、ルアーを作っている方からダクトテープを教わりました。
      余り皆様が使わない色の組み合わせも犀川本流の様に人気河川では効果を感じます、警戒している魚には良いのかもしれません(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください