春に向けて

春に向けての毛鉤とフライ

使う毛鉤とフライは溢れる程有りますから
急いで巻くことも無いのですが
煌めきが命の輝きと云う視点で・・・(笑)
蓑毛とハックルは同じ概念で大事ですが
今回はボディ素材の件です
近頃はレジン等で表現されていますが
昔は違う素材でそれを表現していました
ここにアイアンブルーダンを持ち出すと
違う話になってしまいますので
クリンクハマースタイルと山女魚毛鉤の場合

クリンクハマースタイル

ボディ素材は懐かしい白馬の尾毛

dscf6584
白馬の尾毛
dscf6585
クリンクハマースタイル

濡れると透けるボディ素材

毛鉤の場合

dscf6586
春に向けての毛鉤

商品名 「オーロラ皮」とされる魚皮です
下巻きは絹糸、ソラックス部は山繭

dscf6587
春に向けての毛鉤

・・・こちらも濡れると透けます(笑)

dscf6588
春に向けての毛鉤とフライ

レジンにパールマイラーでも同じですが・・・

次はウェットフライ

dscf6589
春に向けてのフライ

アイリュッシュパターンとなれば

dscf6590
春に向けてのフライ

春に飛ぶ蟲に合わせて様々な愉しみ

dscf6593
春に向けての毛鉤とフライ

同じ飛ぶ蟲に合わせても・・・(笑)

 

春に向けて” への10件のフィードバック

    1. 満月様 コメントありがとうございます。確かお持ちだったと思いまして記事にしてみました、下巻きの絹糸で変幻自在です、鮎バケにいかがですか(笑)

      いいね

      1. ふわっーっと中の色を浮かび上がらせて、命を吹き込ませる事が出せるのが嬉しいですよね、又楽しみができました!! いつもありがとうございますー^_^

        いいね

  1. 白馬の尾毛でボディーを巻くとこんなに艶めかしくなるのですね。
    天然素材だからでしょうか。
    馬素はラインに使うだけではないんですね。
    勉強になります。

    いいね

    1. 鮎たわけ様 コメントありがとうございます。天然素材らしく、ウェーブが掛かっていたり太さにバラツキが有ったり、白と透明が入り乱れたりと変化に富んでいます。戸門秀雄様著作「職漁師伝」をロシアで手に入れて読解しようとしている方がいらっしゃいまして文中のカラス毛鉤(三平毛鉤)の説明に鮎たわけ様のブログを紹介させていただきました。自分も著者の息子さんを通じて知り合いになれました。毛鉤の話だけで、お付き合いが広がっております、重ねてお礼申し上げます。追記、確かマムシをお持ちのはずですがやっぱり透けて光る素材には人も魚も魅了されるのですね(笑)

      いいね

  2. 私の拙ブログをロシアへご紹介いただいたとは「驚き」です。
    こちらこそ御礼を申し上げます。
    Webの凄さを実感します。
    ロシアで「テンカラ」ですか・・・
    間違ってタイメンでも掛かったら大変なことになるでしょう(笑)

    いいね

    1. この頃、一気に広がってきたのを実感します。言葉だけでなく写真も動画もありますからお互いに判り易いです。後はボリューム感と大きさが伝わればと思います。鮎たわけ様のブログのお蔭で理解がロシアだけでなく広がっています、ありがとうございました。

      いいね

  3. こんにちは。
    アイアンブルーダンは白いホースヘアをボディの上に巻くのですよね。
    大昔にビニアードの教本のとおりにやってみたら、素晴らしく魅力的なボディになったのを覚えています。
    何事も透けるのはどこでもお好きなようで…

    いいね

    1. yugawasuki様 コメントありがとうございます。その当時が同じく懐かしいです。良くぞここ迄考えるものだと、それ以降も様々な発表がフライの面白さを盛り上げたと思います。若かったですね、今は透けるのが頭ばかりです(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください