當毛鉤

當毛鉤
・・・秋季管釣虹鱒用毛鉤

一般渓流が禁漁ともなれば渓流利用の管理釣り場でも
ゆったりと秋の気配を感じつつ虹鱒を相手に・・・

気持ち的には余裕を持ちながらも
餌釣り・ルアー・フライで叩かれた後の管釣りは手厳しい
まして日の短くなる季節柄、一日はあっと言う間
見える魚は釣れないと言われてはいるけれど
その見える魚を釣るのが毛鉤釣りの愉しみ
ペアリングに夢中な虹鱒ともなれば毛鉤も追わないけど
管釣りは何故か特定パターンだけに反応が限られる気がする
同時期でも場所によってその特定パターンが違うし・・・(笑)

そんな時にさる管釣り関係者の方からご連絡
「常連さんがこの時期に使う當毛鉤が有ります」
その當毛鉤は「富士流ビーズ普通毛鉤」
・・・あくまでもその
自然渓流を利用した管理釣り場限定の「當毛鉤」

「富士流 ビーズシングル普通毛鉤」
赤いビーズヘッドで
蓑毛はさらりと巻いたグリズリー
胴は明るい褐色のスレッド・ボディ
・・・ハス毛鉤と同様です

DSCF7298
富士流 ビーズシングル普通毛鉤

・・・補強として撚ったワイヤーを巻いてあります

彼の地のレベルライン「テンカラ純粋主義者」からは
「正統テンカラ毛鉤」として認められない佇まい
彼の地でもテンカラ毛鉤の様々を見てきた方なら
徐々にでは有りますがご理解いただけるようになりました

富士流ビーズシングル普通毛鉤が當毛鉤では有りますが
それを使い続けるとそれが「當毛鉤」でなくなっていく哀しさ
対応策として
同じ様なサイズと色目でバリエーションが増えてまいります
赤いビーズを変たり、水面に浮かべたり、沈めたり
毛鉤の変化自在をも愉しむのが「テンカラ釣り」の真髄
・・・何でも良い毛鉤では寂しすぎます
当然の事ですが毛鉤によって釣果も変わります

ビーズの色を変えて

DSCF7299
富士流 ビーズシングル普通毛鉤

黒玉も

DSCF7300
富士流 ビーズシングル普通毛鉤

富士流 ビーズシングル普通毛鉤 色変わり

DSCF7303
富士流 ビーズシングル普通毛鉤

水面へのからませ方を変えて

DSCF7305
二段巻き毛鉤

古い秋山郷毛鉤

DSCF7308
秋山郷毛鉤

鈎を変えて

DSCF7304

沈めたり浮かべたり

DSCF7306

これもテンカラ毛鉤です(笑)

付記 ————————————–

ロシアから翻訳の件で質問が有りました
懐かしさに溢れる本がロシアにも行っていると思うと・・・

71813259_681620542346086_8856471341742686208_n
高森貞治郎さんの仕掛け

秋山郷は雑魚川の主「高森貞治郎さん」の仕掛け
当時の雑魚川は深みが多いため毛鉤も錘を付けて脈釣りの様に使いました
・・・竹竿でなく延べ竿となり桐の握りが40㎝
カウンターバランスとして重い竹竿なら握りは1m程でした
使う鈎も「軽井沢キツネ」ですから後年の仕掛けです

72479132_458571101667908_2864675201394671616_n
山崎進さんの仕掛け

補助鈎仕掛け
空針仕掛けとも言われた「秋田式」です
・・・蓑毛はヤマドリとありますが雌雉と思われます

「ヤマドリ」は「山鳥」で無い場合がほとんどで
その多くは雌雉を指しています

今なら「テンカラ釣り」仕掛けの様々です
でもこの頃は「毛鉤釣り」と呼ばれていました
この説明が難しいかもしれません

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください