The Black Pennell 

The Black Pennell
・・・ブラックペンネルウェットフライ

The Black Pennell is a traditional English wet fly.
The pattern was originated by
Henry Cholmondeley Pennel (1837-1913)

黒のハックルに黒のボディ
タグ&リブにシルバーティンセル
テールにゴールデンティペット又はトッピング

dscf6563
The Black Pennell

・・・ボディの素材として烏を使うものも有る
ピーコックハールは湖水釣りに最適とか・・・

DSCF5109
The Black Pennell

ペンネルフライのバリエーション・・・The Pennell Family
ボディの色違い
Yellow Pennell・・・yellow silk body
Green Pennell・・・green silk body
Red Pennell・・・red wool body
Claret Pennell・・・claret yarn body
Silver Pennell・・・Flat silver tinsel
ボディのドレッシングによる違い
“Irish Black Pennell“ and “spider style”

リバーウェットにロッホフライ
#4~6のHooksならシートラウトにサーモン用

dscf6568
The Black Pennell

ソラックス部にピーコックハールを巻き添えて
#18~20なら定番のミッジ

Hutch’s Pennell
ボディ素材をピーコックハールに変えて、白のフロントハックル
・・・Hot Spot Hutch’s Pennellもある

伝統的なUKウェットフライでは有っても
単純なパターンだからこその万能型・・・変幻自在

dscf6570
The Pennell Family

以下爺の戯言 ————————————————–

ロッホフライが使われる湖水の釣り「ロッホスタイル」
このThe Black Pennellはポイントフライに最適
将又、ドロッパーに良いとか
フロントにエルクヘヤーを付けた物はボブフライに最適とか
釣り方すら本により、様々な説明・・・
トップドロッパーとミドルに、ポイントフライまでなら判る
一番先につけたフライはストレッチャー・フライ?

The Black Pennellのバリエーションとして
ピーコックハールとテールに赤のフロスもある
・・・それなら
黒のハックルとタグ&リブが銀の、レッドタグでは?

それでも、コッキーボンデュ・パターンで見掛ける
ただの茶色ハックルの組み合わせよりは良いかもしれない

ぺンネル氏の正式なレシピは「疎らなハックルに薄いボディ」
その過去は1496年のブラックフライに遡る
変化自在なThe Black Pennellであっても
伝統的なレシピはこれであるとする著述が有るからこそ

可愛いドレッシングなら

dscf6572

ぺネル・ダックフライ
・・・此処までともなれば別のパターン

テンカラ毛鉤ともなれば色違いだけでオリジナル毛鉤
些か土壌が違い過ぎます(笑)

So much in Tenkara fishing is trend and popularity-driven.
Those wise enough to know the truth are immune to such folly.

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください