海津鈎の毛鉤

海津鈎の毛鉤

海津鈎
ショート・シャンクで捻り入の猫背(humpback)
黒部毛鉤で使われていた強靭な黒鈎

使い残りの海津鈎と伊勢尼、各種

dscf6573
海津鈎各種

gamakatu 海津鈎説明

OH海津鈎説明

秋山郷で使われていた「丸セイゴ型」と共に
海釣りに使われる海津鈎を岩魚用として使う
山女魚毛鉤に使われる鈎の繊細さも素晴らしいけれど
黒部毛鉤に使われる海津鈎には圧倒的な存在感が有る

153307118060857043177_0232AE6F-8E4F-46A6-9739-028002DC200D (3)
黒部毛鉤

強靭な鈎でも針先は内側に控え、そこに薄く添えられた羽根
・・・大胆な外観に潜む繊細さがそこに有る
太軸に巻かれる羽根は三巻き以上に巻くと云う
それを、フライで言うカウンターラップで更に締め上げる
薄く長めに巻いたパーマーハックルは、毛鉤としても究極の形
毛鉤に求められる機能とは飛ぶ蟲に合わせる云々も有るが
浮かす、沈めるは釣り人の思うが侭の操作性と投射性
それ以上に、夏の毛鉤には存在感と丈夫さが求められる

素針に蛇口を附けて・・・

dscf6574
海津鈎の毛鉤

今ある材料で作るとしても
黒部毛鉤以上の毛鉤は思いつけない

dscf6575
海津鈎の毛鉤

それでも、蛇口まで付けたからには
日本雉独特の銀鼠色尾羽を添えて
海津鈎仕様順毛鉤・・・狩猟鳥利用法

dscf6576
海津鈎仕様順毛鉤

海津鈎仕様順毛鉤各種

dscf6578
海津鈎仕様順毛鉤各種

付記
この鈎型は鮎掛け針に巻いた毛鉤と同様に
水中姿勢はキールタイプに成ります

10周年記念、おめでとうございます
テンカラ純粋主義者の方には、お叱りを受けるかもしれませんが
昔から補強巻きは有りますし飾りとしてのリブも有ります
GBヘッドは勿論ですし、ホットスポット理論も有ります
リブには黒絹糸が多く使われていましたが
敢えて紫色の絹糸が良いとする方もいます
簡素とされる毛鉤ですが、それは道具としての丈夫さの為です
孤高とされる職漁師毛鉤は仲間との切磋琢磨の結果です
口頭伝承の素晴らしさは本には書き切れません
伝統・伝承を礎に新たな毛鉤作りは愉しみが有ります

“TENKARA” has been recognized 10 anniversary

Congratulations on the 10th anniversary

For Tenkara purists it may take scolding
There is reinforcement winding from long ago and there are ribs as decoration
Of course there is a GB head, and there is also a hot spot theory
Black silk thread was used for ribs
Some dare to say purple silk is good
Although it is a Kebari which is regarded as simple, it is due to its robustness as a tool
A “職漁師毛鉤” who is regarded as solitary is a research achievement with fellows
The splendor of verbal tradition can not be written in books
There is pleasure in making new Kebari based on tradition and legend
I appreciate everyone.
Thank you very much

以下爺の戯言 ————————–

巨岩・大岩に囲まれ、落差激しい滝の連続
飛沫を抜け、通らずを越えた途端に広がる大渕
見回しても垂直の岩壁ばかり
見上げる視線の遥かな上に木々の緑が見える
肩に食い込む荷物の重さも有って
愉しみよりは焦燥感に駆られながら遡る
そのゴルジュの隙間から見える
夏の輝いた青空と雪を被ったアルプスの峰
その時の高揚感は今でも
使い残りの海津鈎を見ていると思い出します

海津鈎の毛鉤” への2件のフィードバック

  1. 「海津針」
    山岳渓流でうぶな岩魚を数釣るのにこれ以上の形状の針は無いと思います。
    ふところの深さ
    軸の太さ
    針先の向き
    まさに漁師用針。
    様々な針を使って最終的にたどり着いたのがこれなのでしょうね。

    いいね

    1. 鮎たわけ様 コメントありがとうございます。猫と猫じゃらしで遊ぶようなもんだと説明しても理解されない源流の岩魚釣りですから刺さりの良さ、太軸で捻り入、針先が少し内側に向いてる事による耐久性、フトコロ深い保持力で愛用されたのだと思います。貴ブログを拝見して思い出に浸り思わず海津鈎を出してしまいました(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください