青白く光る蓑毛

青白く光る蓑毛

DSCF7126
青白く光る蓑毛

各地で昔から聞いていた「青白く光る蓑毛」
フライならブルーダンと思えるけれど
在来の毛鉤ともなれば
そんなハイカラな言葉も無いし
フライはおろか、釣雑誌すら見ない
そんな毛鉤釣りの手練れから聞いた言葉
「魚に違和感を与えず毛鉤が良く見える」
・・・毛鉤が浮いても沈んでも良く見える
軍鶏の毛色なら「浅葱色」
同じく「銀鈴波」ならダングリズリー?

憧れの蓑毛として
西洋毛鉤の「ブルーダン」に合わせてみました

ダブルハックル仕立て
・・・グレーパートリッジ添え

DSCF7127
ダブルハックル仕立て

昔の西洋毛鉤でも行われていたダブルハックル仕立て

DSCF7128
ダブルハックル仕立て毛鉤

ブラウンパートリッジの西洋毛鉤なら・・・

胴はアオサギの羽根・・・パウダー・ブルーダン

DSCF7129

ドライフライでもウェットフライでも無く
巷で言われ出した
「雄鶏毛鉤」や「雌鶏毛鉤」なんて単純な物でも無い
それが和式毛鉤の真骨頂と感じています

グレーパートリッジの代わりに川鵜の胸毛を使うと
単純にソフトハックルパターンとは言い表せない毛鉤に・・・(笑)

以下爺の戯言 —————————-

「魚に違和感を与えず毛鉤が良く見える」
この言葉にはもう一つの意味がある
毛鉤釣りはあくまでも「毛鉤は自然に流す」
「誘い云々」については聞いた事が無い
一部で使われた本流用逆さ毛鉤なら
大型を使い水筋を見極めて誘いもするが
一般的な毛鉤釣りなら
毛鉤に反応する魚を目で確かめながら釣り上げる
トバシ糸は勿論、針素すら水面につけず
毛鉤だけ浮かして自然に流すその楽しさ
魚が毛鉤を咥えれば針素の弱さを庇う為
敢えて送り込みをするのが昔の毛鉤釣り
今の針素の強さに胡坐をかくのが現代テンカラ
針素だけでなくトバシ糸まで水面にべったり漬けて
その実、「0.2秒の早合わせ」なんてことは
昔の弱い針素では思いもつかない別世界
毛鉤は「その時期に飛ぶ蟲に合わせる」
自然に流す毛鉤には敢えて誘う必要も無いし
毛鉤が魚の好みに合えばゆっくりと咥える
大事な点は流す水筋とポイントの見極め
活性が高ければ毛鉤を濡らすことなく魚を掛ける
「空中殺法」なんて言葉も・・・(笑)
それが一番楽しい「誘い」かもしれませんが

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください