2019 狩猟鳥利用毛鉤

2019 狩猟鳥利用毛鉤・・・コガモの利用方法

狩猟シーズン真盛り・・・でも
寂しい事に高齢化が進み川鵜を追い払う
銃声すらしない今シーズンでは有ります

2018年に戴いた「コガモ」
丹精込めた処理方法が素晴らしいです

DSCF5396
狩猟鳥利用 コガモ

腹側の白い胸毛は染色をしてウェットフライに使い
今回はバックフェザーを使ったソフトハックル毛鉤
・・・狩猟鳥は余すところなく使えます

素材は胴に絹糸、ソラックスに山繭

dscf6518
ソフトハックル毛鉤

鈎は TMC111 #14

dscf6516
TMC111 #14

ソフトハックル毛鉤

dscf6514
ソフトハックル毛鉤

ソフトハックル毛鉤 各種色違い

dscf6519
ソフトハックル毛鉤

North Country Spiders? Spider Variants or Soft Hackles?

フリンフの概念である1971年の資料をご参考までに
PDF資料です

vernon_hidy

広告

2019 狩猟鳥利用毛鉤” への4件のフィードバック

  1. コガモのコンプリート・・・
    1匹あれば様々な想像力が湧いてきて、ずいぶん楽しめそうですね(笑)

    いいね

    1. 鮎たわけ様 コメントありがとうございます。
      戴いた命ですから充分に活用しています、想像力に腕が及びません(笑)

      いいね

    1. 満月様 コメントありがとうございます。
      ふっくらとしてハックルとは違った感触に癒されます
      コガモ定番のウェットフライにも有名処が沢山有ります

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください