テンカラ毛鉤の鈎 Ⅱ

テンカラ毛鉤の鈎 Ⅱ
・・・バーブレスフックの件

アメリカのアイダホ州在住の方から
Tenkara-Kebariを友人にプレゼントしたいと
ご要望がきました・・・

Southern Idaho に在住となれば
イエローストーン国立森林公園を背後に山岳渓流に湖
FF釣雑誌で有名な南中部のSilver Creek
南東部のHenry’s Fork、South Fork Snake

対象魚はカットスロートに虹鱒、茶鱒
Tenkara-rodで釣るという

アイダホ州の内水面漁業規則を調べてみると
基本的にFF釣法とルアーフィッシングでバーブレス
・・・となれば毛鉤もバーブレスで巻くしかありません

どんな毛鉤を贈ろうかと
グーグルアースでその周辺を散策・・・(笑)
近くにヘンリーズフォーク川にスネイクリバー
高低差も有れば湖も有る自然豊かな場所
基本的にはゆったりとした流れに囲まれているらしい
逆さ毛鉤が順当かなと衛星写真では感じてしまう
・・・グーグルアースのお陰です
Tenkara-Kebariに使えるバーブレスフックとなると
手持ちの鈎の中からは候補がやはり限られます
好きなオーショネー型、和名では都型の鈎でスレ針なんて無いし
イーグルクローの鈎を手に入れるには時間が掛かるしと
彼の地の大型カットスロートを考えると悩みます

Idaho行きの毛鉤
・・・鈎は先回の彦兵衛鈎各種

DSCF6852
彦兵衛鈎

彼の地の定番「逆さ毛鉤」
鈎は彦兵衛6号改スレ鈎で巻いてみます

DSCF6862
逆さ毛鉤

トビケラ・トビゲラ用のハーフストーンパターン

DSCF6859

ソフトハックルパターンとして
ゼンマイ胴 タグは山繭
・・・鈎はアキスコ AFB1190 #10

DSCF6863
ゼンマイ胴毛鉤

剣羽根毛鉤

こちらはバーブ付きの鈎を潰しました
・・・gamakatu‐IWANA&パートリッジ社ST2

DSCF6860
剣羽根毛鉤

黒部毛鉤の一種 カラス毛鉤

DSCF6864
黒部毛鉤

日本らしい毛鉤と言えば蜂頭毛鉤
・・・金張り「都型鈎」

DSCF6861
蜂頭毛鉤

伝統的な毛鉤の原型を少し化粧しました

DSCF6867
伝統的な毛鉤

三段金伏蓑毛鉤
ゼンマイ胴仕立て・・・日本のニンフパターン

DSCF6868
三段金伏蓑毛鉤

鮎掛け針を使った日本のドライフライパターン

DSCF6870
鮎掛け針を使った日本のドライフライパターン

日光毛鉤で有名な「ゴロ蝶毛鉤」
各釣雑誌に説明される毛鉤は
太目のゼンマイ胴に雌雉のハックルが定番
昔に見た「ゴロ蝶毛鉤」とはイメージが違う

細身の紡錘形に長めの軍鶏の蓑毛
水中で光り、魚を魅了すると言われた山繭を花入に纏う

鈎はgamakatu R10-1H1.5LB #12

DSCF6878
gamakatu R10-1H1.5LB #12

北信濃で見た「ゴロ蝶毛鉤」とご容赦ください

DSCF6877
ゴロ蝶毛鉤

テンカラ毛鉤と言っても各地で様々・・・(笑)

ピアノ鋼線は素材自身が
錆びやすい弱点が有りますのでその点を補います

Dear friends
Have a good Tenkara fishing day
With the traditional “KEBARI”

DSCF6880
traditional “KEBARI”

I sent it on June 24

以下爺の戯言 ——————————-

何も知らない身勝手な言い草ですが
今の鈎は、カエシを潰してもルーター等で削っても
・・・平打ち針は特に!
何故かそこが弱点になり折れ易い気がします
表面処理で硬度を高めているからでしょうか?
かと言ってFF釣法用のバーブレスフックを見ると
現行品は細軸が主流になっているからでしょうが
今一の役不足感が何故か付き纏います
太軸だからといって、昔に販売された
ルアーフックモドキのテンカラ毛鉤用は論外です
「太軸で重いので投げ込みがし易い」との商品説明が有りました
昔は有名メーカーでもテンカラ用鉤についてはその程度でした
・・・よく言われる「十人十色のテンカラ」とは別問題と感じます

伝統的な渓流魚用鈎の色も不思議です
山女魚鈎(アマゴ含み)は細軸で強度を高める為、青焼きとなり
岩魚鈎はそれに比べれば多少の無理が効く太軸だから茶焼きとなる
(茶焼きの方が焼き入れ温度が低く捻じれに強い)
昔の大袋入り茶焼き鈎を見ると玉虫色や青色になっている鈎が混ざる
色変わりは焼き入れの温度管理がまずく、硬くなり折れやすい
・・・使う前に一本ずつ捻り、強度を確かめるのが定番でした
今は青色と茶色、中には玉虫色表記の着色処理で素性が判りずらい
その分、均一な製品として販売されているのでしょうが
着色してまで青色に拘る必要も無いと思ってしまいます

ミミズの赤と鈎の青はコントラストが強すぎると思っていたら
キジ用の赤針が販売されるようになりました・・・持ってますけど(笑)

今の鈎にはどうしても使い捨て感が強すぎて・・・
手道具も替え刃式が主流になったと同じ寂しさを感じます

付記 ——————————-

ゴールデンとかマーブルトラウトに件のカットスロート
これに興味を惹かれて昔に外書を購入しました
大雑把には在来種で保護育成も盛ん
研究対象として細分化されてもいるらしい

イエローストーンカットスロートは別系統かもしれないけれど

CUTTHROAT
NATIVE TROUT OF THE WEST
・・・Patrick C.Trotter

DSCF6865
CUTTHROAT
NATIVE TROUT OF THE WEST

Colorado State University
コロラド州立大学出版
Bob Friedli氏による8種の亜種の精密画が秀悦
在来種の有り方とその存在と永続性について考えさせられました

日本の在来種である岩魚でも各地域によって地色と顔付きが違う
亜種とまでは言えないかもしれないけれど
ミヤベは別格として日光岩魚に大和岩魚だけではないはず・・・

広告

テンカラ毛鉤の鈎 Ⅱ” への4件のフィードバック

  1. 日本のテンカラ毛鉤がイエローストーンへ…
    でもアメリカのヘンドリクソンが日本の川で使われているのですから、不思議なことではないのかもしれませんが、何かワクワクします。
    日光のゴロ蝶毛鉤も是非…

    いいね

    1. yugawasuki様 コメントありがとうございます。
      丁度、ブログを拝見させていただいておりました。今まで各国の方に毛鉤を贈って来ましたがフライだけでなく毛鉤も愉しんで頂いています。
      ゴロ蝶毛鉤もキラーパターンとして認識されていますし、金胡麻・銀胡麻ともなりますと却って「これはフライ?」と言われてしまいます(笑)
      不思議なもので日本の伝統的な毛鉤程、各国の伝統的なフライに似通ったものが有るようです。

      いいね

  2. yugawasuki さんがおっしゃった通り、
    日本古来のテンカラ毛鉤が海外に渡りカットスロート鱒と対峙する。
    考えただけでゾクゾク?します。
    言葉も文化も超越した共通項・・・
    それが「毛鉤」≒「フライ」
    面白いですね。

    いいね

    1. 鮎たわけ様 コメントありがとうございます。
      鮎たわけ様の御陰で世界が広がりました、感謝申し上げます。
      それを各国の方と共有できる面白さは格別ですありがとうございます。
      実釣ではご連絡通りの状況で、本命の姫川本流はいぜん白濁が続き基準値越えの水質悪化により(ヒ素まで検出)今季は望み薄です・・・(悲)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください