Klinkhåmer Special-TA

Klinkhåmer Special
・・・有名なパラシュートパターン
オランダの Hans van Klinken 氏により
80年代に製作されたイマージャー・パターン

klinkhammer-T(Tenkara)も有ります
御大自らTENKARAの「T」と説明していますので
異論のはさみようも有りません
ならばklinkhammer hookでは無く
日本独自の鮎掛け針で巻いてみます

klinkhammer Special-TA
・・・ハス毛鉤「ヒバリ」パターン

使う鉤はオーナー社 ハイパー 一角 7.5号

DSCF7705
オーナー社 ハイパー 一角 7.5号
DSCF7704
オーナー社 ハイパー 一角 7.5号

klinkhammer Special-TA
・・・ハス毛鉤「ヒバリ」パターン

DSCF7707
klinkhammer Special-TA
「ヒバリ」パターン

 

鉤 鮎掛け針 オーナー社 ハイパー 一角 7.5号
胸 山繭
胴 シルクフロス(ヒバリ)
翼 スノーラビットシュー
蓑 油毛

DSCF7706
klinkhammer Special-TA 「ヒバリ」

ハス毛鉤に見られるテール側の色違い
フィメールと捉えればエッグサック
英書でもフィメールが選択的に喰われるとします
魚に聞いてみないと判りませんが・・・(笑)

シルクフロスは濡れると透けます
その色変わりがなんとも魅力的です

目新しいパターンでは有りません
鮎掛け針を使ったパターンはFF釣法でも
ガガンボ・パターン等で使われていました
アイの重さは微々たるものですが
フック・バランスから考えると意外と重要です

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください