温故知新

Oliver Kite・・・オリバー・カイト

Oliver_Kite_grave_Netheravon
Oliver Kite・・・オリバー・カイト

チョークストリームの先達
Kite’s dry fly patternsの考案者
Kite’s Imperial
Kite’s Sepia Dun
Kite’s Apricot Spinner
Kite’s Pale Evening Dun ・・・
友人のFrank SawyerがPTNを作成する際に開発したテクニック
・・・アブドメンの材料をソラックスで二重にする

フローティング・ドライフライのデザイン
・・・この言い回しには訳が有ります
Kite’s Hawthorn Fly

DSCF6402
Kite’s Hawthorn Fly

フック・・・#13または14
スレッド・・・ブラック
ボディー・・・ピーコックハール
ハックル・・・ブラックコックハックル
リブ・・・ファインゴールドワイヤー

ハックルは和製R.I.R・・・軍鶏(写真では赤味が強く出ました)
ロードアイランドレッド(Rhode Island Red)

Kite’s Sedge Fly

DSCF6403
Kite’s Sedge Fly

フック・・・#12または14
スレッド・・・ブラウン
ボディ・・・フェザントテール
ハックル・・・ロードアイランドレッド

・・・作例はハニーダンの斑入り

日本の川に合わせてみました・・・

DSCF6408
Hawthorn Fly & Sedge Fly

小さいサイズなら、まるでGriffith’s Gnat ・・・
Created by George Griffith, a founder of Trout Unlimited.

雪が舞う長野ではタイイングシーズン真っ最中です
・・・Sai-river spinnerを添えてみました
DSCF6409

Frederic Halford(Fred Hyam)
・・・Test and Itchen the high priest of dry fly purism

FLOATING FLIES AND HOW TO DRESS THEM1886より

platevii-halford
ドライフライの一遍

GEM SkuesとFrederic Halfordの論争は
友としてでなく、お互いの立場を踏まえての論争であるし
Frederic Halfordの死後、ドライフライ純粋主義者がGEM Skuesに
論争を吹き掛けたところで相手にもされないだろう・・・
スキューズニンフはドライフライであるとした考えまで及ぶと興味深い

実際にハルフォードが説くドライフライは水面上なのか
もしかすれば沈みはしなくとも水面に絡めた釣り方ではと・・・?
ハルフォードが重厚なハーディー竿を手にし
スキューズが軽快なレオナード竿で新たな釣りを描く

George Edward MacKenzie Skues
・・・“Minor Tactics of the Chalk Stream” in 1910
マイナーと名付ける辺りが考え深い

The Way of a Trout with the Fly 1921年発刊より

gem-skues-3
en.wikipedia.org より

1917年の春 Lunn’s Particlularが発表される

GEM Skuesの水面下での釣りに影響を受けて
1950年代にFrank Sawyerが自身のSawyer’s Nymphを考案する

GEM Skues ‘Pheasant Tail Red Spinner’と
Frank Sawyer’ Pheasant Tail Red Spinner’が面白い・・・

英国のtraditional trout flyをどの年代で楽しむかは
ジョージセルウィンマリヤットやフランシス・フランシスに手解きを受けた
イギリスの外相・エドワード・グレイ氏なら判っているかもしれない
・・・
自分の趣味については控えめであるべきだ。
どこでそれを語るにしても、語る喜びを大切な宝物のように扱い、
いくら催促されても、全部をとことんまでさらけ出すべきではない。
・・・エドワード・グレイ「フライ・フィッシング」(西園寺公一訳)

これらの名士が愛したイッチェン川なりテスト川
ハーディー・イッチェン竿やホートン竿を握りしめて想うしか手立てが無い
戦前型が一番とするハーディー愛好家の好みは理解しても
自身の好みなら1950年代が実釣で楽しめる限界
しかし、フライの話は英語と片仮名だらけで頭が痛くなる(笑)

ご参考までに

Fly Fishing (1955)

古い西洋竿の説明

 

フィギュアエイトにプリースト・・・

 

Oliver Kite・・・”Kites Country”

A day on the Itchen

・・・一度、著作権の問題で削除されていました

英国式FF釣法

 

以下爺の戯言 —————

今迄、時代にそぐわないであろう古いパターンや
過去の素材の説明を繰り返してきたのも
ジェネティックハックルを始め新素材の開発は進み
毛鉤とフライの世界も最先端技術の賜物かもしれない時代だからこそ
強靭で細い針素はそれだけでもはや、釣人の勝利を招いている
サイズ#32のフライフックともなれば使う世界は限られるだろうが
究極の産物かもしれない・・・

自身の毛鉤もサイズ10号程から始まりはしたが
釣圧が高まれば6~7号に落とし
蓑毛を薄く、胴も細身にする
フライも#13が小さいサイズと感じていたら
いつの間にやら定番が♯15程度と小型化が進む
もはやハッチマッチ云々をフライの小型化が凌駕する
スタンダードパターンからパラシュートパターンへ
果てはテールも無くしたクリンクハマータイプ(KlinkhåmerSpecial)
煌びやかな化繊の束にリアルなニンフパターンの世界が広がる

明治時代に洋式フライと和式毛鉤の融合を模索した先達の言葉
東京銀座1丁目にあった針店「みすや針」店主 中村利吉氏

農商務省水産局の日本水産捕採誌 (1886年)中村利吉氏編より

第一節 鉤 ・・・より抜粋

或る説に蚊鉤は魚類の常に嗜好する真の羽蟲に擬造するに非ざれば効用少し、故に蚊鉤を製作するには其羽蟲の真に迫るものを製するに勉むと云へり。然れども此の説たる非なり。何んとなれば如何に精力を尽すとも真物と同しきものは容易に製出し得べきにあらず。若し真に擬して真を失うたるものは魚其真ならざるを看破して鉤に罹らず。故に強て真物に擬せんとするは是れ労して効なきなり。況や蚊鉤は其羽蟲を見て忽然之を食むか如きの魚を釣るに利ありて羽蟲の真偽を選むが如き余裕ある魚を釣るに利あらざるものに於てをや。夫れ斯の如くなるを以て蚊鉤は其形何の蟲とも名状し難き異様のものを以て却て宜しとす。現に釣漁の盛んにして製造者も熟練せる地の擬蟲鉤を見るに真の蟲の如くに作りたるものはあらざるなり。欧米諸国似ても亦種々の疑似鉤を用う。皆美麗なる羽毛を以て蟲形に擬したるものなり。然れども亦未だ真に迫るが如き製作のものあらず。而して之を実際に用ゆるに其彩色燦然たる美麗のものよりも強て外観を衒わざるもの却て利あるが如し。而して是等擬餌鉤の中本邦にては用ゆることなき大形なるものあり。鮭・鱒等を釣るに用うるものなり。此の種の魚は本邦にては釣獲すること至て稀なるが故に本邦にして初めて是等の鉤を一見する者は恐らくは奇異の観をなすならん。欧米人は之を「ポケツト」に納れ漁場に携うるが故に其形を扁平に作りたるもの多し。

先駆者・先覚者・研究者・釣人 全ての面での先達

別の視点から・・・

As Edmund Burke said
‘Those who don’t know history are destined to repeat it.’

・・・崇高と美の観念の起原・・・

騎士道の時代は去った
取って代わったのは詭弁家、経済学者、打算家たちの時代

チェルノブル・アントからチェコニンフ
今は生々しいリアルなニンフフライ・・・
ウェットフライにおいても煌めく化繊の束・・・
その時代々に変遷は有ったにせよ
昔の毛鉤愛好家にとっては
これは敗北ではなかろうかと思う

その中で今、
猛然と温故知新の波がウェブの世界で広がっています
凄い時代になったものだと感謝するしかありません

広告

温故知新” への12件のフィードバック

  1. 教えていただいた。
    「自分の趣味については控えめであるべきだ。どこでそれを語るにしても、語る喜びを大切な宝物のように扱い、いくら催促されても、全部をとことんまでさらけ出すべきではない。」
    確かに・・・
    それが生涯「釣り」を楽しむ秘訣かもしれませんね。

    いいね

    1. こちらこそありがとうございます、鮎たわけ様に教えて頂いたように「有りのままに伝える」事と思っています。独りよがりの間違いは確実に有るでしょうがそれでも読んでいただいた方から知識と経験を教えて頂けるのがとてもかけがえのない物となっています。

      いいね

  2. フライフィッシング…始めた頃はとてもエキゾチックな魅力がありました。
    書籍はあっても情報量は今とは違うし、ちょっとピンズレしていたり、もちろん動画などもなく…
    キャスティングにしても、チャンドラーやジム・ハーディー、メル・クリーガーなど本場のプロのレッスンに参加しないことにはホンモノの一級情報に触れることができなかった…
    テンカラ釣りに至っては、これまた秘伝、奥義の世界で、深山幽谷の神秘のベールの向こうの世界…
    こうした世界の中に分け入っていくための手間は大変なものでしたが、その面白さは格別で、今のように膨大な資料や動画がパソコンで選り取り見取り、ワンクリックで必要な道具一式が翌日には自宅に届くなんて時代が来るとは、当時は考えもつきませんでした。
    こんなことを言うなんて、すっかり爺になった証拠ですね(笑)
    かつては最大の情報源だった釣り雑誌、気が付けばもう何年も購入していません。
    でも、釣りの楽しみは、今後も、生涯を通じて膨らみ続けていくに違いないと感じています。
    そして、時空を超えて?こういう対話ができるネット社会の到来にも、大いに感謝しています。

    いいね

    1. FF釣法が一般化されるまで色々な試行錯誤がとても楽しく、勘違いなんて何時もの話で信じていた物が足元から崩れたり、自問自答を繰り返したりと釣りとは違う意味での好奇心を満たされる楽しい過程では有りました。周りを見てみる余裕が出た今、ジェネティックハックルの件と同様に昔を知っているからこその事柄が増えてきた様もに思います。確かに爺になったからだとは思いますが、ゆっくりと物事の本質に近づく(漸近自然)を今は楽しんでいます。

      いいね

  3. フライや毛鉤の絵や写真が出ていても、流し方の一番知りたい部分が書かれていないのがきもかもしれません。郡上アマゴ釣りの原点 柴田 勇治 この本を手に入れて読んでみたのですが、酒井 与三五郎さんの所でテンカラについての文があったのですが毛鉤の写真はおろか、かなり適当に書かれてありました。残念。中村 利吉さんの文も読んでいて、日本語なのに、理解できない部分が沢山あります。難しいです。松茸取のじいさまが息子身内にも取れるところを教えないのと一緒なのか?はたまた本を書いた人はコッソリ聞いておきながら文面に書かなかったのか。毛鉤やフライの流し方には全く興味がなかったのか。謎が沢山出てきます。

    いいね

    1. 確かに!自分で写真を撮っていても反射光で色が上手く出ません。同様に文章だけでも伝えられない部分が沢山出てまいります。テンカラでも沈め釣り(餌釣りと同様)、浮かせ釣り(ドライフライと同様)流し釣り(ウェットフライと同様)等、個々人の部分が出てまいりますので総合すると却って難しいでしょうし、好みが有っても渓と魚の状況に合わせて釣り方すら臨機応変ですから尚更です。テンカラの場合なら長い竿の利点を生かして流れを跨ぎ、水の中でも水面でも基本は、ラインを水面に浮かべ無い、脈釣りと自分では思っております。

      いいね

      1. 日本のテンカラらしいどの国にもやれていない毛鉤の操作など海外の方にも理解して頂ければ、この毛バリアンドフライブログも日本のテンカラもさらに注目されるのではないかと思っています。私が購入した郡上釣り アマゴ釣りの原点という本も私が知りたかった部分で書かれていないこともありましたが、郡上の職漁師さんたちは、肩で風を切って歩いているかたぶつのおじさんたちではなく、大好きな釣りで飯を食っていけた幸せな気さくなおじさんたちであったことが良く分かります。努力を惜しまず、魚のつき場や動きまで調べておられるのには感心せざるおえません。読んだことのない方は手に入れて読む価値ありです。

        いいね

      2. 毛鉤釣りがテンカラとなりtenkaraとして海外で認知され出したのが今から10年前です。一部にはtenkara純粋主義者が生まれ、又商業ベースにも流れましたがそれは、日本でFF釣法が理解され出した時と重なります。今なら個人のブログなりフォーラムが有りますので情報共有はそれこそ瞬時です。彼の地からは、今迄学んだことと違うので反発も有りますがそれでも徐々に理解され始めてきました。釣雑誌は勿論ですが個人の知識と経験なんて僅かな物ですが、断片であっても繋ぎ合わせれば確かなものに近づいていきます。土着の毛鉤釣りに個人の秘儀なり奥義は有るかもしれませんが幻では有りませんし、自分が出会った爺様達も頑固では有りましたが自然を敬い渓魚を大事にしていました。中には焼いた岩魚を頭の先から尻尾まで食べる自分の食べ方を気に入って可愛がってくれた爺様は何人もいらっしゃいました。

        いいね

  4. ブログ、拝見しました。
    スキューズ、ソーヤーの名前が出てきて、うれしいです。ソーヤーさんのファンです。
    来年は、ニンフの釣りをメインにしようかと、ちょうど考えていました。
    コパーワイヤーを巻いたソーヤーズニンフや、鉛線を巻いたヘアーズイヤーで、水中を自然に流し込んでみようと思います。なるべくシンプルな仕掛けで、インジケーターや目印代わりのドロッパーを使わずに、どうしたらアタリがとれるか? を追求したいです。
    ソーヤーさんは、湧き水の平坦な川の釣りで、まず魚を見つけてから、合わせも魚がフライに食いつく動作を見ながらというサイトフィッシングなので、そのまま日本の渓流で応用は、むずかしそうです。
    ぼんやりとですが、古式ゆかしい黒鯛釣りの、フカセ釣りや落とし込み釣りに手掛かりがありそうで、短い竿で、ウキや目印を使わず、糸をたるませながら自然に沈下させて、食わせた時に合わせる、という仕掛けも釣り方もシンプルなのですが、どう操作したら渓流の速い流れと遅い流れの流速差、反転流などに対処できるか、じっくりと試したいです。(と言っても、ドライフライで釣れるシーズンになれば、やはりドライフライになってしまいそうですが…….)

    いいね

    1. コメントありがとうございます、自身の頭の整理を兼ねた拙文で申し訳ございません。毛鉤とフライの基本とは何かと考える時、過去の例を探してみるのがやはり、ためになります。皆様がご存知の話を書き綴り、赤面するような話を繰り返すご無礼をお許しください。本を漁っても、説明されても、実釣に同行しても自身が納得できる迄ともなりますと、まだまだ判らないことだらけです。ハックルの件でも当時、色は煤けてストークは癖の有る、それでいて柔らかい(今のヘンネックの様)、そんな今となれば貴重品に対して、何故もっと理解できなかったのかと思い返しています。魚の数を足で稼げなくなった今ならじっくりと味わえます(笑)

      いいね

      1. L.R.Hさんの解説するハックルの種類による効果のちがいは、私も体験しました。
        流れのゆるいプールでのライズ狙いの時、いつものエルクヘアカディスを使っていて、何度か合わせを失敗しているうちに反応が悪くなったのですが、フライサイズもそのままで、ハックルだけを柔らかいブルーダンで巻いたエルクヘアカディスにしたところ、あっさりと喰ってきました。
        それ以来、CDCなどのマッチザハッチパターンを使う前に、エルクヘアカディス、パラシュート、ウルフなど、獣毛で浮きやすいウイングと、ブルーダンの柔らかいハックルを組合せたフライを使うようになりました。
        イブニングライズの時、雑誌などで紹介されているマッチザハッチパターンは、あまりに見えづらい上に、濡れて沈みやすく、最も大事な時間に、暗い中でフライをひんぱんに交換しなくてはならないというイライラに悩まされてきました。
        細くて柔らかいファイバーのハックルは、そのイライラから解放してくれる処方箋になりました。

        いいね

      2. ご訪問並びにコメントを頂きありがとうございます。アイカザイムなり日本へ紹介したCDC仕掛人である宮﨑泰二郎さんなり、当時は衝撃的な記事と水面でのフライの佇まいでしたが何か意図的な記事ばかりが目に付く有様だったと思い返します。確か、日本のみならず米国にもCDC旋風を巻き起こしたとまで書かれてはおりましたがその実、フランスなりイギリスでの扱いは今更なんでCDCなの?という冷淡な物でした。今また、今度はCDCパターンがイギリスでもてはやされていますが、今度はこちらが今更・・・?流行りの不思議な巡り合わせと思っております。実釣的には気持ちの抑え処、ラストホープ的な若しくは伝家の宝刀並みの扱いが一番似合っていると思います。使い処が肝心で、出したらお終いです(笑)  オリバーケイト A day on the Itchenの動画ですがこれが生前最後の映像でこの数日後にテスト川湖畔にて48歳の短くとも実り多かったであろう生涯を終えました。川の再生方法等を各河川のギリー達へ持ちかける程の情熱溢れる方で実際に賛同を得て活動を行ってもいました。ソーヤー氏とも友人関係を持ちジョンブル魂の持ち主らしくそれが独特なウィングケース附きKite’s dry fly patternsを生み出したのではと、勝手ながら思っております。又、今風のマッチザハッチをフライの小型化で凌ぐ、云々は少し可笑しな方法へ流れているかもしれません。長文失礼致しました。

        いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください